2010年04月05日

心で伝わる

昨夜は、非常にありがたい時間をいただきました。
自分が困っている事について、「あの人だったらレクチャーを
お願いできる」と思う方が居ました。
しかし、その方とは今あまりお付き合いはなかったので、勇気
を振り絞って連絡をしました。

すると、快く「いいよ、教えてあげるよ」という事で時間を
とってくださったのが、昨夜だったわけです。

本当に困っていた事なので、私の困りごとを話す時間を含め
1時間以上も時間を割いてくださいました。
しかも本当に熱心に教えて下さっていることが、言葉以外の
部分から伝わってくるのです。

結局、すっきりした状態でレクチャーを終了した時に、その方
が仰いました。
「こういう事だったらいつでも連絡してくださいね。
 私の復習にもなるし、真剣に取り組んでくれる人には応援
 したくなるもの。いつでも連絡してくれていいからね」

その優しい言葉と、それ前の言動が完全に一致しているから
こそ、心地良い言葉として伝わってきました。

人は言葉以外の部分で感じていることが9割を超えるといわれ
ていますから、どんな言葉を発するかは既に態度で見えてしま
っています。
ですから、言葉と態度にギャップがあると、その本心は違うの
ではないかと違和感を感じてしまいます。

言葉以上に心は態度に出てしまっています。

これを捉えながら会話するのがコーチであり、コーチでなく
とも、自然にあなたも感じている事です。

昨日の時間を割いていただいたことへの感動の後、そんな事を
改めて感じて居た私でした。


あなたの今発する言葉はどんな気持ちで話したものかな。
気持ちでなくても、あなたの何が表現されたものかな。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2010年03月27日

自分に出来ることは何か

先日、ご縁をいただきまして、和僑会の筒井会長にお会いする
事ができました。
それどころか、お食事まで一緒にさせていただき、気さくなお
人柄に触れさせていただきました。

そもそも「和僑会(わきょうかい)」というのはどういう団体
なのか、私が詳しいわけではありません。
しかし、思いはすごく共感であり、納得でした。

日本人のよさである団結力が年々失われてしまうのは勿体無い。
今やグローバル時代で、世界に目を向けている日本人も多くな
ってきた。けれども、実際の世の中では個々で頑張ってみても
みんなが一から同じような挫折を味わいながら起業しているの
が現実。
今こそ、日本人が日本のよさを活かす時ではないか。
そのよさを活かすのは、「華僑」のようなネットワークをもって
お互いが情報の源にもなり、お互いのビジネスパートナーにも
なり得るようなつながりがあればよいのではないか。
きっと誰もが望んでいるだろうが、誰も声をあげる人が居ない
から、僕に出来る事をしよう!
そういう筒井会長の思いのもと発足したのが、和僑会です。

現在では国内でアジア圏内とのビジネスをしたい人が所属して
いたり、中国の各地・ロシアなどにも拠点が広がっていって
いるようで、確かにそのネットワークをお互いに活用し合えた
ら、国民性を強みに替えられるんだなと感じました。

そんな大きな事をされている方でありながら、「生涯、勉強
です」と日本に帰国された時には必ず本を買っていかれるよう
で、その時も日本経済についての本を購入されていらっしゃい
ました。

かと思えば、気遣いも素晴らしく、そんなすごい方が先に帰る
私を見送ってくださいました。
ちょっとした気遣いが積み重なって今の筒井会長がいらっしゃ
るんだろうなと感じさせていただきました。

お引き合わせくださったT氏に感謝感謝です。

自分に出来る事は何か?という周囲への貢献を常に考えて
いらっしゃる前向きな優しさと、
僕がやってやろう!みんなやろうぜ!という熱意。
お会いするのは2回目、お話させていただけたのは初めてでした
が、大きなエネルギーを感じさせていただきました。

こうしたお話を聴いて、まず考えたこと。
私に出来る事は何だろうか。

意識はしていたつもりだけれど、もう一度考えてみたくなり
今もまだ考えています。
きっと変化していくものなのでしょうから、常に問い続けて
いきたいなと思いました。


あなたが周囲に対して出来る事は何ですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2010年02月25日

身近で支えてくれる人達

昨日は、引越しをしました。
家族の入院などがあり、バタバタとしていた中での引越しで
かなり疲れてしまいました。

けれども、そうは言えないなと元気をくれる人達が居ました。

それはやっぱり「家族」です。


引越しの荷物を出すときも母親二人がお掃除を助けてくれま
した。
そして、荷物の搬入の場では、妹が助けてくれています。
今日もまた手伝いをしてくれるというのです。

今は、荷物に埋もれた状態で居ますが、これから片付けを
していかなければ、ため息がつきたくなったけれど、周囲に
助けてくれる人が居るってこんなに心強い事なんだなあと
改めて感じさせてもらいました。

コーチングのコーチもまた同じような存在なのかもなと
こじつけでもなく、ふと浮かんだ言葉でした。
寄り添う人の居るエネルギーって大きいですね。

今日も元気に一日頑張ります!


あなたに寄り添う人は誰ですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2010年02月14日

空間は誰が造るの?

