2009年06月11日

人の強さって何だろう?

昨日はすごく素敵な方に出会うことが出来ました。
障害をお持ちの方なのですが、すごく前向きで、将来像をしっかり
描き、部下を何人も持って、現在は経営者としてご活躍の方です。

お会いしていても、一切その事を感じさせないバイタリティに溢れ
る方でした。
親戚の中にも、その方と同じように事故によって障害を持つことに
なった方が居るのですが、その方も「これからどう生きていくのか」
を真剣に考えて、比べるわけじゃないですが、明らかに私以上に
努力され、自分の生き方を全うされています。
しかも「障害も天からもらった個性だから」と親戚も言っていまし
た。

だから昨日同じような境遇の方にお会いし、全く違和感はないもの
の、人としての生き様に心うたれました。
人の強さって、前向きに歩くこと。あきらめないことなんだなと、
「命の授業」にも共通して感じたことでした。

計り知れない人の強さを目の当たりにして、言葉が出なかった。
ただただその人のこれからの夢を聴いてみたくて、聴いてしまい
ました。
夢は自分の若い頃からやりたかった事の実現。今はその夢のための
ステップ。
「できないできる」ではなく、全て「やらないやる」だけだから、
自分はやるんだ!という生き様と共に、楽しい夢を聞かせてもら
いました。

自分はまだまだ甘いなと自分の甘さも感じ、まだまだ「やる」と
決めようという思いを感じさせていただきました。

あなたは人の強さって何だと思いますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月07日

しあわせはいつも・・・

ふと、目に付いた相田みつをさんの書

「しあわせは
  いつも
 じぶんの
  こころが
 きめる  」


以前、お話したこともあるかと思いますが、相田さんの書は
長い詩をもっと短く伝えるにはどう伝えようかと、何度も
何度も言葉を選び、作り上げられた詩なんだそうです。

この短い詩の中にも、多くの思いが込められているんだろうな。

どうして全てひらがななのか。
これにだってきっと意味があるんじゃないでしょうか。

全てはじぶんが決めている。
「しあわせ」なのか「幸せ」なのかも決めている。
敢えてそのことを表現するために「ひらがな」なのかなあと
改めて相田さんの書を眺めて、深く感じてみました。

きっとまだまだ違う時に観ると、違うように感じられる詩
なんだろうなあ。また時が経ったら、何度となく観てみた
いなと思います。

こうしてきっと以前と違う(なぜひらがななのかは今回
初めて思いました)見方をするのも、自分のその時の心
が決めているんでしょうね。

深いなあ。
あなたはこの詩をどう読みましたか

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月15日

いつまで経っても勉強

昨日は、朝からずっと楽しい時間でした。

以前の職場の同僚と朝食を一緒にしたり、自分の疎い部分に
詳しい人が、いろいろと教えてくれるということで、何から
何まで話をしながら、教えていただいたり・・・。

そして、午後は勉強熱心な方々が自分の会社のことを考えな
がら、問題を解決していくという会議をしました。

お会いした方々全てが素敵な方々で、有意義な時間をすごさ
せてもらったために、今、何を書いたらいいのだろう?と迷
ってしまうほどでした。

けれども、すごいなと特に思うのは、午後にお会いした人たち
は経営者でありながら、本当にいろんなことを学び続けていら
っしゃるのです。
これがすごい!
中でも一人は、大学院に通いながら経営者をされているのです。
週に4日も東京に通い、自分を高めようとされています。

そういう様子をみていると、私もまだまだ学習が足りないなと
思えますし、その人の周りに与える影響力は、どんなに大きい
だろうと思いました。

いつまで経っても勉強。
いつまで経っても学びたいことを持っている。
すごいなと思いました。

ただその方がおっしゃったのは、「インプットとアウトプットは
バランスが大切。今はインプットだけになっているので、これを
どう活かすかをもう少し考えていかなくては」と。

インプットしたことは、アウトプットして始めて自分のものにな
ると私も考えています。
実際に使ってみる。誰かに伝えてみる。アウトプットの仕方にも
いろいろあるのでしょうが、まずは使ってみたいとおっしゃって
いました。
私も同じことを感じます。

そして、体験をして体験を話せることが、更に深い学びになるの
ではないでしょうか。

昨日あった人たちは、少なからず、学ぶこと、アウトプットする
事の出来る人たちばかり。
だから、昨日は私自身も、話を聴いているのが楽しかったのだろ
うなとつくづく思います。

私もそんな一人であり続けたい。
そんな風に思った一日でした。

あなたは、今日何を学びますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月11日

地域のために

昨日は、友人のお父様の告別式がありました。
私も参列させていただいたのですが、地域への貢献を考えて
きた方なので、地域からの信望もあつく、非常に大きな式と
なりました。

