2005年12月24日

成長を見守る

今日は朝から子供と共に楽しみました。

今日は、朝から子供と共に起きて、一緒に食事をしたり、おやつを
食べたりしましたが、朝からとっても甘えたい様子でした。

最近、託児所に自分より小さな子が増え、2歳ながらも小さい子に
先生の膝を譲る事覚えてきたようです。
しかし、まだまだ2歳の娘にとっては甘えたい時期。

毎日、子供と向き合う時間はあっても、一日一緒に居られる日が
多いわけではありません。「今日はしっかり娘と遊ぼう!」という
私の思いも娘が感じ取っていたのかもしれません。

抱っこ〜。食べさせて〜。一緒にお散歩行こう〜。
次から次に出てくる言葉達^^そして、リクエストに楽しみながら
応える私。
娘だけでなく、私も家族であることを実感しながらの楽しい日と
なりました。

私が楽しいと思えば、娘も楽しんでくれる。
娘が楽しいと思ってくれれば、私も楽しめる。
コーチングなんて学んでいなくても、親子というのは言葉にならない
感情もしっかり受け止めあっているのだなあと感じました。


せっかくなので、今日の私と娘の会話も一つご紹介します。

しつけをするのかどうかは、まず自分がそうして欲しい事を楽しく
みせてあげればいい。私はそう思っています。
本当に危険な事がない限り、体験を通して学んでもらおうとも思って
います。

今日も階段から2段落ちました。「階段でジャンプすると落ちるよ」
言っておいて、見てました。案の定、踏み外して、コロコロコロ・・。

自分で失敗した時は、自分で何とかさせたい。
怪我はないようだし、すぐに手を出さずじっと我慢をしてみていた。

「わあ〜〜ん!」と泣いて少し経つと、「転んじゃったの。痛かったの」
と私に解説をしてくれました。
私「痛かったんだあ。大丈夫?なんで転んじゃったんだっけ?」
娘「ジャンプしたの。」
私「そっかあ。今度はどうしようね?」
娘「もうね、ジャンプしないの。(階段じゃない床を指差して)こっちで
  ジャンプするの。」
私「そっかあ。こっちでジャンプするんだあ。」
娘「うん!こっちはコロ〜ンってしないもんね。
  お母さんもこっちでジャンプは危ないから、気をつけてね。分かった?」
私「はい。」

こんな会話が、我が家では良くあります。
最後は、娘に私が教えてもらう形で終了するんですよね^^
これからもこんな会話を続けて、娘は自分で成長していくんでしょうね。
楽しみです。

今日もまた娘の成長を感じられた。嬉しかった。


今日もワンクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この歳になって漸くわかることってたくさんあります。

一番痛感したのは、健康であることの有り難さですね。

この一年で、それこそ一生分の病気をしたような気が
いたしますが、これも「健康のありがたみを教わるた
めの試練」と思うようにしています。

より他人に優しくなれたのも、病気になって動けない
苦しさを知ったこともあったのだと思いますし。

まだ安静にしておかないといけないので、本当の意味
での復帰もしばらく先になると思いますが、少しずつ
前進しています。

来年はより具体的な動きを行えるようにしたいですね。
Posted by 魅力発掘・感動発掘請負人 玲奈 (共感工房 玲玲) at 2005年12月24日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12087264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。