2009年11月30日

常に変化していくものだなあ

人って本質は変わらないと言われたりもしますが、成長もするし、
感情がコントロールできるようになるだけで、温和な対応になる。
どんどん人が変化しているように感じるときもある。

なのに・・・。

「あの人は○○な性格だから」と決め付けてしまう事ってあるな
と思いませんか。
昨日より今日、今日より明日で変化していく。いつまで経っても
全く変わらない人はいないと思うと、その時その時のその人に
興味が湧きます。

今日はいったいどんな成長をしているのか。
前回はこうなりたいって言っていたけれど、もっと高い部分まで
見えてきたんだなどなど、いろんな変化が見られるようになり
ます。
いっつも新鮮です。

これは以前から思えていたわけではなく、コーチになった時に、
周りの人と比べて、周りの人はすごいのに私は情けないなあって
つぶやいた私に自分のコーチが言ってくれたんです。
「人と比べてどうするの?
 過去の自分と比べて成長していれば、その自分を受け入れて
 あげることの方が価値がある。
 人は成長するんだから、どうしても気になるなら成長すれば
 いい」
と。私にとってはコーチングを始めたばかりの頃で、衝撃でした。
頭で分かってはいても、人と比べたらいつまで経っても上も下も
あるのかもしれない。ってことは結局自分次第なんだものな。
自分の尺度があって、成長していけたらそれでいいんだなって
心から思えました。

まあ、思えることと出来ることは違って、それ以降も人と比べる
事が全くないわけではありません。
けれども、周りの人と接する時に、相手を見る目は変化しました。
なれた人でも興味を持てる。

例えば、家族であってもいつでも新鮮です。
部下も「あの人はここまで」とは全く思いませんでした。今日の
成長はどこまでかな。今日はどんなあの人かなって楽しんでいた
ように感じます。

今の相手がどうなのか。
単純な事だけれど、変化している様子をみていると新しい発見も
続きます。

コーチとして、そして親として、そして一人の人として、周囲の
人達や自分の変化を他人と比べるのではなく感じ続けていきたい
です。


あなたの今日の変化は何ですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月29日

自分の感情のコントロールはどうするのか

一昨日昨日と栃木県産業振興センターにおいて、研修を行い
ました。
昨日は、午前が私、午後がメンタルヘルスのお話でした。
その午後の講師は専門の方がいらっしゃるので、お昼は午後
の講師の方とお話をしながら食事をする機会を頂きました。

その際にいくつか質問をさせていただいたのですが、その事
はコーチとしての私にも、そして企業のリーダーの方々にも
参考になるのではないかと思いますので、ここに載せさせて
いただきます。

まずは情報提供としてですが、カウンセリングというのは、
対面や電話などで行うのかと思っていたら思い込みで、
メールカウンセリングというものもあるのだそうです。
なかなか時間は取れないけれども、カウンセリングを受けて
みたい人は、「メールカウンセリング」などで検索をすると
見つかりますよというお話でした。
これは、ちょっと相談したいけれどと思っている方には朗報
なのかもと思い、情報提供です。

そして、重い話を聴いた後に共感してしまって重くなって
しまうことはないのか。もしあれば、それをどうコントロール
しているのかと伺いました。

回答は簡単でした。
まず、自分自身をよく知ること。
 相手のために話を聴いているのかもしれないけれど、
 自分も人間ですから、反応してしまう事があります。
 自分が何に反応しているかなど、相手だけでなく、
 それに関わる自分にも目を向ける事は大切だよという
 お話でした。
 確かに、コーチもしていますし、コーチもコーチをつけて
 います。そして自分と対話をする時間を作っています。
 こういう事が、「同化」しすぎないためには大切なんですね。
 仮に共感しても同化しないために大切な事だそうです。

 リーダーの方々も日々の忙しさで自分と対話する時間を
 見つけられずに居ませんか。
 カウンセリングでもコーチングでも、自分自身でも自分
 と見つめ合う時間も作ることが大切なんですね。

そして、受けてしまった感情をどうコントロールするか。
 今上記で話したことが出来てれば、自ずとコントロールは
 しやすくなるそうです。内観だけでも十分になるようです。
 が、難しい場合は、ストレスの発散方法を見つけておくこと。
 それが見つかってない時や、それでも処理できないときは、
 話して共感してもらう事が一番だそうです。
 ただただ聴いてもらうだけで、心は落ち着いてくるのだ
 そうです。

 何が原因かを探る方法もまたあるそうです。
 どうしてこの感情が起こったのかの原因を探っていくうちに
 おちつく人もいるのだとか。

 感情のコントロールに関しては、そのレベルや個人差がある
 ので一概にはいえないけれど、簡単なのは予防のためにも
 自分と向き合う時間を作って、自分が何に反応するのかなど
 ストレスについても自分を日頃から観察しておくことだそう
 です。
 そして、起こった感情は既に抱いたものなので、否定せず、
 受け入れる事からですと仰いました。

