2010年02月21日

人を比べるものじゃない。けど時に比べたっていいじゃない

看護師をしている妹の発する言葉に感動することが何度も
あります。

今回は、とある同じ病気を発症した人の状態について聴き
ました。
結婚直後に脳出血となり、体が動かなくなり、言動の自由
を失ってしまった方の話でした。それでも生きているだけ
で幸せとみんなが思い前向きに生きている。

私の家族は幸い、後遺症が一部発見されたのですが、生活
に支障はなく、奇跡的な回復を見せています。

ご飯が口から食べられる。
言葉が話せる。
手が使える。
自分で歩ける。

日常当然と思うことが、病気後も普通に出来る。
人と比べるものではないのだけれど、上を見ても下をみて
もきりがない。
だったら、せっかくだもの、「これですんでよかったあ」
と思ってもいいんじゃないかな。

「一病息災」=一つの病気を持っていかに病気と共存して
いくか。どう再発を予防していくかを考えて生活していく
のだそうです。

そのためにもまず現状を受け止めるためにも、良かった、
と思えるところに行きたいものです。

今、私自身は自分のことでないからこう言えるだけかも
しれません。
だから、家族にできるのは、現状を受け入れるために、
支えることしかできないんではないでしょうか。

もしも、読んでくださっている方で、病気じゃないにして
も、「私なんて」って思って、自分を卑下している人が
居たら、まずは以前の自分と比べてみてください。

きっと前より成長している事あるでしょ。どこが成長して
いますか。
その自分も見てあげましょうよ。

もしもそれでも見つけられなかったら、こっそりと人と
比べてみて、人よりいいところ探してみましょうよ。
全くいいこころがない人なんて居ないから。
あなたにもいいところありますよ。
そのいいところを大切にすればいいじゃない。

病気だけじゃなく、「一病息災」ではないけれど、欠点だと
思える部分も含めて、全部自分なんだもの、その自分とどう
付き合うかを考えてみましょうよ。

あなたならきっと大丈夫!!


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141760803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。