2009年10月26日

親になり始めてわかる

親のこころ
という本に涙したと朝倉千恵子先生が仰っていたので、
私も早速購入して読んでみました。

そこには、いろんな人から集められた親のこころが書かれて
いました。
その中に、いくつか「子供の頃には分からなかったけれど、
親になりあの時の親の気持ちがわかる」という事が書かれて
いました。
そんな時には既に親が居ない。
そんなせつなさも書かれている。

どれだけその人の気持ちを推し量ろうとしても、やっぱり
体験したことのないことは想像しても想像の範疇であって
気持ちまでは分からない。
けれども、自分がその体験をすることでやっと気持ちまで
理解できる。感謝できる。

体験しないと分からない気持ちも沢山あるけれど、その場
での感謝はできるんだなと感じました。
そして、親は居るときに大切にしなければと思いました。

淡々と書いていますが、かなり涙腺が緩みっぱなしになり
ました。親への感謝は伝えられるときに伝えよう。親への
孝行はできる時にしよう。
たとえそれが1回増えるだけでも、きっとその思いは増や
す前よりも伝わるはず。

いつまで経っても親に甘えているのかもしれないなと気付
かされました。

親になり始めて分かる。
私も親になったことで、あの時の父の思い、母の思いを
体験できている歳にもなっている。
それにも関わらず、まだまだ親に甘えているのかもしれな
い。
子供のためなら、何でもできる。
子供には苦労させたくない。
そんな思いに甘えていたのかもしれない。

きっと娘が自分にそうしているように、私も親に対して、
甘えているんだな。

親への感謝。
今日は電話かメールでしか伝えられないけれど、しっかり
言葉にしよう。
「生んでくれてありがとう」
「甘えさせてくれてありがとう」


あなたが親に感謝できる事はどんな事ですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。