2009年12月06日

夢の描き方

昨日は、すごい先生に出会ってしまいました。
ある学校で、クラスとの関わりを非常に大切にする先生が
いらっしゃいました。
その先生は、生徒との関わりの中で夢を語ることを忘れま
せんでした。

そして、壁新聞の週3回の発行。
しかも手書き。
読んでもらうために、その中には53名の生徒の中で、毎回
約20名への問いかけや伝えたい事が書いてある。
生徒は自分への問いかけがあったら、その下にコメントを
書き込まないといけないというルール。
必ず週に最低1回は自分の名前が出てくるので、必ず生徒が
読まなければならない。

そこにいろんな情報を載せる。

社会情勢の事、感動する話しなど。

そして、その1年後。
3年生だった生徒達に「将来の夢をリアルに、さも実現した
かのように書いてもらい文集にした。
しかも、3年経ったら読めるように袋とじにして。

現在10年近く経っているそうですが、3分の1の人がその夢を
実現しているのだそうです。
そして、他の人達も夢に近づいていたり、或いは少し変化さ
せて実現させているのだとか。

この割合ってすごいと思いませんか。
私達ときっと同じ位であろう人達が、果たしてそんなに夢を
実現しているのだろうか。
そう振り返ると、3分の1も居ないでしょう。

その文集には文だけじゃなく、写真も一枚一緒に載せてある
のだとか。
そのイメージが残っていたのでしょうか。

今日もまたその先生にお会いしてきます。
今日もまたどんな話が伺えるのか楽しみです。


あなたは3年後、何をしていますか。
現実から考えるのではなく、夢を聞かせてください。
リアルに、そしてそれまでの経緯なども踏まえて。
できれば夢のイメージをたっぷりと。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。