EQでも、まずその時の感情を受け入れることから始まります。
感情は無意識が反応しているんだから、意識して後から考え
たとしても、捉え方を変えられるだけで感情自体を遡って変え
る事はできない。

自分の感情がどんなときに高ぶり、どんな時に怒りを覚え、
どんな時にどんな感情を生むのか。これらは全てその時の
感情を素直に受け入れるところから始まっている。

常に冷静に語ってくれたその方が、どんな時に感情を高ぶらせ
るのかすごく興味が湧いていた私。
私の場合、「人」に興味が湧くとウキウキするんだなと感じ
ました。

ちょっと振り返ったり、納得したり、楽しい時間だったので、
その時の話を話させてもらいました。


「あなたの今の気持ちはどんなお気持ちですか」


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ


2009年11月25日

自分の中の自分と仲良く付き合う

先日の研修の中であった内容です。
自分の中には、無意識に多くの考えを持つ自分が存在している。
その自分が喧嘩や言いあいをしている時は、なかなか「こうし
たい」けれど「行動ができない」状態に自分で自分を抑制して
しまっている事があるというのです。

その抑制しているものを排除しようというよりも、抑制してい
るもの同士がどうしたら仲良くやっていけるかを考えていくと
よいという事の考え方がありました。

つまりどの自分も自分なのだから、「止める」というのは、非常
に労力がかかるし、無意識なので、自分では気付けないことも
ある。
けれども、仲良くやるのならば、どの自分も受け入れてあげる
考え方なので、できるよね!という発想だと思う。

理屈では分かってもなかなかどうしたらよいかは難しい。
けれども、自分の中のいろんな考え方の自分を受け入れるって
楽しそう。

なぜこの話しなのか。
自分の中の自分なのに、ちょっとおかしいときがある。
「相手のためだから言おう」と頑張って伝えるフィードバック。
けれどももう一人の自分が「そこまで言っていいの?伝えられ
た側がどう思うの?」とささやく。
そうすると、言った後に「伝えられた事に相手がよくなって
くれるならよかった」と思う自分と「苦しそうだから、可哀想」
なんて相手の反応から見る私もいる。
両方自分。

そんな時「相手のためになったね」「そうだね、でも辛そうだ
から、これからも一緒に支えてあげようね」「そうだね、それ
が本当に相手のためになることだよね」なんて自分の言葉を
変えられたら、すごく楽になる。

自分の中の自分の融合を自分でさせる感覚。

こうして少し楽になることができた。
けれども、自分の中で自分の他の気持ちが戦ってしまう事って
私だけじゃないと思います。
自分の中の別の自分とも仲良く付き合いたいものですね。
全て私なんですから。

ふと、コーチングで相手にきついことを言ってしまって気に
している自分がいたので、研修の報告もかねて、話をしまし
た。
何か皆さんのお役に立てれば・・・。


あなたは、自分の中の自分の声、いくつもありませんか。
あるなら、なんていっていますか。
どんな言葉に変えたら仲良くなれそうですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月21日

常に学び続けます

今日は、日本コーチ協会が開催するコーチの祭典、コーチ大会。
全国から、コーチたちが集まります。

噂によると、コーチ大会という毎年定例で行う大会は今年が最後
らしい。今後は不定期に行われるのだろうか?

それは分かりませんが、毎年楽しみにしていました。
国際的なコーチングについての基調講演が行われ、分科会で更に
今のコーチングを学びあう。

今年は、海外からのお客様による基調講演ではないこと、コーチ
ではなく、コーチングを導入されている企業のトップの基調講演。
いつもとは違う視点での学びがあることでしょう。

そして、午後の分科会は4つも分科会に参加できるそうです。
この4つをどう学ぶのか、すごく楽しみでもあります。

昨日は、しっかり早めに眠ったので、今日は楽しもうと思います。
常に学び続け、成長し続けようとするコーチが集まる大会。
この空間にいられるだけでもまた学びになるし、すごくエネルギー
を感じることができます。
楽しい学びの時間を、じっくり過ごしてきます。

毎年ながら、今日もサポーターで受付か誘導を行うことを手伝い
ます。全国から集まる方々をウェルカムするサポーター。
物好きだといわれそうですが、これで5年連続ですね。
5年間、ウェルカムしていて感じるのは、普段からコーチとして
コミュニケーションを大切にしている方も見えちゃう(笑)

これもまた毎回、自分だけの楽しみでもあります。
アイコンタクトや反応をして下さる方と、まったく見向きもされ
ない方。まあ、コーチの集いなので、全員に挨拶していたら大変
だもの、サポーターに挨拶をして下さる方の方が珍しい。
だからこそ、挨拶を目だけでもして下さる方が目立つんですよね。
それが楽しみ。

今日はまた、その隠れた楽しみも感じながら、行ってきます。
そして、いっぱい学んで、コーチングや研修で還元できるように
しっかり身につけたいと思います。


あなたは、今日何をしますか。
あなたが続けている事って何ですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月16日

