2010年02月22日

他人の眼で見てもらう

今、看護の傍ら、引越しの準備をしているのですが、
引越しの準備が大変だけれど、そろそろ大詰め。

そんな時に、たまたまお家の状態を家族が見てくれた。
「あれ?これってどうするの?」
「これなあに?」
なんて、ふと質問してくれた事で、ふと忘れていた事
があることに気付く。
大きな問題じゃないにしても、ちょっと問題が起こり
そうなことが事前に分かる。
なんて事が実体験としてできました。

コーチングもそうですが、他人の眼をみて鑑のように
みてもらうことや、その人の視点で問いかけてもらう
事で、新たな気付きがあったりします。

コーチングは形として見えにくい場合もありますが、
引越しの事で、すごく目に見えるものとして感じる
事ができました。

他人の眼でみてもらうことも大切なんだなあ。

逆に言えば、日頃から疑問に思う事は、恥ずかしがら
ずどんどん質問する事は自分だけのためではなくて、
相手のためにもなる事もあるのではないかと思いました。

あなたは、どう思いますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。