2010年01月10日

クラスコーチの勉強会に参加してきました

まずは、コミュニケーションを大切にする人達の集団だから、非常に
笑顔と交わす挨拶の多さには、いつもながら感動しました。

そんな中で、丸々1日かけて、コーチングと、クラス運営についてを
学びあいました。

その中では、実際に7分間のコーチングが何度か行われました。
それに対して、フィードバックをしていくことで学びあうのです。
それが非常に勉強になりました。

まずコーチングを受けての効果を再認識できます。
自分にもコーチは居ます。だから日頃から感じては居ますが、
他の人のコーチングを目の当たりにする事でまた更に感じました。

・コーチが「とことん」話しを聴いてくれるから、話しているうちに
 自分でハッと気付くことができる。

・コーチが自分に起こっていることをフィードバックしてくれる
 から、無意識の自分の反応に気付いて、その意味を改めて感じ
 ることができる。
 例えば、声の大きさが小さくなった時に、言いたくないけれど
 自分の行動できてない障害になっていた事が分かった。

・未来の事を語っても、現実と向き合う質問をされて、今の自分
 自身のギャップを見ることができた。

・肯定的に話をを聴いてくれるから、普段だったら話すことをた
 めらう内容でも、安心して話すことができた

などがありました。
まだまだありましたが、一部を上げるだけでも普段ではあり得な
い事が起こっているんだなということを再確認できました。

そして、コーチは先生ではないので、クライアント自身が言った
事に責任を持っているということが大切なんだという事も釘をさ
され痛感しました。

どうしても「何とかしてあげたい」と思ってしまうけれど、その
人の成長を妨げてしまっている可能性もある。
だからこそ、コーチはその人の成長を促すためにも敢えて、その
人が「何とかする」のを会話を通してサポートするんだという、
コーチとしては当然だけれども基本となる考え方を改めてたたき
こまれました。

実際の生活の中ではどうかと言うと、このままは扱えないことも
多々あると思います。
けれども、コーチングを受けている方はこの時間をとっているの
ですから、自分で何かを変えられるチャンスにしていただきたい
なと思いました。

また、普段でもついつい手を出しすぎてしまうことがあります。
部下だったり子供だったり・・・。
でも、その事が、相手の成長や楽しさに繋がるかというと、そう
ばかりではないことをあなたにも聴いて欲しかったので、書きま
した。

コーチングを受けてみたくなったら、いつでも声をかけて下さ
いね。
もし受けなくても、あなたの生活の中で、ちょっとでも見つめる
視点になればいいな。


あなたは、自分の成長(もしかしたら成長よりも楽しさの人も
いるかな)を感じることができていますか。
周りの成長や楽しさの促進にどう貢献していますか。


今日もワンクリックおねがいします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。