2009年08月09日

ルーズベルト夫人の言葉

昨日は、コーチの先輩方と夕方から食事をしました。
ボクデンというお店でした。
お店の雰囲気も味もおいしく、楽しくお話をしている
中で、ルーズベルト夫人の言葉を聴きました。
Yesterday is history. Tomorrow is mystery.
Today is a gift

これは、以前、カンフーパンダの言葉として紹介したものと
同じなので、これが発祥なのか?と思いながらも、興味を
持ったので、おうちに帰ってから早速ネット検索をしていた
ら、Kanonさんが以下をブログに書かれていました。
素敵だなと思い、ここにkanonさんの訳と共に掲載させていた
だきます。

============================
エリノア・ルーズベルト大統領夫人(フランクリン・ルーズ
ベルト大統領の夫人です。自分でも、様々な社会活動をして
きて、アメリカでも尊敬される女性です。)が書いた言葉です。

Dear my Friends,

Following is very interesting words just for passing your time.

Many people will walk in and out of your life,
  But only true friends will leave footprints in your heart

To handle yourself, use your head;
To handle others, use your heart.

Anger is only one letter short of danger.
If someone betrays once, it is his fault;
If he betrays you twice, it is your fault

Great minds discuss ideas;
Average minds discuss events;
Small minds discuss people.

He who loses money, loses much;
He who loses a friend, loses much more;
He who loses faith, loses all.

Beautiful young people are accidents of nature,
But beautiful old people are works of art.

Learn from the mistakes of others
You can't live long enough to make them all yourself.

  Friends, you and me.......You brought another friend....
 and we started our group....our circle of friends.....
and like a circle.....there is no beginning or end......

Yesterday is history. Tomorrow is mystery.
Today is a gift.

------------------------

親愛なる友人たちへ

次の言葉はあなたが時を過ごすのに興味深い言葉です。

あなたの人生にはたくさんの人に出会い、別れがあります。
でも、本当の友人だけがあなたの心に足跡を残します。

自己を律するには頭を使いなさい;
他者を導くにはハートを使いなさい。

怒り(Anger)という言葉は危険(danger)の1つの文字不足しているだけです。
だれかが裏切る、それはその人の欠点です;
その人が二度あなたを裏切るなら、それはあなたの欠点です。

高邁な精神は考えについて議論します;
平均的な精神は出来事について議論します;
狭量な精神は人々について議論します。

お金を失って非常に損をする人;
友を失って、それ以上にに損をする人;
信頼を失って、すべてを失う人。

若い人が美しいのは当たり前のことです。しかし美しい高齢者は芸術品です。

他者の誤ちから学びなさい。
あなたの人生ですべてやろうとするほど人生は長くないのです。

友人たち、あなたと私…あなたは別の友人を連れて来ました…
そして、私たちはグループを始めました…私たちの友達の輪…
それが同心円のように広がっていきます…始めも終わりもありません…

昨日は歴史です。 明日はなぞです。
今日は贈り物です。(訳:Kanon)

===========================

昨日聴けた言葉は、この手紙の最後の最後の一文に過ぎなかった。
全文をkanonさんのおかげで知ることが出来、更に深い思いを
感じる事ができました。

昨日の言葉との出会いを与えてくださったコーチ仲間とkanon
さんに感謝!!!


あなたはこの手紙をどう感じますか


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月30日

幸福感のない成功は失敗と同じ

マイケルボルダック氏のセミナーで話があった言葉です。

ゴールは達成したとしても、そこに幸福感を得られない
のだとしたら、それは本当のゴールだと言うのだろうか。
という問いかけもありました。

つまり、人は感情によって行動を駆り立てられるもので
あって、無理矢理行動してゴールしても、そこに感情や
感動などはない。それは真のゴールとは言わないのでは
ないかという話しでした。

ゴールをイメージするときにも、そのゴールを達成する
事で何を手にすることができるのか、何のためにそれを
するのかなど、目的がしっかり意識されてないと、ゴー
ルを達成しても、感情は生まれてこないのかもしれない。

失敗と同じと言っていいのかは分からないけれど、確か
にやり遂げた時の達成感や幸福感がなかったらどうなる
のだろうか。

仕事においても、やり遂げた達成感があると「終わった
あ」など満足感を味わうこともある。それすらないって
どんなときだろう。
むりやりやらされた時?通過点として意識できなかった
時?今を否定してしまっている時?
色々思いを駆け巡らせてしまいました。

