2005年11月17日

泣き止んだ娘

わが子だけかもしれませんが、コーチングの効果恐るべし!

昨日ですが、託児所からお家へ帰るまでの間に、娘がすごく
わからない事でなき始めました。
あまりに大きな声で泣くので耳は痛くなるけれど、
「違う〜、違う〜」と泣き続ける娘は、車を止めて話しかけ
ても、ギュッとしても、相変わらず「違う〜、違う〜」と
どんどん大きな声に、足をバタバタさせる動作までついて
そうしたら良いのかわからなくなった。

私「何なのよ〜?」(あっ、言っちゃった)
娘「違う〜、違う〜(ギャアアアアア)」
私「どうすればいいわけ?」(まだ私の立場から物を言ってるぞ)
娘「(少しだけ納まりつつ)違う〜、違う〜」
私「どうしたいの?」(半ばあきらめムードだけど、優しく)
娘「・・・」(泣き止んだ!!)
娘「分からないもん!」(初めて使った言葉)
私「え?どうしたいか分からないの?」
娘「うん!」(なぜか泣きじゃくった顔のまま、笑顔)

あれれ???
何で泣き始めたのか分からないけど、泣き続けている自分に
何かあると思い込んでいたのでしょうか。
謎はありますが、瞬時に泣き止んだのが私には面白く、娘と
「良かったね〜」って握手をしながら大笑いをしました。

相手のしたい事を明確にしようとする投げかけをするだけで、
2歳の娘であっても考えようとするんですねひらめき

冒頭で申し上げたとおり、私の娘だけなのかもしれませんが、
お試しあれ!

ちなみに、娘は私があまりにも彼女の言葉をオウム返しでき
ない時、「分かってよもうやだ〜(悲しい顔)」と言います。
それさえ、可愛く思えます黒ハート

2歳のこの時期は、あっと言う間に過ぎてしまうんですよね。
せっかくだから、育児も楽しみたいものだと私は思っています。

娘がコーチとしての私を生活の中で成長させてくれているの
かもしれませんね。
ありがとう!
娘にも、この「ありがとう」を伝えよう!
posted by smilecoach at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。