2010年03月18日

心を広くするには・・・

最近、すごく思うことがあります。
それは、心が広くなってきたなあという事。

きっと色んな広がり方はあるのでしょうが、私の場合は
思い当たることが3つあります。

1つ目は、自分の事がわかってきたこと。
これは、コーチをつけて、自分がどんな人なのか、どんな
こだわりを持っているのかが、鏡のように見えてきたこと
で、「みんながそんな事を共通で思っているわけじゃない
んだよな」と分かってきた事。
これによって、「私はこうだけれど、この人はどうなんだ
ろう?」というように考えるようになったら、「絶対」と
か「必ず」「間違いなく」などという言葉が減って、周囲
の人の考え方も受け止められるようになりました。
これは、コーチを依頼して、自分自身試行錯誤しながら
見えてきたものでした。

2つ目は、本を読むこと。
本を書こうとしている私もそうですが、本を書くには非常
に年数をかけて、得たものがその本に凝縮されているわけ
です。
そうなると、何年も、もしかしたら何十年もかけて見つけ
たものを、本1冊にまとめてくれているものもある。
小説であれば、想像力を搔き立ててくれるものになる。
本を読むのは、小さい頃から苦手だった私も今では、時間
を作っては本を読むようになりました。
ただし、興味のないことは読まない性質なので、多くの人
達との出会いに刺激されて、いろんな本と出合うきっかけ
にしています。
これは、私の体験だけでは補えない部分を補ってくれたり、
直接考えを広げてくれるものになっています。

そして三つ目は、単純に「多くの体験」だけです。
けれど、この3つ目が一番大きいような気がします。
例えば、周囲に病気をした人が居たら、想像の中で大変な
事が分かり、心配したりできる。
けれども、今回、家族が死を目の前にするような病気を
したことで、「生きている事って幸せだな」「話せること
って幸せだな」「怒れることって幸せだな」って心の底か
ら感じられるようになりました。
中学でいじめにあったから、仲間のいることの幸せも後に
感じられるようになりました。
そうなると、同じような体験をした人の気持ちは、少なか
らず、考えなくても感じられるようになります。
言葉など要らない。
ただそこに一緒にいるだけで。
そんな優しさもあるよなと知ることができた。

心を広くする3つ目は自分の体験をいっぱいすること、そして
失敗だと感じることもいっぱい経験することなんだろうなと
思います。

他にもいろんな方法があるのでしょうが、自分の中で、周囲
を受け止めたり、自分自身を許せるようになったりできるよ
うになったのは、私自身の器を大きくするためにも、色んな
考え方に触れること、体験すること、自分を知ることなどで
はないかと思います。

私も広くなったとは言いながら、まだまだ小さな器なのかも
しれません。けれども、自分の中の器は徐々に広く大きくな
っているのは感じています。
大きければいいものではないのかもしれませんが、周囲の人
を温かく包み込める自分でありたい私にとっては、きっと
大切な事なので、ここに書かせてもらいました。


あなたの心の器、どんな大きさですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143965657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。