自分が自分を創る

今は、言われることが少なくなりましたが、私は目立つ事が
苦手で、縁の下の力持ちが大好きという事もあり、見た目に
地味な格好をする事が非常に多かったです。
今も、普段は目立つ格好もしません。
ですから、「地味だね」といわれる事が多かったです。

最近は、場所を考えた上で少し白やピンク、青を身につける
ようになりました。
そのためか「地味」といわれる事は減りました。

そう考えると、見た目だけでも「どう見られたいか」を意識
するだけで自分が変えられます。
そして、内面と食い違いすぎると、コーチ仲間には指摘され
ます。「似合ってない」と。

こうして言われることは実は大変貴重なことで、今は洋服を
取り上げて言いましたが、目標設定なども同じです。

ある友達が言いました。
「私はこれから○○をしたい。そして社会に貢献していきたい」
社会に貢献するところは私も考える事はある。
けれども、○○の部分が、すごくスケールが違うんです。
その違いは、その友達がいわゆる成功者と言われる方なので、
○○まで出来るというイメージが簡単にできるのです。

けれども、そうした世界を体験したことのない私には、全く
大きな目標です。
けれども、一緒にやろうといわれたときはできる気がしてい
ました。なぜなら、「限界は自分で作ってしまうものだから、
やろうと思えばやれないことはない」と思えるからです。
しかし、この話しは、事情があって少し距離を置く事になっ
てしまったのですが、その友達なら必ずやってくれると思い
ます。

別の例でも、「あなたは優しい人」といわれると、優しい人
で居ようとしたり、おしゃれと言われれば、おしゃれを意識
したり、周囲の影響も含めて、自分でそういった人になろう
とすれば、自然とそんな人になっている。

自分が想像したところまでしか人は到達しようとしないだ
ろうし、想像したとおりの自分になろうとするのだと感じ
ます。

とは言え、どうすれば経験したことのない事を想像できるのか。

私が書道を学んでいたときに先生や父親に良く言われました。
良い作品をいっぱい見ろ!と。
これもまた、自分の限界を高める事になっていたように感じ
ます。
先輩方の話を今も含め、熱心に聴いたりします。
自分の思いを伝えて、上方修正してもらったりもします。

周囲からイメージを膨らませる事ができるのです。
もちろんマネではなく、独自性があれば更に素敵かもしれま
せんね。

私はこれから自分で創ったイメージ。
「元気な人・笑顔で輝く人を一人でも多く増やしていくため
 に、コーチングと講師とでより多くの人と接していきたい。
 そして、出会った人と共に喜びを分かち合って生きたい」
今は、それができそうな気がする。

自分が自分を創る。
あなたはあなたが創る。

一人で出来るものではないけれど、創造したように形作られる。
だとしたら、あなたは今、自分をどのように作っていますか。
そしてこれからどのような自分を創っていきますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月11日

どうして反応しているんだろう?

昨日は、いろんなことがありました。
いろんな感想を聞かせてもらえたのです。

すごく有難いことも伝えてもらって嬉しい思いもしました。
けれども、嬉しい言葉に「私の関わりはなくても出来そう」
と言う見通し的発言もありました。

私は正直嬉しかったです。
なぜなら、居なくても良い、自分達でできる!と思って
いただけることが一番自分が良いかかわりを出来ている
時だと感じているからです。
嬉しかったです。

その反面、なぜだか寂しさもありました。
それは仕事としてではない個人としての私の気持ちなの
でしょう。
その気持ちは、「あらら、私自体はさびしいのね。仕事
としては最高なのに、不思議だね」と自分に問いかけて
完了したのでした。

ところが、一人の方が「成果が分からない」と仰ったの
です。変化は感じるけれど、成果は感じないと仰るので
す。

ん?

つい反応して、どういう事なのか必死に聞こうとしてい
る私が居ました。
どうしてこんなに反応しているんだろう?
そう感じながらも、無意識の自分が聴きたがって聴いて
いました。

結局は、劇的な成果を期待していたけれど、劇的ではな
くゆっくりとジワジワなのがもどかしいという事がいい
たいようでした。
その言葉を聴いて、やっと安心した私だったのでした。
なぜ、安心したのだろうか?

結局のところ、私の無意識が反応してしまっていて、
自分が思うところじゃない行動を勝手にしていました。

後から考えたものは、私の解釈に過ぎないのですが、
きっと「成果が出ている」と自分で思っていたのでしょう。
それが違うのかな?って気になって必死に聴いてしまっ
たのでしょう。

そして、最初の反応とをあわせて考えると、「良い関わり
をもてている私」と思っていたいのでしょう。
反面、「私の影響もある」と心のどこかで思って欲しいの
でしょう。
私ってば、なんて奴なんだろうと思いながらも、それが私
自身なんだなと感じざるを得ませんでした。

表面的な思いと、内面的な思いが一致している時というの
は、反応の赴くままに出来ている時なのでしょうね。
けれども、良い関わりをし続けたいのも私で、表面なわけ
ではなく、今回の場合は自分の赴くままだったのが分かる。

