2010年03月02日

ムラはお客様を混乱させる

昨日は、おうちで使えなくなってしまった家電があり、
購入しに行きました。

最初は若い方が担当についてくれました。
そして、見積をしてまず他社との比較のために一旦
帰りました。

そして、そのお店が一番安くなりそうということで、
再度そのお店に向かいました。

次は、「決裁権者の方と直接お話をしたい」とお願い
をしたところ、店長さんは不在のため、詳しい方が
対応してくださいました。

すると、午前に見積を頂いた商品が、実はもう販売
中止(新商品発売前で在る分の売り切りのため)を
していて、もう在庫がないことが判明。

午前に動いた時間は何だったんだ?
事情を話すと、担当者は他の取引のあるお店を探して
下さって、なんとか同じ製品と取り寄せてくださる
ことになりました。

ほっとするのもつかの間、金額交渉も期待値まで、
その方のほうから提案して下げてくれました。
またまた何だったんだ?

対応も早く、「どうしたら少しでも安く仕上がるか」
の提案までしてくださいました。

結果的に非常に有難いことではあったのでこの件に
関しては、良かったと思えました。
しかし、自分がお店側の人だったらどうか。自分の
身の回りだったらどうかと考えると、人によっての
ムラは、お店の印象まで変えてしまうわけですから、
非常に大きな混乱を招くことになる可能性もあるん
だなあと痛感しました。

これから、仕事を起動に載せて仲間を見つけてやって
いきたいことがあるので、その時にはこのあたりの
ムラがなくならないようにするにはどうするかまで
しっかり考えていきたいと思いました。

こうしたムラをなくす為の研修もされているわけで
すから、再度痛感したこの感覚を忘れないで、企業
様に携わっていきたいと思いました。


あなたの周囲ではいかがですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142542006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。