地域や人のためを考えて生きてきた方は、こんなにも最期ま
で惜しまれて逝かれるんだなと、友人のお父様を尊敬しまし
た。

小さい話になりますが、私の祖母もなくなるときに「私は
幸せだった」と最期の言葉を残して亡くなりました。そこに
はおばあちゃんが大切にしてきた、娘、娘婿、孫が一同に
揃っていたからです。

きっとかけた愛情の分だけ、人は愛されるのだなと思いました。
見返りを求めるためにしているわけではないからこそ、それ
が相手に伝わるのでしょうね。

「誰々のために」と簡単に言ってしまうことが私も含めて
あるように思いますが、見返りを求めない愛情をどれだけ
注げているのでしょうか。
本当に見返りを求めてないのでしょうか。

自分をもう一度振り返る機会にもなりました。
あなたはいかがでしょう。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月09日

伝えられた私も一緒に想像できる伝え方

昨日は、たまたまいろいろな方々と話す機会を持てた日になりました。

昨年、出会った方の紹介で、新たな出会いが生まれたので、機会を
下さった方にメールさせていただいたり、連絡をさせていただいた
りしました。

昔からの仲間とも話しをしました。
思い出話ではなく、今の話をいっぱい聞かせてもらい、今その人が
何を楽しんで、何を見聞きしているのかを感じ、以前とは違うその
人の考え方を楽しく聞かせてもらいました。
楽しく話す人の話は本当に楽しく聞けるものだなあと改めて感じま
した。

そして、久しぶりにお話させていただいた方に、「○○月○○日の
smilecoachさんのブログは参考になりました。いつもブログ楽しみ
にしています」とお声賭けいただきました。
これは、「読んでますよ」と言っていただくだけでもうれしいのに、
その方にとって何が良かったのか、自分のブログのどこを見てもら
っているのかなど、その人の関心事なども聞かせてもらったことで、
よりリアルに読んでくれている姿を想像することができ、いつも
以上にうれしく感じさせてもらいました。

その方の言葉から、私はすごく学ばせていただきました。
「伝えられた側も一緒にイメージを浮かばせることができるように
 伝えると、よりリアルな体験が伝わる」ということ。

体験の伝え方として学んでは居ても、ふと普段の会話となると意識
出来てないことも多々あります。
けれども、この人はその伝え方を自然にされているんだなと感じさ
せてもらいました。
その人の素敵な部分でもあるのでしょうが、良い部分は模倣から
始めてみたい私には、すぐにでも意識したい事となりました。

感想をいただくことの嬉しさも感じつつ、自分もそんな伝え方が
できるよう、早速今日から実践です。
素敵な機会をありがとうございました。

あなたは相手とのかかわりに関する感想をどう伝えていますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月04日

元気をもらいました

昨日は、ラジオのパーソナリティの日だったのですが、2組の
ゲストさん(総勢5名)と、一人のレポーターさんとの合計6名
と3時間のうちにお会いしてお話をさせていただきました。

それが、すっごく元気と学びをもらっちゃったんです。

一人目は、川を守る会の代表の方で、地域の川に親しんでもらう
ために、ウォーキング大会を主催されるのですが、川への思いや、
みんなに知って欲しいという熱意をすごく感じました。
そして、何より楽しく話して下さるんですよ。これが何とも嬉し
くなってしまって、時間があっという間に過ぎました。

そして、電話レポート。
「おはじき大会」の会場からだったのですが、昔やっていたおは
じきを思い出すだけではなく、おはじきのキラキラしたガラスの
美しさまで思い出されました。
すごく心和む時間でした。

最後のパワフルな4名のお客様。
音楽大好きな、PTA役員を通じて知り合ったお父さんお母さん達。
たまたま一人がバンドを組んでいて、その人のライブを観に行っ
た事をきっかけに、皆さんでバンドを結成。
今は5月6日・9日のステージのために、家事もこなしながら時間を
作り、週に2・3回もの練習を「楽しく」されているんだそうで
す。
非常に楽しそうで、しかも音楽だけでなく、その場やプロセス、
ステージでのお披露目など、多くの事を全て楽しんでいらっしゃ
るようで、聴いている私の方が、元気になってきてしまったほど
でした。

自分の好きな事を、仲間と共にできる喜び。
ラジオ局のスタッフも言ってましたが、「好きなだけでよいわけ
ではなく、他の色んな事も踏まえて楽しめないといけないよね」
という事を痛感させられました。

小さい頃から、「◎◎のための苦労なら買ってでもしろ!」と
言われたりしますが、実際に◎◎のための苦労さえも楽しめるよ
うになったときに、更に楽しさは増すのかなと思いました。

最初は、パーソナリティとして一人で話すことに少しだけ抵抗が
あった私も、コミュニケーションネタを話せたり、昨日のように
元気をくださる方々にお会いできる事が嬉しくて、今では楽しく
やっています。