仕事では、きっと表面的な思いとそうでない感じ方が一致
しないときもあると思う。
そんな時の心への問いかけをすると落ち着く自分がいる。

「私はこの人とどう関わりたいの?」

私の場合でしかないのかもしれないけれど、私にはこの
問いかけが自分の心をコントロールするんだと、最近
気付いた。

感じることと、思うこと・考える事が必ずしも一致する
わけではない。
NLP的考えかもしれないけれど、最近そんな事を良く思う
私でした。


あなたは、その人とどのように関わりたいですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月08日

垣根は自分が作っているのかも

昨日はコーチになりたい人勝ちが多く達成できればいいか
お互いに考えながら、安全な場であることをお話している
のが有効的でした。

あなたは、今、何に輝いていますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年11月02日

自分が見えた日

先週、研修がずっとありました
その時に、どこに行っても、先生として扱ってくれるのが
どうもくすぐったい。
講師控え室ってあるのですが、一人で居るのがさびしいから、
ついついスタッフの居る所に居たり、研修会場に早めに座っ
ていたりしました。

人と会うのが好き。
人と接しているのが好き。
先生扱いされるのは苦手。

そんな自分が良く見えた週でした。
「先生と呼ばないで」と言って、研修以外の時間はずっと
名前で呼んで頂いたりしていると落ち着くんです。その場
の一人である気になって、研修も落ち着いてできる事が、
先週は良く分かりました。

「先生じゃなくて、小林さんですね」と仰って言い直して
下さった担当の方もいらっしゃって、その時にふと落ち着
く自分を感じたのでした。

私は、きっと先生ではなく、スタッフと参加者と私の輪の
中の一人で居たいんだなと感じました。
そして、それを感じた時に私らしい研修ができるのだなと。

こう考えると、目線が同じであるコーチの仕事が私には
天職なのだなと感じました。
研修もコーチとして行っているのだなと。

そんな自分を客観的に感じられたことで、これからの研修
でどうすれば自分らしい自分で居られるかがはっきりしま
した。

自分を知ることは、自分らしく居ることでもあるんだなと
思います。


あなたは自分の事をどのくらい知っていますか。


今日もワンクリックおねがいします。
人気blogランキングへ

2009年11月01日

弛緩と緊張

昨日までの楽しい時間でもあり、緊張の時間でもあった1週間。
今日の家族との楽しいリラックス時間があるから、緊張が
続けられる。

どちらの時間も大切。

今日は朝からの時間もゆっくりしていましたが、午後もゆっく
りします。
この時間が、次の緊張の時間のエネルギーを貯める。

どちらかだけでは、そのうち何も感じなくなってしまうのかも
しれない。
だからこそ、どちらも大切。

そう考えると、全て両面があるからこそ楽しいのかなと思う。

どちらも楽しい。
その一方だけではないからこそ、どちらも楽しいと思えるのかな。


あなたはどう思いますか


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年10月22日

カウンセリングと共通するもの

昨日はカウンセリング講座を受講してきました。
精神科の医師がカウンセリングの教授になられて、その方の
講座だったのですが、2回目の講座でした。

その中で印象に残った事が二つありました。
それは、コーチングの時にも意識しようと思ったことでした。

一つ目は、「感情の反射」というものです。
コーチングでは、相手が口にしていなくても、感じ取った事を
口にするのはフィードバックとも言いますが、特にカウンセリ
ングの際は感情を感じ取ったら、それをそのまま「お辛いです
ね」「腹が立ったんですね」など鏡の反射のように感情を返し
てあげるのだそうです。

決め付けないコーチがするとしたら「私には〜と感じます」と
返すのかもしれませんが、受け入れられない人もいる可能性も
あるので、相手によって有効かなと感じました。

二つ目が、「心を真っ白な状態にして聴くのは危険」という事。
よく「心を真っ白にして」と言うらしいですが、コーチにも感情
や捉え方はあるので、自分の感情や捉え方に無頓着になろうと
しすぎると、結果として相手の感情や捉え方にも無頓着になって
しまうという話でした。

経験によって、感情のコントロールというよりも、耐性ができて
いくので、多少の事では感情が揺さぶられる事はなくなるのだが、
まったく白紙になっているという事はない。
だから、自分の中の声も受け入れてあげる事が大切。
この二つ目は、納得でした。

他にも学んだのですが、大切にしていきたい部分として二つを
取り上げました。


あなたは誰かと話すとき、自分の中の声にも耳を傾けていますか。
きっと自分の考え方も見つかるし、人を知ることで自分を知る
チャンスにもなると私は思います。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年10月07日

人の気持ちは一つじゃない

午前中は、オープンカレッジの「カウンセリング」の2回講座に
参加しました。
今日は、その第1回目。

正直言って、う〜ん、思ってたものとは大きく違っていた。
けれども、参加者に驚かされる。
それは、高齢者が多かった事。若い人も混じってはいるが、
「生涯教育」とは良く言ったものです。まさにいくつになって
も学び、活かしていこうという思いが伝わってきて、圧倒され
ました。