日帰りで栃木に行って、帰ってきたのは19時半。
近いものです。

そして、その道中で、更に研修内容を作りこんで
みたり、先週の参加者の様子を思い描いたりしな
がら、すぐに始められる状態にして移動をして
いったので、すぐに気持ちを切り替えることが
できました。

そして、1週間でかなりの成果を持ってきて下さった
かたの話しを聴いて、すごく嬉しくなりました。

その間は、完全に集中させてもらえました。

その空間は、準備もしたけれど、何よりも参加者
の皆さんが作っていらっしゃるのを感じました。

「何か得て帰ろう」
「何か掴もう」
という思いを非常に感じました。

これからまた使っていくことで、どんどん磨かれて
いくんだろうなという確信さえ感じさせてもらいま
した。

それだけでなく、私にフィードバックを下さった方
もいらっしゃって、その事が私も勉強になりました。
共に学び、共に成長していく。

そのことを体験させていただけた一日で、帰りの時間
は、今日の自分が学んだ事も振り返っていました。
そして、もっとこうしたらいいだろうなって部分も
書き出してみました。

また来年行われる講座で、更に良いものを提供できる
ようにしていきたいと思います。

誰一人がかけても出来なかった空間を共にできた事に
感謝します。
2週連続で降った雪。

きっとこれから雪を見るたびに思い出すでしょうね。
この研修を。


あなたは、今いる空間を誰と、どう作っていますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2010年01月27日

いくつになっても・・・

今日は講演をしてきました。
その帰りに、校長先生が送ってくださったのですが、
「今日の講演で○○について考えましたよ。
 明日から変えてみようと思いましたよ。」
と仰ってくださいました。

私のような拙い講演を聴き、教えるプロの校長先生が
学んだと仰ったのは私にとって非常に衝撃でした。

仲良くしてくださっている校長先生もそうですが、
学ぶのに年齢も経験年数も関係なく、誰からでも
学ぶ姿勢を持った方が、教える方々の上に立つ人なの
だなと感じました。

それと同時に、
いつでも学ぶ姿勢を持った人は、いつまでも変化し続け
られているのだなと改めて感じました。
どこかで奢ってしまったり、周囲を下だと思ったら、
学べる事すら学べなくなってしまうのでしょう。

常に学ぶ姿勢を持つという事は、相手を受け入れるという
事ができてないとできないことだよなという事を感じ
させていただきました。
相手を受け入れるというのは、すごい力だなと尊敬
して帰ってきました。

いくつになっても、周囲の人に目を向けられる力、
人を受け入れる力、忘れたくないですね。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

仕事が速いのは、それだけで感動を与える

昨日は、クライアントのFさんとのセッションでした。

このFさん、実はWEBに関してすごく詳しい!

先日、セッションとは別に、WEBについて教えてもらい
始めた。けれども、頭から湯気が出そうなほど頭の中に
?がいっぱい。
「今度、図を書いて見せてほしい」とお願いしていたの
です。そのまま数日経っての昨日のセッション日でした。

セッションをはじめ、セッションが終わり、お疲れ様って
感じになった時に話しかけてくださいました。
「あの〜先日の件だけど・・・ちょっとサクサクッとさっ
 き作ってみたんです」

え〜っ?!!!!!

まだ数日しか経っていない。しかもFさんは多忙な方。
そう言っている間に、こんなの作ってみたんだけれど。
と、先日「今度教えて」とお願いしていた図を描いて
送ってくださったのでした。

すごい!

そう思っている間もなく、ちょっとこんなのも出来ました
よって更に見せてくれたものに感動。
出来映えってのもすごく素敵だし、何より速い!!

私は独立した当時、何から手をつけてよいか分からず、
何を優先したらいいかわからず、納期ギリギリで全てを
回してきたという感覚があります。

その事に自分で嫌になって、最近はゆとりを持って、納期
宣言したりしているつもりなので、早めに対応できる事が
多くなっては来たと思いますが、それでもまだまだ「後回
し」にしてしまっていることもある。

けれども、Fさんは後回しどころかすごく速い!

比べてどうのって言うのではなく、クオリティの高いもの
を、「早く」対応できるというのは、「感動を呼ぶ」もの
なのだなと感じました。

人は感情が動く時の事は、日頃のことよりもインパクトが
大きく忘れにくいと言います。
私は、Fさんの仕事への姿勢やクオリティをきっと忘れな
くなったでしょう。

良いことは真似していきたい。
それが私。WEBのことは出来ないけれど、相手の感情を
動かす仕事をすることは、私の中に落とし込めばできると
思う。

早速、先日の麓先生のプレゼンの仕方を少しだけ真似をし、
今日の講演資料を少しだけ考えてみました。
少しでも皆さんに伝わりやすくなっていればいいな。

そして、Fさんの真似をして、今月末納期の資料を昨日の
間に作り上げました。
今日、提出しようと思います。

ちょっとでも相手が心地良く思えるような関わりをこれか
ら作っていこうと思いました。

原点なのに、自分に甘え始めていたなと戒められました。
仕事が速くてクオリティが低くなっては同じかもしれない。
だから、クオリティの良いものを早く納める。
そんな事を続けていこうと再確認できました。

