2010年04月11日

何のために働くのか

昨日は横浜に行っていました。
そこで、聘珍楼さんに行ってきました。
それは、一ヶ月前に伺ったときの送迎の運転手さんが
気に入ったからです。

そして、昨日もおいしい食事をいただいた後に、
わざわざ運転手さんをお願いしました。中華街から
横浜駅まで無料で送迎してくれるのです。

今回はお願いすると違う人ではありましたが、貴重な
事を伺えました。

私達「従業員の方々の態度が素晴らしいと感じるの
   ですが、どんな教育をされているのですか」
運転手「いいえ、特別な教育はうけてないですよ」
私達「受け答えが、しっかりされているなと感じますが、
   何かされているのでしょうか」
運転手「いいえ、しかし、折角おいしい料理を食べても
   この送迎が失敗したら、全て印象は悪く変わって
   しまいます。

   私達は食事の後の締めくくりを任されています。

   だから、お客様にどうしたら気持ちよくこの時間
   を過ごしていただけるかを考えているのです」

思わず、大きな感動が声になって出てしまいました。
どれだけの人がそんな風に思うのだろうか。

自分の働く意味を知り、その意味を深めるために、
運転手さん同士が意見交換をし、運転手さん同士で
高めあっている。
その様子が理想的過ぎて、感動ばかりでした。


あなたが、働いている意味はどんな意味がありますか。
そして、その意味のために、あなたは何をしていま
すか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、おひさしぶりです。

「3人の石工の話」を思い出しました・・・大聖堂の工事をしている石工さんに、何をしているんですか?と質問したところ、一人目は「見ればわかるだろ」と答え、二人目は「石を積んでいる」と答え、そして三人目は「人々の心と歴史に残る祈りの場を作っています」と応えました。

自分が”何のために働いているのか?”・・・とても大切な問いかけですね。再確認させていただきました、ありがとうございます。
私は”鞴(ふいご)”として、人々のくすぶった心に風を送り込み、燃え上らせます。
Posted by きんちゃん。 at 2010年04月11日 19:20
きんちゃん。さん

ありがとうございます。
石工のお話、そうでしたね。思い出しました。
実際に目の当たりにすると一段と感動します。

きんちゃん。さんも、確かに「ふいこ」の
ようですね。
しかも自らも温かいですものね。
私もその温かさを今受けている気がします。

いつもありがとうございます。
Posted by smilecoach at 2010年04月12日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146201745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。