2009年06月19日

話し方は、人前力

今の子供達はすごい!
最近、食事をするときは一人だとテレビをつけます。
なぜなら、違う視点の情報が自然と入ってくるから。

今日は、「となりの子育て」って番組をチラ見しました。
その中で「人前力」ということをやっていました。

小学生に入って、まずは人前で話す訓練。
3年生になると、語尾までしっかり話す。
4年生になると、文章の構成が少し入り
5年生で、全体構成
6年生で、プラスして伝え方の姿勢や目線。
という形で、毎日交代で、朝礼のときに話す。
そして、聴く子も聴く練習。あいづちを打ったり。。。

今の小学生はすごいなって思いましたが、解説を加えて
いた大学教授は、
「親の口癖から意識して始めると、親子とも一緒に
 話し方を学べます。
 親が論理的な言葉を口癖にできるように意識してみてください」
と仰っていました。
具体的には
 「そもそも・・・」
 「〜からみれば」
 「〜を実現するためには・・・」
 「良い面は◎◎、悪い面は××」
というように、論理的になりやすい言葉を口癖にする。
そうすると、構成力と意識しなくても、おのずと構成力が
身についてくる、というお話でした。

これって親や子供の話だけではなくて、私もはっとさせられ
ましたし、企業の中でもそうではないでしょうか。

経営者の発する口癖が、部下を変化させていくという事も
あるのではないかと思います。

これから中学生の前で話をしてくるのですが、早速この事
を意識して伝えてきます。

何事も学んだら、すぐ実行!(私のモットー)

では、行ってきます。
少しでもあなたのお役に立てますように。。。


更なるワンクリックおねがいします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 役員奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121800264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。