早くが良いのはわかっていたけれど、感動を呼ぶんだな。
そのことをFさんから体感させてもらいました。
逆の立場を経験すると、気持ちの入れ方も変わるんですね。
一段と「どんな風にお客様のために」なるのかを、体感し
ながら、提供していこうと思いました。


あなたは、周囲の方のためにどんな事をしますか。
その周囲の方の思いと似たような体感したことはありますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2010年01月24日

衝撃の2時間

昨日は、尊敬する校長先生のお誘いで、その校長先生が絶賛
されている方の講演を伺ってきました。

演題なども知らず、ただただ先生のお誘いだから行ってみよ
うと思って伺ったのですが、予想をはるかに上回る衝撃でし
た。

何がすごいかって、話しの楽しさと内容の濃さに加え、プレゼン
資料が、あきさせない工夫と分かりやすい工夫がされていて
感動してしまったのでした。

手元の資料は手元の資料として要点だけが書かれており、
プレゼン資料はまったく別でした。

講演された麓先生に伺ったところ、「資料は半年かけて作る」
という事でした。
手書きの絵や、楽しくなる工夫、話し方も計算されている
ようで、講演内容の密度がより増すようなしかけが多くさ
れていました。

先生曰く、レジュメは要らない。
レジュメをこのプレゼン資料として落とし込んでいるから、
プレゼン資料自体がレジュメなんだと。
そして、その資料通りに進むには、時間配分を考えておく
事と、前の日のシュミレーションが欠かせないと仰ってい
ました。

「感動のプレゼン」というものを拝見したことがなかった
ので、自分の資料を改良したくてもどう改良するのがいい
か暗中模索していましたが、昨日の講演資料で、なるほど!
と思う部分がいっぱいありました。
それだけでも勉強になりました。

そして、内容ですが、学校の先生向けに、現在の生徒や児童
とどう付き合うかについての具体的なご指導でした。

皆さん曰く、綾小路きみまろさんのような毒舌とユーモア
をおりまぜながらの楽しい話の中で語られる、重い話。
重い話が、「なんか試してみようかな」と思わせてくれる
ような明るさで、先生方も楽しそうに聴いていらっしゃい
ました。

学んだ事を少しでも実践すれば、きっとこの世の中も変わっ
ていくんではないかと思わせてくれるエネルギーを感じまし
た。
生徒に接するときは、「視覚にうったえ、具体的に」という
話しを、麓先生ご自身が見せてくださっていました。

楽しくて有意義な時間でした。

ついつい内容よりもプレゼンの方に目を向けてしまいました
が、またじっくりと内容を伺える機会があれば、内容もまた
真剣に冷静に聴ける状態で聴きたいと思います。

また、内容は時間を見つけておすそ分けします。

まずは麓さんから学んだこと。
・話は5分くらいで展開を変えていく
・視覚にうったえ、内容は具体的に
・怒鳴らない
・楽しく
・話し方にメリハリを
・自分がモデルになる
でした。

皆さんは、何を意識して人と話をしていますか。
或いは、何を意識して人前に立っていますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年12月26日

私のコーチ

コーチをつけてみてよかったこと。
・自分のしたい事に目をむけ、実行できた
・固執していた視点が広がった
・感情のコントロールができるようになった

どうしてこんな事ができたんだろう?と思うと視点は
コーチの質問や、鏡のように見せてくださったものか
ら頂くものが多かったように感じますが、それ以外は、
自分のありのままを受け入れてくれる人だという事だ
ったんだなと今痛感しています。

時に、考えすぎて自分がコントロールされてしまうの
ではないかと思ったことも正直ありました。
その時は、何となくコーチに真実を話すことができな
くなっていたように感じます。

けれども、自分の考えや行動に対して伝えてくれてい
るだけで、コントロールじゃないんだよなとしっかり
自分が思えた時に、初めて何でも話そうと思えました。

この人なら信頼できる。
この人なら何でも話せる。
この人となら前に進める。
そんな思いを持ちました。

私もクライアントさんとの関わりの中で、私が学ばせて
いただくこともある。まさに二人三脚!共に進むんだな
と感じることがよくあります。

私はコーチを変えないでその人との二人三脚をしたいの
で、今までは本当に事情のあるときに離れてきたように
感じます。
けれども、今のコーチと出会って既に2年近くになってい
ますが、自分の背伸びが無くなってきました。
等身大の自分になってきました。

これからも自分の行動が無理なく進むように、ずっと
コーチという存在と関わって生きたいと思います。
また、自分もコーチとして、その人の人生と寄り添って
いけるような関わりを持って生きたいと思います。


あなたは自分の人生をどのように歩んでいますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年12月18日

テレビがない

小さい時からテレビを当たり前のように見ていた世代なのですが、
小学生の頃、テレビのない子がクラスに居ました。
その子はその間何をしているんだろう?