そして、流れる音楽もBGMとしてではなく、非常に新しいジャンル
(私が今まで聞いた事がないだけですが)の曲も楽しみになって
きました。

昨日は本当に楽しんだので、これからもどんどん楽しめるように
したいし、どんどん聴いてほしいなって思いました。
これからもいろんな方々とであって行きたいな。

あなたは、今の瞬間を楽しんでいますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年03月25日

嫌な顔1つしない人

仕事が忙しくて大変でしょうに、話しを真剣に聴いてくれて、
アドバイスもくださった。

その方は、友達の先輩。
私が直接知り合いじゃなかったのにも関わらず、まるで自分の
後輩の話しを真剣に聞くように話しを聴いてくれました。
これぞネイティブコーチ!という方にお会いした気がしました。

私が聴きたいことがいっぱいあって、お話しを伺った。
そして、すごく突っ込んだことを伺ったんだけれど、包み隠さす
話しをしてくれました。
そこには、友達と先輩の信頼関係もあるのでしょうが、それにし
ても素晴らしいなと感じました。

私も結構、人は受け入れられるけれど、話しを聞くことが好きな
だけで、話題が豊富な方ではない。
けれど、友達もその先輩も、なんでそんな事まで知っているの?
という位、広い知識量。
だから、どこからでも話しが合うようで、二人の話しは聴いてい
るだけでも楽しい。
そして、話しが終わると、今度は真剣に私の相談したかったこと
に親身に聴いてくれる。

友達も含めて、すごいなあと感動してしまいました。

そんな事もあり、時間があっという間に過ぎてしまったのにも
関わらず、嫌な顔1つもしないで、話を聴いてくれた。
友達と、その先輩と分かれたあとに話しをしていたのは、
「昔から温和な人だけれど、なぜあんなに温和で居られるんだ
 ろう?」
という話しでもちきりでした。

以前は、すごく恐い上司だった事もあるそうです。
けれども、全くそんな人には見えません。
ニコニコと、話しをする。
しかも気遣いも素晴らしく、荷物が増えそうな私にさっと紙袋
を手渡してくれました。

私の目指す「あり方」がそこにありました。
またまた、この人のために私は何がしていけるのか?と思える人が
増えました。

昨日は、午前に前の職場の社長ともお話したのですが、
その方にもずっと「この人のために何ができるのか」と思って
きたし、今も思っている。

出会う人、出会う人に対して、よく思う事ではある。
けれどもまた、その人が1人増えた。

きっとこの方の場合、私がしていける事なんてないかもしれない。
けれども、きっと私にずっと影響を与える人になると思いました。

自分の求めるあり方が、目の前にはっきりと見えた瞬間でした。
私もそんな人である事ができるよう、自分磨きを続けていこうと
思います。
まずは、模倣から

あなたにとって、人生の「あり方」のモデルはどんな人ですか。

今日もワンクリックお願いします
人気blogランキングへ

2009年03月10日

またまた感動

昨夜は、私の好きな「参謀役」に対して、カンブリア宮殿が扱って
くださっていました。

なぜ私が好きなのか。
それは、私自身がその役割が合っているのではと自分で天職だと
思っていること、コーチとしての関わりも私の場合はある意味参謀
役としての関わりであること、人が輝いたり、組織が輝くことに、
貢献できるなら、自分が悪者になることも全く気にならなくなる事
などで、自分の強みを活かした関わりに似ている存在だからだと
思います。

だから、どうしても見たかった。
そして見たのですが、規模は違えど、非常に「そうそう!」と思う
事もあって、楽しくなってしまいました。

◆参謀役とは・・・
・決断はトップがする。自分は決断された事には全力で周りの人との
 パイプ役・調整役に徹する。
・トップを好きであり、お互いの信頼関係も深い
・トップが間違っていると思う時は、その信頼関係のもとで、企業や
 トップのために提案(トップはNOとも判断できる)する事もある。
そんな事が共通して伝えられていました。
経営者の影には、こうした信頼できる女房役がいるわけです。

現在、私は数社のトップの女房役もさせていただいています。
トップより前に出ず、完全に裏の存在。けれどもそれが非常に心地
よい。
私がやりたい事がここにあると感じていたのですが、昨日番組を見、
大きな会社に成長した参謀役の方の振る舞いを見て、また深く感動
をしました。

仮にコーチとしての関わりであっても、ずっとその会社の事を考え
てしまう。
何かあれば、情報を送ってしまう。
部下の表情や雰囲気も気になってしまう。

あああ、私が目指しているのはやっぱりここだったんだと何度も何
度も思うだけではなく、もっともっとお客様の事を知ろうとしても
いいんだなと、ストッパーが外れた気がしました。

本当にやりたい事がここにある。
それを改めて感じられた自分にも感動しました。

人に感動、自分にも感動。久しぶりの興奮をおぼえた時間でした。

あなたは、何かを体験したり、聞いたり見たりして、感動したり、
興奮する事ってどんな事ですか。
それは、どうしてそう感じたのでしょうね。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年02月20日

