2009年08月09日

おこだでませんように

小学1年生2年生用の課題図書を娘に買ってみた。何も思いが
あるわけではなかったけれど、せっかく平仮名が読めるよう
になったのだからと思い、何気なく手に取った本。

娘に読ませる前にと思って、自分で読んでみた。

思わず涙が出てきた。

怒られてばかりの男の子。ちゃんと理由もある。でもいつも
自分ばかり怒られてしまう。
そんなある日、学校で七夕の願い事に一番の願い事を書いた。
「おこだでませんように(怒られませんように)」

その願い事を読んだ先生が褒めてくれた。
そして、先生がお母さんに電話で話し、お母さんも抱っこして
くれた。
男の子はすごく幸せを感じ、もっといい子でいようと誓うって
ストーリーだったのですが、ふと子供に感情移入をし、泣けて
しまいました。先生や親がその子の気持ちを理解し、変化した
事へも泣けてしまいました。
褒める事の大切さを感じさせてくれる本でした。

けれども、これは小学生への課題図書。
果たして子供が読むと、どんな事を感じるのだろう。
どんな事を学ぶのだろう。

すごく興味が湧きました。

娘は今日から祖父母と福岡に冒険(旅行)に行きました。
後から私も追いかけますが、帰ってくるのは当分先。けれど
娘に早く読んで、感想を聴いてみたい気持ちになります。

大人が読んでも素敵な本。


あなたは、周囲の人とどんな感情のやりとりをしていますか。
どんな態度をやりとりしていますか。
相手に与える印象、相手から受ける印象。
どちらかが変えないと変わらないとしたら、ちょっと自分が
意識してみませんか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125327655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。