いづれにしても、自分が何をしたら幸せになるのか。
自分を知っておくことも大切であることは十分伝わって
きました。

テンポ良く進んでいくので、なかなか自分で考えをめぐ
らせるゆとりもないのですが、ただひたすら聞いている
中で、ついつい聴くのを止めて考えてしまった言葉でした。

あなたならこの言葉をどう解釈しますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月13日

価値によって動く人には引き寄せられる

一昨日昨日と日本コーチ協会栃木チャプターにて自己基盤の
セミナーを主催し、受講者として参加しました。

目標に向かおうとしているのに、なぜか前に進めないという
場合に足を引っ張っているものを取り除くという事も大切で
その切り口として、1日目の「環境のバランスを整える」た
めの、バランスを取り戻す切り口を学びました。

行動には直接関係ないように見える人間関係や他の気がかり
などがあることによって、思考・感情・感覚・意図・行動に
ずれが生じてしまう状態そのものを「統合性がとれていない
状態」というようですが、その統合性のとれてない自分の状態
にまず気付き、バランスを取り戻していくという事をチェック
シートや、コーチングで行うのですが、ここはチェックをつ
けてみるだけでも、自分に気付く事ができ、更に口にする事
によって、更に明確になり、その部分を取り戻したくなって
くる感覚がありました。

その部分がクリアになると、統合性がとれて自分としての
違和感が無くなるから、目標に向けて実行することに集中
できるようになるんだなという感覚が自分の中にありました。

次の日には「価値」を扱いました。
価値は、その人そのものという事を仰っていらっしゃいました
が、「〜ありたい」「〜すべき」「〜ねばならない」という
ものは価値ではなく、その人が本来持っている自然にやって
しまう事や、自然に意識しているもの。人にどう思われよう
としてしまう事。
だから、人には見えやすいが、自分では普通すぎて見えない
事も多いという事が分かりました。

私の場合、自分が思っていたものよりも別のところにある事
が分かり、しかも今までとは違うものを選び、4人に聴いて
もらったのですが、違和感はなく「その通り!」と言われ
ました。

例えば、私の場合は「間接的に人に影響をする」という事が
自分の中で一番大きかったです。
またこれにはいろいろありますが、人と人をつなぐ事を頼ま
れもしないのにしていたり、自分が関わる事で、元気になっ
てくれたらいいなって常に動いてしまっています。

けれどもそんな話しをしている時にも「余計なお世話なんだ
ろうけれど・・・」って何度も言っていたようで、「本当は
お世話をしたり、育てる事も価値なんですね」と言われた時
は、確かに自分でもそういう部分あるのかなって思っていた
けれど、やっぱりそうなんだあと、妙に自分を知ることが
できて嬉しくなりました。

そして、その価値に基づいて行動が出来ている人というのは
人も引き寄せられていくし、勝手に行動も起こり、それを
仕事としたら、疲れないし、健康で過ごせる。

そんな話しを最後にしていただいた時に、自分は価値に気付
けてなかっただけで、価値に気付いて行動し始めているんだ
なという事に気付けました。

色々な事を試してみて、自然に選んできているものが価値に
繋がるものなのだなと感じました。

渡邉美樹さんが「価値」に基づいて動いていらっしゃるから
こそ、人が引き寄せられていくという事にも納得!!!

人にどう思われているかを意識しすぎるのではなく、自分が
一番自分らしく居られる状態を見つけてみることも大切な
事だなと二日間を通じて感じましたし、クライアントさんに
もこの部分を大切にして関わっていきたいなと思いました。

私の中に皆さんから頂いた言葉(私が影響を与えているよ
という部分に対して、フィードバックをいただきました)
・エネルギッシュ
・周りを笑顔にする、笑顔の発信地
・リーダーシップ、支えながらまとめるリーダー
・本当はひっぱっていく人
これらの言葉が、共通していて自分の思い描いていた自分と
違う部分も見えました。
けれども、きっとこれが自分が発見できていない価値に関わ
る事なのだろうなと感じましたので、これからもまだ発見で
きていない価値を何度も何度も意識して探すか、周りに聞い
てみたいなと思います。

楽しい二日間でした。
一緒に学べた仲間にも、講師にも感謝!!!