尊敬している身近な人

私は、すぐに人を信じる。すぐに尊敬する。
だから、尊敬する人ばかりで尊敬する人を大切にできてないな
と思う事も多々あります。

が、本当に近くに居る人は、一番忘れてしまいがちになります。
一昨日になりますが、義理の母が遊びに来てくれました。
近くに用があった時は必ずのように寄ってくれます。

そして、いっぱいお話を聞くのですが、考えてみたら母は、
紳士服売り場のトップ店員を長年していたり、ある健康食品の
販売で、隠れた優秀販売員だったりしています。
その話しを聴いていると、母の人柄がうかがい知れます。

近くに来たからって、私のところによってくれるのもそうですし、
その人の為にって、せっせと得意の料理をして振舞ったり、一回
お会いした方の事は忘れなかったり・・・。
そうした一つ一つの事が、お客様を喜ばせ、また母に会いたくな
ったり、お願いしたくなったりするのではないでしょうか。

その事に気付いてからは、毎回、私が居ない時の娘の様子が一番
の楽しみだった私の視点が変わり、母そのものに興味を持つよう
になりました。
そして、今まで以上に尊敬するようになりました。

よく嫁姑と世間では言われますが、相手に感謝したり、尊敬する
事を自分がしていれば、うまくいくんだなと感じました。

あなたはどうですか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年12月11日

親の姿勢を子供は見ている

今日は、ラジオの街角レポーターをさせてもらいました。
話していることは、デビューでチンプンカンプン。
けれど、その前に話しを聞かせていただいたインタビュー
の段階で目がウルウルになってしまいました。

実際のレポートが5分という事もあり、伝え切れなかった
事をこの場を借りて話したいと思います。

今日は、地域で異年齢保育(違う年齢の子供が同じクラス
にいるというクラス構成を持つ保育)をされている市立保育
園の園長先生に話しを伺いました。

実は、この保育園、私の娘の通う保育園でもあります。
待機児童が多いと都会で伺いますが、その事を考えても、この
園の先生達はいつもニコニコと、しかも年齢の違う園児達を
活き活きと個性豊かに見ていてくれます。
その原動力って何だろう?この異年齢保育をやっていてどん
なよさを感じていらっしゃるんだろう?と思って伺いました。

話しをしているうちに、よさばかりではなく、年齢別の発達
に応じた保育も併用されるご苦労や、国で決められた受け持ち
園児の人数が多いため、異年齢保育では年齢構成によって大変
なときもあるなどの課題も伺いました。

しかし、それでもなぜこんなに園児達は元気に、しかも先生達
も明るくいらっしゃるのでしょうか。
そう伺った時に園長先生はこう仰いました。
「もちろん先生達も努力はしていますけれど、家庭の力は大き
 いと思います。
 この園には長時間働かれるお母さんが多く、長時間保育を
 していますが、園児が強くて優しい子供さんが多いんです。
 これは、ご家庭で親がどのように接してあげているかが、
 大きく関わっていると思います。
 仕事の姿勢を見せる事、けれども子供も大切にしている事を
 しっかり態度で子供に示してあげているからこそ、子供達も
 精神的に安定しているのだと思います。
 子育ての両立では子供との関わりは『量より質』(ここの
 重要な部分を間違ってラジオで伝えてしまいました)だと
 つくづく感じています。
 親の姿勢を子供は見ていますので、その頑張っているお母さん
 達の支援を私達も精一杯させていただきたいと思います。」

すごく心のこもった、しかも核家族化が進み、両立にもがいて
いる親にとっては非常に温かい言葉に聴こえました。

 「異年齢保育は、兄弟の少なくなったお子さんが、この環境
  で、お兄ちゃんおねえちゃんになったり、弟妹になったり
  できます。だから、自然とおにいちゃんおねえちゃんに
  憧れたり、モデルにしたりします。
  それを子供も分かっていて、社会を学んでいっているよう
  に感じます」

異年齢保育ならではの言葉もいただけましたが、その前の言葉
が私には非常に温かいものだと感じました。
最後に先生が仰いました。
 「私達のためではなく、子供にとってどうなのか。子供に
  とってよいことはどんな事なのか。を常に考えていくよう
  先生達とはいつも意識し合っています」

どうしても自分達視線に立ってしまいますが、言葉は悪いですが
人の子供であるにも関わらず、子供の成長を親身になって考えて
下さる方々がいらっしゃるからこそ、私達は安心して働く事が
できるのだなと、しみじみ思いました。

そして、子供達がお兄ちゃんお姉ちゃんたちに憧れるように、
親を子供達はしっかり見ている、その姿勢を見ているんだなと
感じました。

前の職場の上司に言われた事を今でも覚えています。
私がもう一歩成長するためには何が必要だと思うかと上司に
聴いた時に、「smilecoachはスキル的には問題ない。勝手に成長
もしていくだろう。けれど、セクハラと取られては困るけれど、
子供を持て。きっと何かが変わると思う」と仰いました。