不思議に思って尋ねた事がありました。
すると、「本はいっぱい買ってくれるから本を読むの。お父さん
たちはお仕事しているから、その間、本を読んでいるの」と言っ
ていました。
そのこのお家は自営業で、ご自宅で飲食業をされていました。
そのため、子供たちはお客様の少ない時は、お店の畳の上で本を
読んでいて、お客様の多い時間は2階で静かにしていました。

たまに父にお客として一緒に連れて行ってもらっていたのですが、
すごく静かなのに、すごくいろんなことを知っている優しい子で
した。
そんな事があってから、自分もテレビの時間を少し減らして、
本を読むようになったのを覚えています。

あれから○○年の時が経ちましたが、別の方でテレビがないお家
に育った方がいらっしゃいました。
先ほどの子もそうですし、この方もそうですが、教育の一貫とし
てテレビを購入しないんですね。
そして、最近であった方は、親も本を読まれていたそうです。
そのため、一緒に本を読むようになり、現在では月15冊以上は
読まれるそうです。
ジャンルも様々になるようにしていらっしゃって、話しを聴いて
いると「尊敬」以外、浮かぶ言葉が見つかりませんでした。

何度も読む本は論語。原点はここだって気がしますと仰っていま
した。人に感化されやすい私はまたまたお家にあった論語を読み
直そうと思いました。
本は何度も何度も自分のペースで見られる。テレビやラジオには
ないよさがある。だから自分はテレビを今も必要としていない。
情報は新聞で見られる。
テレビが悪いわけではないけれど、その時間で出来ることが増える。
人のためにできることがある。
同じテレビを見るのも「何のために見るのかって考えた事あるの
でしょうか」そんな問いをかけられた気分だった。

振り返ってみると、私はテレビをただなんとなくBGM代わりに
つけてしまっている。ほとんど無意識。便利に使っているな。

しかも、本に関して言えば、本を読むのは非常に遅い。
けれども、1回読めば覚えている点が多く、読まなくなっていた。
けれども、もう一度読んでみると新しい発見があったりする。
時を経て自分が変化した分だけ、或いは今の気がかりの点があ
ればその点が非常にクローズアップされて見えてくるのでしょう。

勝間和代さんや、渡辺美樹さんも仰っていますが、本は書いた人
が何年も何十年もかけて見つけ出したノウハウを一瞬で手に入れ
る事ができるもの。しかも何度も何度も触れられるから良いと
仰っていましたが、その言葉を思い出して、また本に触れる機会
の大切さを痛感しました。

現在、本は月に5冊は読むと決めています。けれどもちょっと最近
サボりぎみで「積読(読まずに積まれた本)」になってしまって
いたので、年末年始でまた読みたいと思います。

その方に出会い、話を伺えたことで、本を読むことの大切さをまた
感じられました。
漠然と目標を立てた月5冊だけれど、新しい本ばかりではなく、
また偏ったものばかりでなく、ちょっと新しい出会いのつもりで
読んでみたいなと思いました。
ワクワクする気持ちがわいてきて、今はすごく楽しみです。


あなたは何のためにそのテレビを見ていますか。
どんな本を読んでいますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月19日

夢を語るのは子供ばかりではない!

昨日出会った方のお話です。
色々とお話しているうちに、その方の夢を伺うことができました。

公務員の方なのですが、定年後の夢を語ってくださいました。
夢があるだけではなく、社会貢献にもなるお話で、聞いている
だけで、私までワクワクしてしまいました。

その夢のために、既に準備を始められていて、それがまた楽しそう
にお話されるのです。
期日を決めた目標って、どうしても目先になりがちな方の話を聴く
事が多かった私には、先の夢をうかがえ、一緒にその様子を想像さ
せていただく事は非常に楽しかったです。

思わず、聴き終わって「ありがとうございます」と言ってしまった
ほどでした。
子供達に夢を描いて欲しいという話しは聴きますが、大人もまた
夢を大いに語っていいんじゃないかと思います。

昨年、ドリプラという企画を知りました。
まさに夢を語り合う大会というものらしい。福島正伸さんが中心
になってされていて、今年も12月中旬に2009年度の大会が行われる。

私は予定があっていけなくなってしまったのですが、大人も夢を
真剣に語れば、それは現実になっていく。いや、していくのかな。
夢を語ることの大切さを改めて感じました。

私も60歳以降にしたいことがあります。
子供との関わり。
子供達に夢を語ってもらう取り組みをしていく。
それまでに、大人達が夢を描ける社会だと子供達が思えるように
元気な企業さん、明るい社会つくりに貢献していきたい。
そして、今の子供達とも話す機会を持ち続けていきたい。
もっと具体的な夢なのですが、大きく言うとそんな感じです。

その夢も、最近、ある方との出会いから早まりそうです。
これも、やりたいことを言葉に書き出すことから始まりました。
何度書いても揺るがない事に向かって、今走り始めていると思い
ます。

気をつけなければならないのは、しっかり自分の家族の夢も聴い
ていくことです。
そこが原点だから・・・。

どんどん夢を語る人が増えてくるといいなと思いました。
コーチとして、夢を語ってもらい、近くに寄り添い応援していく
事も続けていきます。

大人が楽しい社会だと身を持って教えてあげることで、子供達は
夢を描きやすくなる。
「子供達が将来に対して夢を描けないようになってしまうとした
ら、それは大人達がつまらなそうにしてしまうせいかもしれな
い。」そんな事を講演で聴いた事があったなあ。