今日からまた価値を大切にした時間を過ごします。


あなたの価値は何でしょうか


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月06日

負の力を活かす

昨日はラジオのお仕事だったのですが、その際にお話した話。

松下幸之助さんの「三つの成功のポイント」の話
 1、家庭が貧しかった事
   家庭が貧しいからこそ、少しの収入でも感謝できた
 2、学歴が低い事
   幸之助さんは中卒だったそうです。そのため、誰にでも
   分からないことは躊躇わず、聞けたこと
 3、健康でなかったこと
   そのために、自分で全てやろうと無理をするのではなく、
   周りの人に任せることができた
以上3つが成功のポイントだったそうです。
マイナスに見られがちな部分が自分に与えた影響の大きさと、
その事をプラスに転換していく考え方が素晴らしいなとラジオ
のディレクターが、音楽が流れている間に感想を話してくれま
した。

その後、ディレクターさんが続けて話してくれた話がまた良かっ
たんです。今日はその事も紹介します。

「僕は、バンドのリーダーをしていた時に、新しいメンバーに
 よく言っていたことがあるんですよ。
 それは、パンチを繰り出す時に、自分の真横から前に出すだ
 けでは、それほどインパクトのあるぱんちにはならない。
 けれど、一度こぶしを引いて、パンチを繰り出せば、大きな
 力になってくる。
 だから、負の力を活かせば大きなインパクトになる。
 何ができない、後からのメンバーだからとしり込みしないで、
 そのことを活かせばいい。
 マイナスの部分を先に見せてしまえば、その後の伸びしろも
 大きく見えるし、最初から格好良くやろうと思わなくていい。
 そんな話をよくしていたのを思い出しました」

影響を受けやすい私は、すぐになるほど〜!いい話だなあと
感動してしまって、音楽の流れている時間がすごく短く感じ
ました。

その場面で「負」だと思っても、後から生かすことができれば
それは「負」ではなく「貯め」になるのかあと、その方の話し
を聞いて思いました。

失敗経験を見せる事を恥ずかしがらず、行動して改善すれば、
更に良いものができる。そんなバンドの方々だったんだろうな
と感じました。

あなたはどんな事を感じましたか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年07月04日

かも・・・

致知(ちち)出版社から出ている人間力のメルマガを購読して
いるのですが、その中にはいつも素敵な言葉がいっぱい詰まっ
ています。
今回もまた以下の文が乗っていました。掲載しちゃうので、
ちゃんと宣伝と共に載せます。
私も購読していて今はちょっと休憩中ですが、また読み続けよう
と思っている月刊誌です。

…………………………………………………………………………
★☆ 西田文郎先生の「かも理論」

結論から言って、マイナス思考の人は、
どんなに「プラス思考本」を読んだところで
プラス思考にはならない。
だからいつまでもプラス思考になれる本が売れる。

逆にプラス思考の人がプラス思考本を読むと、
ますますプラス思考になる。
要するに、マイナス思考もプラス思考も、
既に確信になっている。


でも、確信に変わる前の
「かも」の段階というのがある。


例えば「無理かも」と思うじゃないですか。
それはもう既に脳への問い掛けになっていて、
確認して、諦めて、確信になっていく。
確信になったものを変えることは非常に困難なんですね。


だけど「かも」を変えれば思考も変わってきます。


例えば、「うちの女房は怖い」と思っていたとしますね(笑)。
だけど「いや、うちの奥さんは怖いだけじゃなくて、
かわいいところもあるかも?」とか、「いい人かも?」と(笑)。

すべての問い掛けに対して脳は応えて、
イメージをつくっていきます。

だから、マイナス思考の人は
「かも」をうまく利用していこうと。
これを私は「かも理論」と名づけて、
これから一般の人たちに広めていこうと考えています。

………………………………………………………………………………
■もっと詳しくお読みになりたい方は、
 ぜひ『致知』2009年7月号誌面をご覧ください。

【対談】「人生をひらく法則」
 佐藤富雄(医学博士・理学博士)&西田文郎(サンリ会長)
 http://www.chichi.co.jp/monthly/200907_pickup.html#pick2

………………………………………………………………………………

私もプラスの「かも」を今まで以上に頭の中に飛ばせてみたい
ですね。
と想像しているだけで、かも、かも、と頭をかもが羽ばたいて
います(笑)
想像力豊かにもなりますし、苦しいときも「楽しいかも」って
思って鴨を頭の中に飛ばせるだけで、落ち着きそうですよね。

今日も楽しいかも。そんな一日を始められたらいいかも〜。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月30日

貧乏人だと自分を思うな

昨日は衝撃の話を聞きました。
彼が22歳の頃、まだ仕事を始めたばかりなのですが、外資系の
企業に就職し、しかもその就職先がすばらしく業績のよい会社
だったそうです。

その時に、アメリカに2ヵ月半出張を言い渡されて、すぐに渡米。
そこで、お客様の奥様に可愛がっていただくことになったそう
です。

ところが、この女性が有名人と結婚し、非常にお金持ちになられ
た方で、知り合いもほとんどお金持ちの方だったりしたそうです。

22歳の彼には知りえぬ世界。けれども、この人にお世話になる事
が少し楽しみにもなりました。

その後、彼は彼女についていって、ホテルに出張中ずっと連泊す
ることになります。
彼女が案内してくれたのは、名だたるホテルのしかも最上階。

ええええっ?!

