2010年03月12日

相手のために・・・

コーチングって言うと、非常に褒め称えているようだと
思っている方もいらっしゃいますが、誤解です。

コーチだからこそ、相手の成長や相手が求める成長のた
めに、言いづらいことも伝えることもあるのです。

相手のためとは言え、非常に伝えづらいなと思う頃も
非常に長かったです。
けれども、だからと言って言わずに居たら、相手の成長
を妨げる事にもなるのだと知ってからは、相手が欲した
り、相手に言いづらい事を伝えるよと前置きをしてから
伝えるようになりました。

その事が結果として、相手の見えてなかった視点を見る
事にもなったりする。

相手のためにが勝手な思い込みではいけないからこそ、
伝えたあとには、聴いてみてどうなのかを尋ねることに
しています。

これがコーチとして聴き、聞いたことを鏡として相手に
伝えるという大切な部分でもあると思います。

コーチとして、自分が「いい人で居たい」と思った瞬間
にこのフィードバックに解釈が入ってしまいます。
純粋に相手の鏡になっているって、修練が必要だなあと
最近つくづく感じています。

コーチとして、相手に興味を持って聴く中で、大切に
したいものでもあります。


あなたは、誰か鏡になってくれる人は近くに居ますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。