大人も堂々と夢を語りましょう。
そして、その実現に向けて進んでみませんか。
あきらめてしまいそうな時、なかなか進めない時にはコーチング
を受けてみるといいと私は思います。
私もそうだったし・・・。

    <ちょっとだけお知らせ>
      今、コーチングを受けてみたい方も受け付けています。
      この機会にちょっと試してみませんか。
      気になったらHPのイベント情報をご覧下さい。
      コーチングクライアント受付中


あなたはどんな夢がありますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月15日

相手を敬う

昨日は、Tさんのご紹介でHさんにお会いしました。
Tさんは、Hさんの元上司。
Tさんは事業でも素晴らしい功績を今なお築いていらっしゃいますが、
Hさんも素晴らしい実績を持っていらっしゃいます。
全国展開という意味では、お二人ともすごい勢いで活躍をされている
方々なんです。

それが、HさんはいつもTさんを敬い、そしてTさんはHさんを敬いなが
らも、更に良くなるためにと関わっていらっしゃる。
お二人の関係が非常に素晴らしいなと感じました。

良く「頭をたれる稲穂かな」と言いますが、お二人は自分を誇張する
のではなく、お互いを大切に思いながら、共に成功したいという願い
を叶えるためにお話をされていらっしゃいました。

昨日は、その間を縫ってお時間を作ってくださったのですが、その際
も、Tさんから私に「あわせたい人が居るからおいで」との連絡で飛
んで行ったのですが、実はご紹介いただくまでHさんは私の話は知ら
なかったのです。

「Hさんにこの人を会わせたい」と思ってくださってのサプライズだ
ったようでした。
そんな大した私ではないのですが、Hさんとお会いしてお話を伺った
時、確かにやりたいことが似ているなと感じました。
Hさんも同じだったようです。

結局、Tさんのおかげで、素晴らしいHさんとの出会いを出来ました。
そして、尊敬しあう関係も見せていただきました。
人というのは、相手を信頼し、尊敬できる部分があると、その関係
を続けようと無意識に思えるのかなと感じました。

私はTさんの話を聞くだけでも非常に楽しいのです。
それが、昨日はHさんともお会いできました。
相手を信頼し、敬うというのは、言葉だけじゃなく、お互いの態度
に出るものなのだなと思いました。

私には尊敬する方々が大勢居ます。
近い存在では、家族もそうです。
自分のセミナーの受講後、メールのやり取りをさせて頂いている
方もそうです。
自分のコーチもそうです。
クライアントさんもそうです。
数えたら、尊敬する人は無数に居る気がします。
その人達とのつながりは、態度に出ているんだなと改めて感じまし
たし、態度で表現できないから途絶えてしまうご縁もあったのだ
なと感じました。

相手を敬う思いは大切にしながら、それを表現できているかも
大切なんだなと感じました。
ただ、表面的な態度は、きっと伝わってしまうんだろうなという
事も感じました。

短時間ではありましたが、非常に有意義な時間で、その後ワクワク
が続いている私が居ます。

私は、尊敬していると言いながらも、表現が出来てない時もある。
礼状一枚を何度も書き直して、時期を逸してしまった事も多々ある。
まだまだ未熟だけれど、これから自分の思いを表現することも大切
にしていきたいと思います。


あなたは、自分の思いをどう表現していますか


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年10月31日

心は見せないと伝わらない

今日は、栃木県真岡市で研修でした。
3時間の研修でしたが、最初から熱心に聴いてくださる方が多く、
最初から非常に参加者の気持ちが伝わってくる研修でした。

そして、その研修はいつもながらですが、スタッフの方の熱い
思いも感じられました。
私の父の事にも心遣いをいただきまして、父に見せてあげられ
るようにと、参加者のコメントと、今まで関わらせて頂いた時に
とって下さっていた写真を3枚の台紙にまとめてくださって、最後
に手渡して下さいました。

研修で参加者の気持ちを受けて、ただでさえ気持ちが溢れそうな
所に、そんな温かい気遣いをいただいて、目頭が熱くなってしま
いました。
移動の電車の中で、じっくり拝見していたら、涙が溢れてきてし
まいました。
その溢れた瞬間には、参加者のコメントの下に数行のスタッフさ
んからの私へのコメントが添えられていたのでした。
それまでは、目頭が熱くなりながらも抑えられていたのですが、
思いがけないその数行の言葉に私は涙が出ることを抑えきれず、
鼻水をすすりながら、電車に乗っていました。
(マスクをしていたから良かったものの、結構時節柄か冷たい目
 で見られましたが、我慢できなかったです)

参加者の熱心さも形で現れていたから伝わってきた。
真剣に取り組んでくれたり、うなづいたりしてくれるから、伝わ
ってきた。スタッフさんのその言葉も改めて伝えられたから、心
にジーンと響いた。

心は形として見せないと伝わらない。
確かに感じることはできるかもしれない。けれども、やっぱり
表現しないと伝わりきらない。
違うことで精一杯になっていると、感じきれないこともあるから
こそ伝えてもらうことで、ハッと気付くこともある。

