2009年06月05日

権限の委譲は行われていますか

ある企業様での話です。
中小企業様で、社長が会長に退き、専務が社長になられました。

が、一向に権限は会長が持っていらっしゃいます。
表面的には譲ったのだけれど、この景気の急降下を自分が何とか
しなくてはという使命感なのではないかと思います。
社長としては、会社の今後を考えて、自分の思い描くように変化
成長させていきたいのだけれど、会長から「待った」が入り、
進めない。結局部下は、社長を何も出来ない経営者として見てし
まうようになってしまいます。社長は、会長と何度も話をしても
理解してもらえず、どうしたらよいのか分からなくなります。

渡邊美樹さんに質問を投げかけたところ
=============
この場合は、後継者の問題ではなく権限委譲の方法の問題でしょう。

先代の下で働いているのであれば、話し合いをした上で先代に従う
べきで、先代が辞めたというのであれば、先代はもう口出しすべき
ではない。

基本的な組織の権限委譲ルールを非常に曖昧にしていることが、
結果として上手くいっていないのだと思います。

ですから、この2代目社長の方は、権限委譲についてはっきりさせ、
お互いの立ち位置を明確にすることをおすすめします。
=============

このようなことは、実は会社の中でも常に起こっていることでは
ないでしょうか。
現在、確かに後継に道を譲るということが行われている企業様も
多いのですが、チームや役割ということに考えを細分化した場合、
先輩から後輩へ、役職者から直近下位の役職者へ、など様々な
部分で同じようなことは起こっているように感じました。

権限の委譲。
確かに自分も経験したなと思いました。

仕事が目いっぱいで事務員を増員していただいた時に、どの部分
を任せるのかを考えて渡す。
自分の新たな役目を探せないと、結局自分がその仕事を手放せな
くなる気がして、自分は新しい仕事を結果的に増やしたりしてい
たのもの思い出します。

委譲するのが何のためなのか。
委譲したあとに、どうなっていくことが望まれることなのかも
含め、考えられたらいいなと、渡邊社長のお応えをいただいて、
すごく深く考えることができました。

自分が今、代表をしている組織や、お手伝いさせていただいて
いる組織でも、この「権限の線引き」をしてみたいと思います。
ただ、これは分担して責任を全てその人にゆだねてしまうわけ
ではなく、あくまでもチームの最終決定権限者であり、「全員
合意にするのか、多数決なのか、その人の一存なのか」など、
チームとしてのかかわり方などいろんな方法はその後にあると
思っています。

権限の委譲というのは、体験からも人のやる気にも左右すると
考えています。
「部下が誰についていけばいいのか分からない」という状態に
しないためにも、まずはリーダーが権限について、しっかり
周囲と話をし、徹底していくことが大切なのかもしれませんね。

ちょっと堅くなりましたが、話してみました。

あなたの周りでは、どんなことが起こっていますか。
リアルな課題や、解決方法など、聞かせてくださいね。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 役員奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
権限の委譲とは確かに難しいものです。
権限って持っていればその人にとってこれ以上に
素敵なものはないのです。
渡辺さんの言われるように線引き、話し合いも重要です。
でも多くの場合そう言って居ないのが現状の様な気もします。

私は自分でいくつも会社を経営してきて、いつも最終的
には権限は委譲するのではなく、奪われてきました。
権限は委譲するのじゃなく、下位者が上位者の権限を奪
うぐらいの意気込みを持ってぶっつかっていくことです。
するといつの間にか自分のものになっているものです。
制度や上位者の意識を問う前に、本人ががどれ程本気で
その事をやろうとしているか本人の心意気が気になります
Posted by ウッシー at 2009年06月06日 09:38
ウッシーさん

そうですよね。
後継者の意気込みって大切だなと感じます。

この場合は、親子なので、どうしても話し
合わないと、喧嘩に見えてしまったり、
親がいつまでも子ども扱いしてしまったり、
後継者の意気込みがある分、衝突が増えて
しまったための相談でした。

他人が後継になる場合、やはりその意気込み
をもった方に後継を委ねようとするのでしょ
うから、伺っていて、後継が親戚なのか、
他人なのかによっても多少の違いはあるの
かなと思いました。

ただ意気込みはどちらにも重要というのは
改めて感じさせていただきました。
ありがとうございます。
先輩のご意見には体験を踏まえた説得力が
あります。
是非、これからもいろいろ教えてください。
Posted by smilecoach at 2009年06月06日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。