子供を持ち、確かに私は部下との関わりも変わったと思います。
そして、今日、姿勢という話しを聴いて涙が出そうになりました。
「どちらが大切ではなく、どちらも大切にしていこうとする姿勢
 が子供には伝わるんだな」と。
上司に言われた言葉がふと浮かんだのは、部下達が置かれている
状況を分かってあげろという事だったんだなと今思いました。
私が変わったのは、その事を無意識に感じたからなんだなと。

今日は、それを意識化できた日でもありました。
異年齢保育の事を聴きにいったのに、違ったことで感動し、全く
異年齢保育のよさを伝え切れなかったレポーターとしてはNGの
私でしたが、非常によいインタビューの時間をいただけた事には
感謝でした。

1月から、また色んな方々との出会いをするんでしょうね。
楽しみになってきました。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年11月25日

宮崎駿さんの言葉に感動(テレビ)

昨日、プロフェッショナルという番組の再放送がされていた。
その中で、数々のアニメを手がけていらっしゃる宮崎駿さん
が、いろんな事を仰っていました。
全ては覚えていないのですが、記憶に残っている言葉を
書かせていただきます。
===============
小さい頃から何をしても優秀でなかったから、自分の存在価値
さえ見出せずにいた。けれども、漫画と出会って初めて自分の
居場所を見つけた。
だから、その居場所を大切にしたくて、僕は人を楽しませる事
に夢中になる。
どうしてそんなに「人を楽しませる事」に拘るのかは、自分の
存在する意味がそこにあると思うからであって、もっと掘り下
げればどうしてかも分かるかもしれないけれど、それを掘り下
げようとは思わない。
それよりも、人を楽しませる事を考えることに時間を使いたい。

コンテを書いているときには、まだ結末が自分にも分からない。
書き進めていくうちに、その人物がリアリティを持ってきて、
あの子はこんな事しないだろうな。この子ならこうするだろう
なと、イメージが湧いてくるんです。
だから、僕の中では、書き終えた主人公達も、成長をしていって
いるんですよ。トトロのめいやさつきも、今頃20歳そこそこな
んだろうなと思いますよ。結婚した後は、想像もしたくないから
その辺までですけどね(笑)
===============

イメージを固定化しないで、どんどん想像を膨らませているなん
て、すごい脳の柔軟性をもった人なんだろうなと才能にびっくり。
そして、その主人公が生きている。どこかで生活していると思う
ほど、いろんな事を想像されているからこそ、あの映像がリアリ
ティを持つんだということを知りました。

私達も夢にリアリティを持ったら、きっとそのリアリティに近づ
こうとしていくんでしょうね。先を見ることって漠然とではなく、
映像を浮かべるようにと、コーチングでも言いますが、こういう
事なのかあと納得ができました。

また、自分を漠然とでも知っているから、ぶれずに自分を貫き通
せるのかなという事も感じました。
自分が大切にしたい思いを持っていて、それは幼少期に培われた
ものなのだろうと。けれど、お母さんの入院などで辛い思いも
されている。勝気な母親のイメージを、映像の中にいつも入れて
いるという母への思いも感じさせてもらいました。

「人間らしさ」をいっぱい感じ、また更に宮崎さんの作品が好き
になりました。

さて、私は何をしたいんだ?
ぶれないものをもっているのか?

スケールは大きかろうが小さかろうが、自分のやりたい事をもう
一度見つめてみたいと思います。

あなたはいかがですか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年10月06日

宣言したら実行する

宣言したら、実行する

当たり前の事なのかもしれないけれど、自分の言った事に責任
を持つという事でもあると思います。
これって、簡単な事なのでしょうか。

今朝も電話でのコーチの勉強会がありました。
仕事もされている方が多い中で、月曜日の朝6時から勉強会に
参加しようという非常に意欲のある方が揃っていらっしゃいま
す。
中にはお仕事の都合で参加できない方もいらっしゃると思いま
すが、今日はその宣言したことの実行力なのか、自分への責任
なのか分かりませんが、参加者への尊敬を感じました。

いつもそう思っているはずなのですが、特に今日はすごいなと
感じた事があったので、その尊敬を改めてしたんだと思います。

ある参加者がいつも1番に(電話会議システムなので場に入る
と表現させてもらいます)入ってくださいますが、今日は、
お声に元気がない。
あれ?と思って伺うと、お風邪のよう。
2番目に入られた方も喉が痛いのに入ってくださいました。
お二人とも辛そうなのに、早々に参加して下さった事が私は
すごいと感動しました。

そして、もう一人、淡々と入っていらっしゃったので気付けな
かったのですが、昨日、親が亡くなられて告別をすませたばか
りの方もご参加くださっていた。

思わず、少人数の参加者ではありますが、その参加意欲という
よりも責任感なのではないかと思うのですが、皆さんの宣言力
に尊敬の念をいだきました。

私自身も、参加者として参加する事はありますが、仕事の都合
で参加できない時以外は参加するようにしているのですが、そ
れでもこれほどまでに参加する事の意義を感じた事は今までな
かったかもしれません。