いっぱい心を伝えてもらった日でした。
そして、参加者の皆さん、スタッフの皆さんに感謝します。
ありがとうございました。

これもまた私の心の表現かな。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年10月30日

相手の話を引き出す人

昨日は、研修が二つあったのですが、一つの研修は移動が
一時間かかる場所にあったので、担当の方と一緒に移動を
しました。

車だったのですが、車の中でどんな話をしようかなと思っ
て考えてはいたのですが、担当の女性が話しかけてくれま
した。

それが、いつの間にか私はずっと話させていました。
そのため、1時間の間、行きも帰りのずっと話していました。
基本的に話を聴かれれば応えますが、そうでない限りは
私が問いかけているのがいつもの状態。

いろんな話を聴こうと思っていたのに、ずっと話をしてし
まったのです。

その方が私に興味をもって聴いてくれるのも伝わってきま
した。だから話してしまったのだとう思います。
その人は、話を引き出すことが自然に出来ている人なんだ
なと感じました。

その人がしていたのは、まさにコーチング的なコミュニケー
ションだったんです。
・話を興味を持って聞く
・話の中で更に聴きたいことを聴く
・自分と違う部分について確認する
・確認した後、なぜそうなのか、どうしているのかなどを
 更に聴く

今日もその人のいらっしゃる団体での研修です。
その方は今日はいらっしゃらないようですが、今日はどん
な人なのかまた楽しみです。

今日も楽しんできます


あなたは、人の話をどんな風に聴きますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年09月30日

少しの時間でも人とは会える

昨日は、那須塩原で友達と会いました。
そして、今朝も他の友達と朝食を一緒にとりました。

昨日の友達とは、たしか2年半以上ぶりの会話。
目は合わせていても時間が作れなくて会えなかった
のですが、昨日は友達が「10分しか時間がないけれ
ど10分でも会おう」という事で会いました。

その10分で、いっぱいお話をできて、たった10分、
されど10分の貴重な時間をとることができました。

しかも、彼女は足つぼマッサージを職業にしている
ので、足つぼマッサージをしながら話をしてくれま
した。

彼女は「自分の好きな事を仕事にしている」と言う
人で、本当に誇りをもって仕事をしているんだなと
感じます。
それがきっとお客様にも伝わるのでしょう。お客様
は朝10時から夜0時まで続くそうです。
その事を聴いているだけでも、非常に元気をもらえ
ます。

そんな彼女が忙しい中10分の時間を作ってくれて、
やっと会えました。
少しの時間でも人とは会えるし、楽しめるんだなと
改めて感じました。

ついつい「友達とはゆっくり会うのもの」という私
の中の思い込みがあったんでしょうね。
昨日の彼女と会うことでその思い込みは外す事がで
きました。

だからこそ、今朝の別の友達にも会えたと思います。
ちょっとの時間でも会える。楽しめる。
そう思うと今まで「会えない」と思っていた人にも
会えるように思えてきます。

人と会うのが好きだし、話を聞くのが好きだから、
短い時間でも「思い込み」によって会えてなかった
人にも会おうと思います。
そして、「時間がないからできない」というのはない
なと昨日の彼女からも学びました。
「10分でもいい?」って言って10分を大切にできる
彼女。私も2分でもあればできることだってあるかも
しれない。
それを出来てないこともあるんじゃないか。

会社員だった頃は自然に出来ていたのに、専業になっ
て時間をとってやりたいと思ってやってなかった事も
あったように思います。
1分、2分も大切にできる。まさに最近の限られた時間
を有効に過ごせるようにします。

まずは、一人でできること。そして会えないと思い
込んでいた人と合う約束をする事からはじめてみよう
と思います。

あなたは、自分だけの「思い込み」「捉え方」に気付く
瞬間ってありますか。

もし、今回のように時間の過ごし方に関して気付いたら、
あなたはこれからどう過ごしますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年08月25日

手書きって温かい

昨日、家に帰ると一通の手紙が届いていました。
送り主は、講演をさせていただいた学校の研修担当者Aさん
からでした。

中を開けると、講演のお礼だけでなく、私への講師ぶりへの
感想、そして講演から学んだこと、気づいたことなどが書か
れていました。そして、その中には思いも書いてあり、その
時、Aさんが何を感じ、思い、気づいたのか。伝わってきま
した。
読んでいる私が感動をしてしまいました。

そして、最後に書かれていたのが、
「何度書き直しても・・・・」
という言葉で始まる一文でした。

メールであれば、一文字追加するのも削除するのも簡単だし
文の構成を変えるのさえあっという間。
けれども、手書きなので、何度も何度も書き直してくれたん
だなあと思うと、それがまた手紙の中の思いと共に伝わって
きました。

便利な世の中になったからこそ、手紙というものに愛情が
加わるんだなとつくづく感じました。

私もついついメールで済ませてしまう事が多くなっていまし
たが、やっぱり手書きの手紙とは全く違うんだと何度も何度
も拝見してしまいました。

手作りのパッチワークを思いを込めて作って下さる方や、A
さんのように手書きでお手紙を下さる方など、私は温かい方
達に囲まれていて幸せだなと感じます。
その受けた思いを私もまた更に伝えていけるようにしたいで
す。