そして、今日のカウンセリング講座の中で、ヒットしたこと。

その人の気持ちを感じることが共感だけれども、
 その人と全く同じ感情になるのは不可能であろう。
 だとすると、その人をより知ろうと環境なども含め真剣に
 聴いて、教えてもらい、その体験を自分もしているかのよ
 うに感じることが大切。

しかし、厄介なのは「気持ち」です。
これは、正直言ってその時の気持ちって一つじゃない。
例え9:1などで9しか見えなくても、1の気持ちもある事
を見落としてはいけない。
この1を見落とす事で、相手の本心がつかめなかったり、無
理に認めさせてしまう事にもなりかねない。

そして、その「聴く側」の人にもそうしたいくつかの気持ち
があるという事を忘れてはいけない。
「その人を受け入れよう」と思っても理不尽な話であれば、
どこかに「それは駄目でしょう」って思う気持ちだってある
としたら、その気持ちを放っておくことは危険です。
だから、カウンセラーにもスーパーバイザーと言ってカウン
セラーの気持ちを聴く立場の人も居るんですよ。

そんな話がされました。
気持ちは一つじゃない。
聴く側にもいくつかも気持ちがある。
それらを放っておいてはいけない。それ自身も受け入れて
あげることなんだ。という話がコーチとしての自分にも響き
ました。

私自身、自分の1割の気持ちに蓋をして、後から暴走すること
もたまにあります。
その前に自分の抑えていた気持ちに気付くと暴走は抑えられ
るのに、気付かずに暴走することがあります。
そうなるととばっちりを受けるのは家族。

それはそれで受け止めてくれる場所があるだけ恵まれている
のでしょうが、できるだけこの1割の気持ちに気付けてあげ
られたらと思います。

最近のメンターコーチとのセッションの中でも、私の感情の
未完了(1割の気持ち)を扱ってもらいました。
それは自分で1割があるのは気付いたのですが、その1割を
どう消化していいか分からなかったので、少し感情を吐き
出してすっきりしました。
すると、また前に向かう、いつもの前向きな私に自然になっ
ていました。

気持ちは一つじゃない。
周囲の人の感情が一つでないことには気付けているつもり
だったけれど、これももしかしたらもっとあるのかもって
思うだけで、視点が増えるのかなあと思いました。

次回が実践だと思うので、次回を楽しみにしながら、また
学んだ事の報告をします。

あなたの今の気持ち、いくつもあるとしたら、どんな気持ち
達ですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年10月03日

相手を信じるために・・・

信じる!
すごくシンプルな言葉だけれど、結構難しいなと思ったことが
何度かあります。

私は中学1年生の時に、とあるグループに嘘をつかれました。
4人の子が口を揃えて言うから私だけが「信じて」対応してい
ました。
けれども、3ヶ月以上過ぎた頃でした。学校の放課後の廊下で
「嘘だよ、ばあか!人のこと信じすぎるんだよ」と4人に囲ま
れて、笑われました。
その時の事は、今はやっと良い経験として語れるようになりま
した。(6年前までは、お恥ずかしながら、どこかで人を信じ
きってはいけないと思っていたのかもしれません。とは言え
信じてないわけではないのですが)

そんな経験から私が人を信じられなくなったのは2年間くらい
でした。常に周りに人は居てくれたとしても、いつも一人の
ような気分でした。信じられないって辛い事なんだと体験しま
した。
そして、2年が経ち、高校へ入学すると同時に孤独な自分と決別
したいと思って、また人を信じてみようと思いました。
けれども、いざとなると「裏切られる事が怖い」んです。

結局、信じられないのは裏切られる事が怖いからなんだと知り
ました。
それから、何度となく、人を信じ、裏切られ、また信じ、裏ぎ
られを繰り返していたように感じます。
そしてどんどん裏切られる事が怖くなくなってきていた。

明確ではないけれど、やっと6年ほど前に、人を信じる事が全く
怖くなっていました。
その時に思ったのは、「裏切られる」って別に相手が約束して
くれたわけではないことでも自分は「裏切られる」って勝手に
思っていたなって事でした。
勝手に自分を被害者にする事で、更に自分を守っていたのかも
って思ったんです。
相手は裏切っているつもりはないかもしれないものね。

色々考えてみると、私は「言葉を信じる」事と「その人を信じ
る」事を混同していたのかもしれない。そう思ったんです。

その人自体は動かしようのない存在ですし、相手の事を信じる
と、信じた内容に違和感やずれが生じている事がある。これは
相手に聞かないと相手も気付いてないかもしれないので、相手
に聴けばいい。