宣言したら実行する。
単純で簡単な事のように感じますが、実は「大きな事」なんだ
と痛感しました。

だからこそ、リーダーが「有言実行しているのかどうか」「信頼
を計るのは知行合一かどうかだ」と言われるんだろうと、改めて
考えさせられました。

朝からよい時間を過ごさせていただきました。
そして、私自身も気をつけていきたいと思いました。

あなたはいかがですか。
今日、あなたは何を宣言し、実行しますか。
日々の繰り返しもまた、その宣言がある事で意味を高めることも
できるのではないかと、ふと思うのでした。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年09月25日

伝えることはしっかり伝える

最近の一番の課題について、昨日は話す機会がありました。
その課題について、親身に会議をしてくれるという物でし
た。

その中で、非常に大きな事として、あったこと。
それは、色んな立場に立っての質問と意見でした。
非常に嬉しかったです。

その言葉を元にして、自分の中での整理が急速に始まり、
行動計画まで立てる事ができました。

伝える事はしっかり伝える。
そこにはただ伝えるだけではなく、私の感情を理解した上で
伝えてくださっていることが分かるからこそ、受け取れたの
だと思います。

そして、もう一つ感じた事は、信頼関係があると、感情を含
めて話しができるという事でした。
これがよいか悪いかは分かりませんが、少なからず昨日は
仕事ではないので、感情も含めて話す事で、他の人達も真剣
に聴いてくれたのだと感じました。

すごく素敵な方々に出会ったんだなと改めて感じて、涙は
出さないようにしていましたが、きっとバレテしまうほど、
声が詰まってしまいました。

本気の話しに対し、本気で伝えてくれたり、問いかけてくれ
たのは、正に信頼関係を更に深めることになったように感じ
ました。

こんな方が私には職場にも居ました。
上司です。弱みは見せたくなかった時も、仕事時間以外の
時間に聞いてくれました。
そして、私もその上司を見習って、同じ事をしていたように
思っています。
そして、この上司や仲間とは、今でもいろんなやりとりをさせて
いただいています。
本音を語り合った仲は、表面だけのつきあいだけでは終わらず、
会社と関わらなくなった後も続くものなのですね。

あなたは誰に本音で話しができますか。
あなたは誰の話しを本気で聴いてあげますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年09月09日

あっという間に時間は過ぎる

考え事をしている時間はあっという間に過ぎる。
しかも、何を考えていたのかさえ、頭に残ってなかったりする。
書く、話す。
一旦何かにあらわすことの重要性を認識する瞬間です。

さて、私がお世話になっている方は周りに溢れていますが、
その中で、素晴らしい取り組みをされている方をご紹介。

教員のための教員のセミナーを豊田市の先生が土曜日を
活用して実施されているのです。
板書の仕方、問いかけ方など、教員が知っておくべき基本や
更に企業様でご活躍された方のリーダーシップなど、色々な
人脈を活かして、講師を依頼したり、自分で教えたり。。。
しかも活動費はボランティア。

これってすごい事だと思います。
その方のすごいのは、このセミナーに自分の教え子が教師と
なって、教員の立場で学びに来ている点です。
その先生の子供への接し方がモデルとなり、教員となり、
そして、その教えを請いたくて、その場に集っている人も
多いのではないでしょうか。

吸い寄せられるように人を集める人には、周囲への奉仕の気
持ちや成長を願う気持ちがあるように感じます。
そして、その方とお付き合いをさせていただける事を、私は
すごく誇りに思います。

K先生、いつもありがとうございます。
偶然出会った日に、その関わりは決まっていたのかと今は
思います。
その先生の時間の使い方を垣間見てみたいものです。

あなたは今日、何をしましたか。
あなたの周りにはどんな人達がいますか。
(周りを認める事は、もしかしたら自分を認めてあげる事
 なのかもしれませんね)

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年08月02日

見てくれている人がいる安心感

定期的にブログを読んでくださっている方の中に、知っている
方も大勢いらっしゃいます。
これは、私にとっては非常に嬉しい事です。
いつも読んでくださってありがとうございます。

そして、そんな中、ある方から直接メールをいただきました。
「いつも○○なsmilecoachさんが、○○じゃない状態を珍しく
 拝見したので、参考になればと思い、体験談を・・・」
という内容でした。
その体験自体も非常に素晴らしく、また自分の思いと共通して
いる部分があったために、非常に共感でき、ありがたかったの
ですが、何より嬉しかったのは、「こうして見てくれている人
がいるって幸せだな。安心するな」と思えたんです。
メールをいただけた事、変化に対して伝えてくれたことが非常
に嬉しかったのでした。