きっと同じ言葉だけのコミュニケーションだったとしても、
字には思いが乗っかり、他の人の手を通じて私の元に届く
までに、また多くの愛情が加わって届くのでしょうね。

私が受け取った愛情を私で止めるのはもったいない。
次は誰かにこの愛情を届けていける人でありたいと思います。

温かさと幸せをありがとうございました。
そして、学んだこと、きづいたこと、感動したことを伝えて
下さってありがとうございました。

一人でも多くの人達が笑顔になれるよう、また講演・研修・
そしてコーチも続けていきます。


あなたは、感動したことなどは、どんな風に伝えていますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年08月19日

率直に伝えてもらえる事はそうそうない

昨日は、小中学校新任校長教頭先生方向けのチームビルディングを
少し絡めたコーチング研修をさせていただきました。

2時間半はあっという間に過ぎ、もっと時間が欲しい位の熱気でした。

その中に、以前からお世話になっている先生が新任校長として参加
してくださっていました。
相変わらず、ニコニコと明るく接していただき、私自身も安心して
研修を進めることができました。

私の中で、この先生の前で研修をするのはいつも楽しみでもありま
す。それは、後から感じた事や、更にこうするといいんじゃない?
という提案やフィードバックを下さるのです。

昨日も後から、フィードバックをいただきました。
その後に「smilecoachさんには期待が大きいから、もっと良くなっ
てもらうために僕ができるのは、こういうことですから」って
仰って下さいました。言葉にされなくても、勝手にそう受け止めて
いたのですが、改めて言葉にされると、更に嬉しかったです。

この先生は、生徒達に非常に人気の先生で、等身大で生徒と接して
みたり、勇気を与えてあげたり・・・。
まさに、私以上にネイティブコーチの部分も持っていらっしゃると
思っています。(私がどれほどなのかよくわかってはいませんが)

その先生は、私には厳しく、こうしたら更に良くなるという点を
しっかり伝えてくれます。

私の大切なメンターである朝倉千恵子先生の教えの中にも「講師
病になるな」というものがありますが、講師の中には、先生だか
らと受講者を下に見たり、良い感想を伝えてくれるので、勘違い
してしまう人が居ると朝倉先生は仰います。
そのため、自分の中でそうならないように気をつけていても、そ
れでも、きっと客観的に自分を見ることができなくて、改善をや
めてしまっている事もあるような気がします。

が、この先生に率直に伝えていただける事で、まだまだ改善でき
るんだと思うと、すごくワクワクさえしてきます。
研修を重ねてくると、更に皆さんが私を「先生」扱いするのです。
けれども、私はコーチなんです。講師であってもコーチなんです。
ですから、自らも成長を常にしていきたい。

けれども、「先生」となってしまったら、正直に伝えてもらう事
も減ってくるように感じています。
けれども、私の(?)大好きな先生はしっかり伝えてくれます。
私のために・・・。

これは非常にありがたい事です。
これからも、どんどんパワーアップしていきたいと思いますし、
言っていただくだけではなく、自分自身も相手の成長のために
「愛を持って」率直に伝えられる人でありたいと思います。

先生、いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

あなたは、率直に言われた言葉をどう受け取りますか。
反対にあなたが伝えるならどのように伝えますか。

お互い成長し合える関係って素敵ですよね


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月25日

過去が今の自分を支えている

昨日の夕方、最近かなり尊敬している方にお会いできました。
若い方なのですが、非常に温かさと厳しさを合わせ持つ方で
その温かさに何度も目頭を熱くしました。

昨日はその方、oさんとしましょう。oさんと食事をさせて
いただいたのですが、率直に話しが出来る方なので裏表なく
お話をさせていただくのですが、いろんな話しを伺えました。

中学、高校時代のお話を伺っている際に、非常に理不尽な事
も体験されながら、その理不尽さに耐え続けた毎日があった
からこそ、今動じない自分がいる!というお話もされていま
した。

学生時代に厳しい事に耐えたからこそ今、大きな企業で要の
存在でいらっしゃる。
その言葉達にも納得させていただきました。

過去の苦い体験なので、その話しを涙を流しながら話してい
らっしゃいました。涙は笑いの涙なのです。
おなかを抱えるほどの笑いを見たことがあるかと思うと、昨日
位ではないでしょうか。

苦労もときを過ぎると、いい思い出になるのだなと感じまし
たし、その時期が今を支えていらっしゃるんだということも
伝わってきました。

私自身も過去の私が支えている。
無駄な過去なんてないんだな。
きっと過去の一つ一つが私を作ってくれたんだな。
そう思うと、いろんな出来事が全て良い思い出に変わる。
不思議なものですね。
事実は変わらないのに、考え方が変えられる。


あなたは、どんな出来事に支えられているのでしょうね。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月23日

志のある方々の会議に参加してきました

昨日は、NPO法人で、子供達に人間力教育をしていきたいと
思う方々が集まって会議が行われました。

2週間前、全く別の場所で出会った人がこの団体の要人であった
ため、私の拙い経験ではありますが、シェアさせていただくこと
になっての参加だったのです。

が、実際には私の経験のシェアに皆さん議論の火種を見つけて
下さいましたが、その前に行われていたシェアや議論が私には
非常に価値あるものに感じ、その場に居られたことに感謝しま
した。