言葉を信じてしまうと、一つ一つに矛盾があった時に「本当は
どれ?」って本物探しや間違い探しが始まる。この時点でその
人を信じられなくなってしまう。

相手を信じるためには、相手自身に興味を持つ事から始まるん
だなと改めて感じました。そして裏切られるかもしれない事を
恐れないこと。

昨日、「なぜそんなに人を信じ切れるんですか」と聴かれて、
自分の体験や考えを話したらブログに書いて欲しいとリクエス
トされたので、ここに書かせてもらいました。


あなたは相手を信じられるとき、相手の何を信じていますか。



今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年09月19日

有言実行で休暇の一日

今日は、朝から家族デーでした。というよりはこのシルバーWEEKは
結果的にそうなりそうです。
実家に行き来したりが前半続き、夜は自分の夢を考える時間。

朝早くにブログをアップする予定が、散歩に行っていたら忘れて
しまいました。良い意味で頭が真っ白にできた散歩だったのだと
思います。

また夜になったら、自分の夢や目標についてまた考えてみたいと
思っています。
こうした時に、コーチングで培った「マイルストン」の考え方は
非常に役に立ちます。

私は、自分一人で考えられるように、今まで夢を考えてきた際に
コーチがしてくれた質問や、自分でクライアントさんにしている
質問を表にしています。

その表の質問に答えると、次は図にしていきます。
この際に「マイルストン」と言って、目標までの通過点を設定
するのです。

例えば、「1年後こうなっている」と言うゴールをすごく具体的に
設定します。
具体的というのは、数値化できたり、これができてればOkだった
り、ゴールテープを切ったことがわかるように設定するのです。
(最初の頃はこれがまず難解だったし、今も時に迷う)
そのゴールの一年間に3ヶ月ごとに順調に通過するとこれ位は
達成するという中間ゴールを設定するんです。(時に1ヶ月ごと
の事もあります)
この中間ゴールが、軌道修正するのにすごく効果があるのと、
1年後の夢がかなり無茶だと思っていても、1ヶ月にすると数値が
身近に感じたりして、意外にすんなりゴールに迎えそうな気に
なる事もある。
で、そのゴールに対して何をすればいいのかを更に設定する。

前提となるいろんな考えはあるんだけれど、最後の最後でこの
マイルストンの図を自分で作ると、非常にシンプルに頭の中が
整理できた気になる。

有言実行で「エネルギーチャージ」と「感謝を形にする日」を
実行できたので、今日の夜も実行です。

皆さんはどうお過ごしでしょうか。

もしも「マイルストン」の考え方が参考になれば、お試しあれ。
分からなければ、メール下さい。個別にご連絡します。


では、よい週末を。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年09月18日

休日の過ごし方

昨日、渡邉美樹会長のブログを拝見していたら、休日は
休んでもいいけれど、心まで休ませないようにという言葉
がありました。

夢を達成するために仕事をしているとしたら、休暇は心を
元気にする時間であった方が良いと書かれていました。

結局、「仕事=疲れるもの」ではないということが前提に
あるように感じます。「仕事=夢を実現させるためのもの」
「仕事=ありがとうをもらえる場」という事を渡邉会長は
仰っているようです。

前提が違うと全く違う休みになりそうですね。

仕事について、「志事(しごと)」何だなあとふと漢字を
変えてみました。
「志」なんだ。あり方や夢を形にする事が仕事なのかなと
思うと、仕事好きな私はまたまた働くのが楽しくなってし
まいそうです。

そもそも私がなぜ仕事好きなのか。
それは、「志事」であること。人のために私ができる事は
まだまだ小さいだろうけれど、頼ってくれる人のために
何かできる事が嬉しかったり、私の元気が周りの人の元気
に変わるようになればと考えたり。周りの人の役に立てる
事が嬉しいだけ。
ありがとうの言葉はあれば、それは嬉しいけれど、無くて
も私の場合はしているんだろうなと思う。

だから休みの日はそれを支えてくれる家族時間が大切で
あったり、次の元気放出のエネルギーチャージであったり
している。

明日からシルバーウィークといわれる秋の連休です。
私は娘と二人なので、実家に行ったり、子供と竹馬に乗っ
て遊んだり、家族と楽しむ時間にしたいです。
そして、夜は来週からの準備かな。

明日からの時間をあなたはどう過ごしますか。
また、あなたにとっての「志事」はなんですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年08月30日

究極のあなたの目的は何ですか

昨日は、日本にコーチングを広めた第1人者である伊藤守氏の
研修に参加しました。
参加された人は、クラスコーチと言ってコーチを育成するコーチ
の中の一部の方々。

聴く方のレベルは非常に高いのに、さらに伊藤さんはすごくて、
自分などまだまだ浅いなと思わされる程の知識量でした。
けれども、1日の研修はあっという間に過ぎていく。
なぜなら、聴くだけのセミナーではなく参加しているから。
いつ問いかけられるか分からないから、必死にも聴きますし。

さて、その中で最初に問いかけられたのは「あなたの目的は
何ですか?」
私の目的?何を聴きたいんだろう?何を話せばいいんだろう?
何の目的?頭の中がぐるぐるしながら、他の人にも聴いていた。

