2008年06月30日

子供の社会性は我慢を覚えることでもある

今朝、保育園の先生と盛り上がってしまったことがある。
私の娘は、たまに我慢しすぎて先生の言う事が聴こえなく
なってしまいます。
我慢できなくなって、たまに一人で我慢したことをはじめ
だす事があるそうです。

我慢をどうしてするんでしょうね。
それは団体で生活をするためには、自我ばかりではなく、
周りと協調するために、自我を抑えることもしなくては
ならないから。
我慢は、結局、社会で生活していくためには必要不可欠。
それが大人になるとストレスって言う。

であれば、なぜ子供はそんなにストレスを溜め込まないん
だろう?

家族や親にその様子を伝えて、聴いてもらえるから。

そんな話しを先生としながら、納得をした。
子供にとって、親の存在って大きいんだなあと感じました。

私の子供は昨日「お母さんが居ない時は私は我慢してるよ」
と言ってくれました。
だから、いる時は思いっきり甘えてもいい。

保育園の先生も仰って下さいました。
「お母さんがいる時なら泣いたり騒いだりしてもいいんだよ。
 ずっとおりこうさんで居ようとすると、おかしくなっちゃう
 んだから、お母さんに甘えてごらん」
娘は、嬉しそうにべたべたしてました。

でも、我慢させているんだなあ。
仕事を持つ親が抱えると葛藤する悩み。
でも、悩むだけで、解決するものでもない。
だったら、精一杯仕事をしている私も見せようと思っています。
だから、娘も理解しようとしてくれている。

今日は、娘のリクエストで早く迎えに行くことになった。
嬉しい事です。
我慢している分だけ、解放される時間も作ってあげよう。
我慢もなれてくると耐性が出来上がるようです。
徐々に我慢の中で成長していく娘が、我慢ばかりを覚えなくて
もいいように、しっかり支えてあげようと思いました。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101859635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。