それは、子供達だけではなく、大人の子供への関わり方や、
新入社員の育て方などの話しもありましたし、教育現場にいら
っしゃる先生の生の声も聴こえてきました。

先生達も子供だけではなく親とのかかわり方も大切になってき
ていること、発想力のない新入社員が増えているために発想力
や決断力の勉強会を行っていることなどもシェアされて、現状
を違う角度から垣間見る事もできました。

「なんとかしなければ!」
そう立ち上がった十数名の方々。
企業の社長さん、校長退職者、現役教員、企業人、親の立場と
しての関わりの方も含め、いろんな業種の方々が集まり、休憩
もなく熱心にお話をされていました。

私は都合が悪く、最後までは参加できなかったのですが、それ
でも非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。

こんなに「自分達が何とかしなくちゃ!」と思う方々が、いろ
んなところに居たら心強いなと思います。
人のせいにするのではなく、自分達の責任と考えるその姿勢と
考え方は非常に前向きで、お菓子さえ持ち込みでやられる会議
なので、皆さんボランティア。
けれども、熱くこれからを語り合えるその場に居られた事自体
幸せだったと思います。

また時があえば、参加したいと思いました。
これからの未来を背負っているのは、私達です。

そんな風に考えたら、あなたは今、何をしますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月07日

中学生への授業

昨日は中学三年生に向けてのコミュニケーションの授業を
させていただきました。

これは私がボランティアであろうとずっと続けていきたい
小中学生とのふれあいの大切な時間です。
その大切な時間の中で、分かりやすく伝えようと思うので
すがなかなか難しい部分もありました。

けれども、その難しさが故に楽しめました。
授業のあと、先生方のご苦労も伺ったりしながら、共有で
きる部分や、こうしていこうという話ができたりした事が
また授業とは別の前向きな時間第2弾という感覚で、非常
に楽しかったです。

そんな中、中学生の子達も、どんなコミュニケーションを
とったらいいのか、頭では分かっているけれど、なぜか
できない。という話がありました。
「はずかしい」「めんどくさい」などの意見も出ていました。
結局、何のためにコミュニケーションが必要なのか、目的
が理解できてないんだなという感じがしました。

友達の体験談を語り、やっとみんなに「何か」が伝わった
ような気がしました。
これから、出会った生徒さん、そして先生方がどう生かして
下さるのか、今後を楽しみにしたいと思います。

参加してくださった保護者の方々、先生方から、「親にも
大切な事を分かりやすく聞かせて下さいました。また来年
以降も聞きたいです。」という声を聴くことができ、役割
を果たせた喜びも感じられた授業でした。

準備をしてくださった先生方や、保健委員の生徒さん達に
感謝します。
ありがとうございました。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月24日

上司だけれど、親のよう

今日は、朝から美容院に行って来ました。
最近お気に入りのお店なのですが、何せオーナーが世界
(特にヨーロッパ)のファッション業界のショーのヘアメイク
担当などをされていたりされるので、予約を取るにも先週連絡
して今日切ってもらえるくらいの方です。

いつもこのオーナーさんに髪を切ってもらうのですが、本当に
いろんなお話を聴く中で、感動のお話がありました。

男性なので、なかなか父の日に何かをするってないそうなので
すが、今年の父の日に、とある従業員さんからメールが入った
そうです。
その従業員さんは、オーナーの事をもう一人の父だと思ってい
る、だから父の日に感謝を伝えたくて・・・という事をその
メールに書いてきてくれたそうです。

オーナーはその事が嬉しかったことと、自分の師匠だと思って
いる人も父と思いながらも、形にしてないなと気付かされ、す
ぐに、自分の師匠にも父の日の感謝を伝えたそうです。

オーナー曰く
「自分は影響を与えなければならなくて、従業員の事は、影響
 を受けてもらうだけの人であると思っていた。けれども、本
 当は従業員から影響を受けることも大切なんだなと感じたし、
 家族のように大切にしていくべき人たちなんだと深く感じま
 したね。
 自分の師匠にも感謝を伝える事などなく、今回伝えられた事
 で、師匠と話す機会も持てて、師匠も喜んでくれた。
 今までは、従業員やお客様への影響力を考えて、ずっとショー
 にも参加してきたけれど、もっと違う部分にも目を向ける事
 も大切だなって思い始めているんですよ」
というお話でした。

一人の従業員がオーナーに与えた影響は、非常に大きかったよ
うですし、やはり創業期から成長期になってきている美容院に
とっては、これからの戦略と組織体制を変化させる時期にきた
のかもしれませんね。

きっとその美容院は、近い将来日本一になると思います。
その日を楽しみに、オーナーに髪をきってもらいながら、また
次の展開をきけることを楽しみにしたいと思います。

それにしても、技術だけでなく、従業員にそう言ってもらえる
オーナーには、何があるんだと思いますか?
育てようとする熱意、メールを送ったり飲みに連れて行ったり
する日ごろのコミュニケーション。聴いていてその時間の捻出
だけでもすごいと思うのですが、他にも何かあるのでは?

あなたが職場の上司に「親」のような感情を持てる時は、その
人に何があるからですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。