そして最後に行き着いたのは、「よりよく生きていくこと」

確かに体も、暑いと体を守るために汗がでたり、怪我をすると
脳に信号を送ってその部分をかばうようになったりする。
体は生きることに同意しているんだという話しもあった。

体が生きることにコミットしているのに、脳で生きるために
必要な目標でない事をしようとすれば、それは生きることを
阻害したり、違和感が残る。
究極の目的は「生きること」なんだ。と仰っていました。

脳は、堅い殻に覆われた中にいるから、外からの刺激(運動や
動くこと)によってしか、反応できない。
だから、「楽しいから笑う」のではなく「笑うから楽しい」と
いうお話もありました。進化生物学に基づく考え方だそうです。

生きることを実感するのは難しい。
だって普通に生きている自分達が、生きているって素晴らしい
と日々思っているのか。
手が動く、歩ける、笑える。全て生きているからできること。
でも、この生きていることを実感できる人というのがいる。
それは、「高いアクティビティ」と「ご機嫌」で居る人達です。
つまり、動いていて、脳に良い問いかけをし続けている人だと
言うのです。

良い問いかけとは「生きる方法について考える人」であり、
「死なない方法について考える人」ではない。

しかし大半の人が、こうした問いかけよりも「これでいいのか?」
「間違ってないか?」など自分の不安をかきたてたり、信じる
事ができないような問いかけをする。

コーチというのは、「生きる方法について問いかける人」で
あると仰いました。

これらの言葉は、1日の半分を費やして伝えられ、多くの事例を
もって伝えられたので、心に大きく刻まれました。

究極の目的は「よりよく生きること」
そして、コーチはそのために質の良い問いかけをする人

私達の仕事の誇りを持てるような言葉でしたし、それを実践で
きる気分で居たいと強く思いました。

生きていることを周囲に感じてもらうために簡単に(?)できる事。
それは、アクノリッジ(認めること)
認める中でも存在を認める事が大切。存在を認めるためには、
その人に関心を持つこと。
まだまだ深堀は続きます。
けれども、きっと社会で生きている以上、この「生きるため」の
問いかけやみとめる事は、お互いがし合っていくのが理想なのか
もと感じました。

哲学っぽい話しまでたどり着いていった日でしたが、あなたが
より良く生きていくために私達はかかわります。
このことがコミットできる事が、非常に嬉しかったし、半端な
気持ちでは出来ないことも痛感しました。

あなたを始めとして、一人でも多くの方に、コーチングの問い
かけを味わってほしい。あなたがよりよく生きるために・・・。


あなたは目的を達成していますか。
より良く生きるためにコーチをつけるとしたら、どんなコーチ
をつけたいですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年08月17日

人間力のレベルを上げるには

昨日はコーチの勉強会がありました。
その中で、人間力には3つの分類と3つのレベルがあると
いうお話しがありました。

分類とレベルについてですが、
1.人への興味関心のレベル
  1)家族に対してはもう知っていると思っている
  2)人の好き嫌いがあり、嫌いな人には興味がない
  3)誰に対しても相手を知りたいと思える
2.自分の強みの使い方
  1)自分の事に意識が向いている
  2)好きな人のためだけに強みを使う
  3)周囲の人のためや自分のために強みを使う
3.周囲の人との関わり
  1)自分のためにだけお金を使う
  2)自分のチームや地域がうまくいくことを考える
  3)自分も相手も世界の一部だと考えて、お金さえも使える
というように分かれていました。
言葉が端折ってあるので伝わりにくいかもしれませんが、上記が
シェアあれたレベル。
ただし、思いだけではなく、行動しているかどうかで見ることが
大切だそうです。

人間力をあげたいという話しをたまに耳にしますが、これだけ
明確に「人間力はこれだ!」と伝えられたのは初めてでした。

けれど、こうなっていると、レベルを上げるのはどうするのか
分かりやすくなるように感じます。
自分であげる事が大変なときにはコーチと話をして見つけ出す。
昨日はそのトレーニングもありました。

人間力を上げるには、まず領域と段階を知ることも大きな指標
になるんだなと感じました。
有意義な一日でした。


あなたの人間力はそれぞれの領域(分類)でどのレベルですか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年08月01日

やるべきことに追われると・・・

忙しいという字は「心を亡くす」と書く。
ふとそんな事を思い出しました。

やらなくちゃ!に追われてしまうと、なかなか平静ではなられなく
なることが多い。

今回も体調不良で寝てしまったので、その際にやりたかったことが
一向に進んでおらず、寝る事にも集中できない状態になってくる。
体が休んでも、気がかりがあるために心が休まらないのです。

結局、無理して動いて、また昨日は悪化して寝ていました。
自分が自分に負荷をかけてしまうことで、自分に跳ね返る。
結局自分に返るのであれば、体調が回復してからにすればよい。