人はどこかに「居てもいいんだ」「生きていていいんだ」と
思える場所を持っていると安心すると聞いた事がある。
まさに、この状態をいただいたんだと思います。
それも私のために投げてくれたメールである事が、一段と心に
沁みたのでした。

この方は、私のコーチング研修を受けて下さった方で、主催者
として何度も開催もしてくださいました。
結果的に、その方自体がコーチであると感じて、「社内でコー
チング研修をされてみてはいかがですか」とご提案をして、
何度もやってくださっています。

そんなコーチとしての関わりが、私にもしていただけているの
は、本当に講師冥利につきますが、それだけではなく、やはり
この方の人間性なんだとも感じました。

そして、コーチングの「認める事」や「率直に伝えること」の
大切さも感じました。

私も更に、皆さんにとっての安心の場を提供していける存在で
ありたいなと改めて思いました。

もしブログを見てくださっている方も、私ではなくても、周り
の人にでもよいので、ちょっとだけ安心させてあげられること
にトライしてみませんか。
もし普段からされている方は、どんどん続けてみませんか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年06月28日

学ぶ力がある人に歳は関係ない

昨日は、経営者や若きリーダーの方々に研修をさせていただき
ました。
皆さんが、熱心に聴いてくださいました。
次の瞬間には意識して使ってくれている人も中には居て、やは
りリーダーになるような人は姿勢がより前向きだなあと感じた
のでした。

その中に、昨日は盲目の方がいらっしゃいました。
その方は、年齢がお一人だけ離れているのですが、他の方と一緒
に参加をされていました。
こちらも、特別扱いはしないで、同じように参加していただき
ました。
これから、まだやりたい事がある。
と声を高らかにして、語られる様子は素敵でした。

その方に伝えて欲しいといわれたのは、点字の事でした。
盲目の方と名刺交換をされると皆さんが「点字表示がなくて
すみません」と謝られるのが、悲しいと。。。。

実は、盲目の方の中で点字を読める人は10人に1人しかいらっ
しゃらないそうです。
点字が氾濫してないので、読めなくても周りの協力で生活が
できるからだそうです。
だから、反対に気を遣われると、同情されているようでかな
しんだそうです。

初めて知りました。
これは少しでも多くの方に伝えようと思いました。

それ以外も「特別扱い」をされる事が嫌だと仰いました。
けれど、私としては、同じように学んでいただきたいから、
少しでも動作だけで伝える部分を言葉も添えて伝えていき
ました。
すると、一つずつに反応をしてくれて、きっと若いリーダー
の良いモデルであり、牽引力になっているように感じました。

若いリーダーの中にも、リーダー的存在の人は居て、その
人は皆さんから「さすが」と言われていました。
その方もやはり、前向きに取り組んでくださっていました。

本当に前向きな人ばかりの集団の中で、更に引っ張ってくれ
るような存在が居ると、全体がよい影響を受けているように
感じました。

毎回、研修をさせていただくと私もいろんな影響を受けると
思っていますが、今回は参加者同士の取り組み方が周りに
影響を与えるということを改めて感じました。

特に、盲目の方には、学ぶのに年齢は関係ない、障害は関係
ないと言う事を教えてくれました。
だからこそ、今、生涯学習とか言われるのかもしれませんね。

あなたはどう思いますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年06月23日

何でもいえる人

あなたには、何でも話せる人、何でも言える人って
いらっしゃいますか。

「何でも」がつくと、途端に居なくなる気がします。
ところが、昨日、ふと何でも言える人がいることに
気付きました。
お願いしたり、心の底からの愚痴を言ったり。。。

これが本当に信頼しているからそこ出来る事なんだ
ろうなと思いました。

そんな事に気付いてみると、私は他の人にそう思わ
れる存在なのだろうか?

周りに居る全員にとってそうであるのが、理想なのか
もしれませんが、自分の事を考えてみると、どうなの
だろうか。
これもまた鏡なのかもしれません。

私は、ネガティブな言葉を発するのは、自分では好き
ではありません。
だから、その言葉だけは、極力言わないように心がけ
ています。
なぜなら、相手を信じられないのではなく、不快にさ
せたくないから。。。

けれども、消化できない思いがある時に、率直に話せ
る人がいるということは、自分の心の浄化にも繋がっ
ているように感じました。

自分は周りにそんな存在でありえているのでしょうか。

コーチという職業もあるし、自分の「人に貢献する」
という思いからも、周りの人にとって、そんな存在に
なれるようになりたい。
多くは望めないとしたら、一人でも多くの方にとって
そうでありたい。

ふと思った昨日でした。

ちなみに昨日は、今日の事についてのお願いをしたの
ですが、本当は私が一人で何とかしなければならない
事のはずだったのですが、その事についている人に
率直に「お願いがある」と話せたことでした。
身勝手なお願いに、嫌な声一つ出さず、「いいよ」と
言ってくれた人に感謝しました。

自分もそんな気楽に物を頼まれる人にもなりたい。

よく全ては鏡のように起こるといわれるから、自分も
周りを信じて、いろんな事を話していきたいと思えま
した。

あなたはどう思いますか?

