2009年11月17日

精一杯やると何が見つかる?

昨日、ふとした瞬間に家族が見ていたテレビの中での一言。
確か「深いい話」だったと思いますが、サッカー選手の
ゴン中山として名をうっているジュビロ岩田の中山選手が
なぜ毎回、全力投球で試合をするのかをインタビューされ
ていました。

その中で、中山選手は
「精一杯やると、自分のまだできる部分と、まだやれてな
 い部分が見えてくるんです。
 これが、もし精一杯やってなかったら、やってないから
 できないんだで終わってしまうだろう。だからこそ、
 毎回精一杯やるんです。これからも成長し続けるために」

他の選手が30歳を前にしてプロを引退する中で、中山選手
は今も現役に拘って、FAのような状態になっても精一杯
選手を続けている。現在42歳でしたっけ?
すごいと思います。

その生き様自体が「深いい」んだよと、島田伸助さんも
仰っていましたが、今尚現役でいる方の言葉は、すごく
心に響く言葉に聴こえました。
言葉って、上っ面だけではなく、その人の生き様がのっか
るから、深い言葉になるんだなと思いましたし、その言葉。

「精一杯やらなくちゃ、やらなかったからというだけで
 終わらせてしまう」というのはすごく納得です。

私自身、以前紹介したかもしれませんが、「イヤならやめろ」
という本で、「やってもないのに嫌だと言う権利はない。
精一杯やってから、それでも嫌なら嫌と言ってやめなさい」
というような言葉がありました。
それ前も気にはしていたけれど、それ以降、「嫌という
権利があるの?それほど一生懸命取り組んだの?」と自分
に対して確認をしていました。

今は楽しいと思える仕事も、そんな事を乗り越えたから
こそ味わうことができた。

中山選手は、精一杯やっているからこそ得ているものも
多くあり、そしてまた新たな課題を見つけて、自分を成長
し続ける位置に自分を投じているのでしょうね。

精一杯やると、出来ていること、やれていること、やれる
ようになったことが見つかる。
精一杯やると、次の成長のための課題が見つかる。

精一杯やらないと見つからないものがいっぱいあるんだなあ。


あなたが精一杯している事は何ですか?


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133148666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。