これも今回学んだ事でした。

結局、やるべきことも再スケジューリングをして、何とか後ろ倒し
にはなってしまったのですが、終わる目処がつきました。
やっと心を取り戻した感覚があります。

しっかり心を見失わず、対応できるようにこれからも日々、やり
たいことの管理も含めて、スケジューリングをしていこうと重い
ます。


あなたは何を優先sてスケジューリングをしていますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月22日

たかがコーチ、されどコーチ

昨日は、改めてコーチって誇りを持てる職業なんだと感じました。

自分に甘いコーチは相手にもあまくなる。という事もコーチと
話したのもありますが、良い影響を与えられる人でもあるんだな
と感じさせていただきました。

このブログの読者でもある方で、お会いしたり、お話したりして
いる方と昨日お話をさせていただいたのですが、その時に言われ
た「smilecoachさんと出会って、私は変われた。コーチングって
すごい」という言葉が、耳に残っています。

とある場所に出向いた時にも、聴くとかコミュニケーションが大切
だとか話しが出るのですが、コーチングに関しては「話しを聴く
だけじゃん」「自分を追い詰めていくようで嫌」などという話し
を聞きました。
えっ?それってコーチング?
よくよく聞いてみると、コーチングを体験したわけではないので
すが、一度そのようなコミュニケーションスキルと使ったという
事のようでした。
思わず、語りたい自分と静かになってしまう自分が葛藤しました。

けれども、コーチングを受けてくださった方や受けて下さってい
る方には、「自分の思いを形にできるから加速する」「受け止め
てもらえるから、何でも話せる」などという言葉をいただきまし
た。ほっとした自分が居ました。

そして、昨日お話した方からも、コーチングすごいの声。
「今まで否定され続けてきたのに、コーチには受け入れてもらえる」
「前向きになれた」
「明るくなれた」
「今を楽しめるようになった」
などと多くの言葉を頂きました。
そして、私自身の姿勢も見られていることに気がつきました。

自分のコーチに言われた言葉とは逆に「良いモデル」にもなりうる
事を感じたのでした。

私自身が前向きに成長し続けることが、コーチングの有用性を
示していくことでもあるんだなと・・・・。
全てが全て、こんな事ができるとは思っていません。
けれども、気持ちの部分で常に成長し続けているのは、自分に
もコーチをつけて、常に行動を起こしているからなんだろうな
と思います。

たかがコーチと思う方もいらっしゃるでしょうが、されどコーチ
なのではないかと今感じています。

これからもコーチとして、より多くの方々の目の輝きを、笑顔
を影ながら寄り添っている存在でありたいなと改めて感じまし
た。

あなたは自分の人生思うように生きられていますか。
あなたの夢は何ですか


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月27日

常に学び続ける

どんな事でも最近、すごく強く思うこと。
それは、新しい情報を得ていく事と、基本をしっかり何度も繰り返し
身についているか確認して、身についてなかったら身につけていく事。

時に同じ事でも視点を変えてみたり。

仮にそれはマナーであっても、コーチングであっても、同じだと思い
ます。そして、しっかり相手からフィードバックをもらうことも大切
なんだなと感じます。

今日も、東京にてコーチングの研修に参加します。
コーチ21のクラスコーチのトレーニングです。
今日の学びはまた書かせていただこうと思います。
夕方まで、楽しんできます。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月19日

心と体のメンテナンス

コーチングは目標に向けてのサポートではあるのでしょうが、
実は、行動だけをサポートしているわけではありません。

その人が何に価値を感じているのか。
その人の置かれている環境は何か。
生活の中で行動を阻害しているものはないのか。
など、その人の人生そのものに関わっていると感じています。

その中で感じたのはコーチもまた同じであること。
コーチ自身が集中できない部分がないようにいつもメンテナンス
をかける。これもまた大切な事だと感じています。

渡邊美樹社長であれば、月に1度の登山。
朝倉千恵子先生であれば、ヨガや体操をされているとか。
結構体を動かす事などでも、メンテナンスをかけていらっしゃる
方が多いようにも感じます。

私はメンテナンスの一つとして、まずは健康診断。
昨日は健康診断を受けてきました。
結果はまだですが、すぐに結果の出る部分では異常なし!
かなり体重だけは増えていたので、これは自分で体調の良い体重
から3キロオーバーなので、3キロは落とそうと思えました。

とは言え、楽しくないと続かないのが私。
今はコアリズムが楽しくてやっています。成果が出るのはいつに
なる事でしょう。
そして、気候のせいか、外を歩く時間も増えてきました。
この時間がかなりメンテナンスになる事もわかってきました。

近くの川沿いを散歩するだけでも、心が穏やかになるんです。
体を動かしながら心の浄化をしている気分です。
そうなると、作業効率も非常にあがることも分かりました。
また、コーチングにも今まで以上に集中できているように感じます。
行動を促進するのは、頭だけではなく、環境や体も大きく関わって
いるんですよね。
心と体のメンテナンスをしっかりして、皆さんと更に心地良い
関わりをしていきたいと思います。

あなたは自分のメンテナンスしていますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。