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年06月12日

組織のために声を発する

昨夜はある団体の会議に参加しました。
その組織のためになる意見が、活発にかわされました。

ちょっとした事でも、伝え合って欲しいという意図は
伝えられました。が、それ以上に活発にやりとりがさ
し感じたことや提案をいっぱいあげたのでした。

これはすごい!
何のためにやっていることなのか、この組織の活性化
に自分ができる役割を感じながら、発言ができました。

すごく面白かったです

今日もワンクリックお願いします・
人気blogランキングへ

2008年05月12日

○○○のある人

昨日は、栃木チャプターの月例勉強会でした。
昨日は外部講師。
日本コーチ協会の理事の方でした。

講師料も取らず、コーチングの普及と質の向上にという
思いで来て下さったのですが、内容は濃く、とても勉強
になりました。

その勉強会の前ですが、講師とともに昼食会を行いました。
このときも、講師自ら、場を作ってくれたり、その場に
居る人達に話しかけたりしてくださって、本当に提供力
のある人は、人を惹きつけるんだなあと思いました。

研修をできる人は世の中にごろごろいる。
けれど、その人自体に魅力があるか、提供できる内容は
どうかなど、差別化できる部分は多くある。

これは講師業に限らず、どんな仕事でもそうだと思います。
同じ仕事をしても、そこに居る人によって、仕事は変わる。
仕事内容が他と同じか、独特かによって、ニーズも変わる。

この人には○○○があるよね
この会社には○○○があるよね
と言われる事が、聞く人にとって興味あるものである事って
大切なんだと思いました。
それが、よい悪いという判断は人それぞれ。

テレビでもある人が言っていました。
「○○ない芸能人」と悪い印象で取り上げられたとしても、
そうやって目を向けてもらえること自体、注目されている
事には変わらない。
だから、それを活かしていけばいいんだ。

昨日の勉強会でもそういった話もありました。

この人には○○○があるよね
この会社には○○○があるよね

これは自分や会社が自分(自社)のブランドを作っていく
ようなもの
あなた(達)にはどんなブランドがありますか。

私もまだ探したばかり。
これをどう磨いていくかをまた考えていくのも楽しい。
あなたも一緒に探してみませんか。
今決めても変えていけるものですし。。。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年05月10日

一番近くに居たコーチ

脳の特性で、男性は「問題解決型」だとよく言われている。
だからというわけでもないけれど、自分のパートナーだったり
周りに居る男性の言葉というのは、実はとってもコーチらしい
アプローチをされる事もあるなと思いました。

特に、主人に至っては、散々一緒にいるようになって聴かれて
きた気がする。
いや、「聴く」ではなくて、「聞く」(つまり聞き流す)程度
だったとは思うけれど、問われた質問は数多く胸に残っている。

「それって何のためにやってるの?」
「それって本当に必要なわけ?」
「ほんとは何がしたいわけ?」
「誰がしたいわけ?」

怒りの感情と共にぶつけられる質問だったりすることもあった
り、質問の仕方がきつかったりして、素直に答えたことがあっ
たかと言われると、そうばかりではない。

けれど、この質問達は、当時自分の事になると自分に対して
問いかけたことのない質問でもあった。
だから、やたらと耳に残っている。

特に、育つ環境の中で、「自分の意志を持ってもやらせてもら
えないし、逆にしたくないことを無理矢理させられる」という
事が多かったために、自分のしたい事に鈍感になった方がよい
と思って大人になってしまったような気がしていた私には、
自分と向かい合うよい質問として、ずっと心に焼きついた。
そしてことある毎に思い出す質問となった。

私は結構、周りを優先させるのが自分らしいと思っている。
そして、そうする事で周りが笑顔になってくれたら、それが
私の喜びでもある。
だからこそ、自分を見失いそうになった時もあったけれど、
これらの質問が私を私らしく居させてくれたように思う。

そして、今は娘が面白い。
私の電話セッションの際、横で遊んでいる時がある。
そんな時に私の投げかけを聞いているのでしょう。
たまにどきっとする質問をしてくれる。

「それでお母さんはどうしたいの?」
「へえ、そうなんだあ。それでどうするの?」
マネなのかもしれないけれど、私にはすごく考えさせる質問
となっている。
家族は一番近くに居るコーチなのかもと思いました。

実際は「聴く」ことまではしてもらえないけれど、それでも
実際に考えるきっかけはくれている。
それだけでも、ちょっとしたコーチなんだと思う。

あなたの近くにいる人の問いかけで、「これは考えさせられた
なあ」と思う質問ってありませんか?
その質問、違う場面でも自分に問いかけてみると、結構考える
きっかけにもなると私は思います。
お試しあれ。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。