2010年01月29日

人の価値って変わらないものなんだなあ

今日は、お昼に実家に行ってきました。
妹と母と私で食事をしている時にふと母が言いました。

久美子先生(私が小学校の時に担任してもらった先生)が
私達の母校に居て、今、甥っ子がお世話になっているから
これから会いに行こうよ。

突然の事なので、お化粧もしていなければ、手土産も持っ
てない。それなのに顔を出すの?
そう思いながらも、「先生が覚えてくれていて、あなたに
会いたいって言ってくれているんだから、そのままでいい
から行こう。今ちょうど昼休みのはずだから」と促され、
化粧もしないで訪れたのでした。


母は私の旧姓を伝え、先生を呼んでくれた。

30年ぶりに会う先生です。その間に多くの子供達を教えて
きた先生が私のことを覚えてくれているのだろうか?と
思いながらも、先生が出ていらっしゃるのを待っていた。

すると、30年経っているのに、顔を見て、
「あれ?もしかして里江さん?」
と声をかけてくれた。
「はい」とうなづきながら返事をした私に先生は駆け足で
近づいてきてくださいました。

そして、母に向かってこういいました。
「里江さんは、頑張り屋さんだけじゃなくて、いっつも
 人のお世話ばかりして、自分の事後回しで人の勉強
 見てあげたり、近所のおばあちゃんに話しかけたり、
 下級生の面倒も良く見てて、いっつも私の目の届かな
 いところをフォローしてくれたんですよ。
 明るくて優しい子ですよ。何より私が助けてもらいました。
 だから、大勢教えてきたけれど忘れられない生徒さん
 なんですよ。」

聴いていて、美化してるでしょ〜って思いながらも、
覚えてくれていたことが嬉しかったです。
何年生の時に教えたよねって事も、母よりも覚えていて
くれました。
嬉しかったですね〜。

そして、母が帰り道で私に言いました。
「あんたは変わってないね」と。何がかと思ったら、
どうやら母は、私の担任だった先生達に会うと声を
かけられるらしい。そして、私の話になるらしい。
その時にどの先生も同じような事を言うのだそうです。

存在感があるのは、実は私ではなく、母であるように
感じます。
けれども、そうした中で先生達が同じことを言うんだ
よと話してくれた母が、今も変わってないねと言って
くれた事は嬉しかったです。

人の価値って変わらないものなんですね。

どれだけ行動ややっていることは変化していっても、
根本にあるものは変わらないのかもしれませんね。


あなたが小さい時から言われ続けていることって
どんな事ですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 16:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ネイティブコーチのおいたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よく言われるのは、
「一度出会うと忘れられない」ですね。

あとは、口では「後方支援でいい」と
言いながら、目立つ行動を取って、
一身に注目を浴びているとか。

家に来客したお客さんの名前を
覚えていて、「○○さんこんにちは」って
言って、よくびっくりされていました。

記憶力は秀でていましたね。
Posted by magical, mystical コーチ玲奈 at 2010年01月29日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。