次の瞬間彼女が言ったそうです。
「このホテルは友達のものだから、あまり使われない最上階を
 私のお客様だというと、ホテルのほかの部屋よりも安く借り
 られるのよ」
衝撃だったそうです。

その後も、いろんな施設へ連れて行かれても、知り合いだから
と言って、無料になったり、通常料金よりも安くなる。

それまでお金持ちの人は贅沢をするものだと思っていたけれど、
人脈自体がお金持ちの知り合いが増えるから、お金持ちほど
お金を使わないんだと知ったそうです。

「貧乏人(この表現があまり好きではなかったが)ほど、お金
 を使わなければならないように出来ている。
 お金持ちになろうというわけではない。
 けれど、そういう人と知り合いになることは大切だと感じた
 し、お金持ちが知り合いになってくれるのは、やはり同じ
 価値観を共有できる人だ。
 そうなると、使う部分には思い切ってお金をつかったり、
 やろうとしたことを、すぐに行動してみたり、前向きな人に
 自然にそういう人も価値観が近く、近づいていける。

 自分が貧乏だからって思って、ケチケチするのではなく、周り
 の人が喜ぶ事にお金が使えたり、前向きに考えられる気質を
 身につけることが、お金持ちと友達になる第1歩だろうよ。

 だから僕は、着るものだけにはお金はかける。結構無理して
 いるけれど、それでも胸張って、いいものを着る。
 そうしている事で、僕は大企業の方々と知り合う事ができ、
 今仕事をいただけるようになっている。

 自分を貧乏だと思った瞬間にけちになる。
 自分を貧乏だと思ったら、ガツガツとゆとりがなくなる。
 自分を貧乏だと思ったら、みすぼらしい格好をする。

 だから苦しくても、貧乏だと思わないことだ。
 自分でそれを認めるなよ。」

その方の思いではあるのでしょうが、けれどもなぜか心に刺さった。

「自分に自信がない」と言っていると、自信のない行動をとって
周りにそういう人が集まるのかもしれない。
けれど、いくら自信がなくても、胸を張って、前向きにしている
事で前向きな人が周りに集まるのかもしれない。

「自分にはできない」と毎回言っている人には、できないよね〜、
難しいよね〜と共感する人が集まってくる。
自分の心の持ち方一つで、周りに寄ってくる人や付き合う人も
変わってきてしまうんだなということを感じました。

ちょっと衝撃の体験談を伺えたので、あなたにもおすそ分け。

あなたはどう思いましたか。
今日からどう考えますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月26日

ジョンレノンの歌の中から

ジョンレノンからのメッセージは歌詞の中に隠れている。

以前、さいたま副都心駅の近くにあるジョンレノンミュージアムを
訪れたときに、ずっと時間をかけて回っているうちに、メッセージ
をいっぱい受けた。

そのメッセージを残しておきたくて、言葉の一部が小さな冊子に
なったものを購入したのですが、出張の時は持ち歩いています。

いろんな言葉の本がある中で、歌というメッセージの大きさを感じ
る事ができたからでしょうかね。

その言葉たちは、その時々でひっかかるものが違う。
今は
「心を開いて、Yesと言ってごらん
   すべてを肯定してみると、答えがみつかるもんだよ」
という言葉が好きです。

やっとこの事が実行できるようになったからかもしれません。
全てを肯定するって難しいと思っていました。けれどもずっと
その状態を味わってみたいと思っていました。
特に、私の場合、自分に対してなかなか「全て」をYESと言えな
かった。
だからこそ、前に進めなかったり、だからこそ悩んだり・・・。

でも、ふと「ついてる」と同じように「うんうん」と自分を
許してあげた時に、勝手に答えが出てきました。

焦って、いろいろしてみようとしていたけれど、自分に駄目だし
しているから、焦っていただけでした。
「○○したい」「こうなりたい」はいっぱいある。
けれども、「○○している」という現状を認めてさえ居なかった。
「○○したい」が悪いわけではないです。
ただ、そうした言葉だけが並ぶ時は、今の自分に満足してない
時だったんですね。

同じような言葉でも「○○はできている。だから更に○○したい」
と考えるようにしてみると、今の私にYESをあげられていることに
もなる気がしました。

ちょっとの違いなのに、すごく楽になりました。
その事が分かってから、意識してYESを自分に対してもしてみる
事にしました。
そしたら、すごく前に進むのが早くなりました。
無理に焦らないから、要らないものは要らないと考えられるように
もなりました。選べるようになったんです。答えが勝手に出てきた
んです。

自分との関わり方も、ふと振り返れる私には大切な言葉です。
今のあなたにはどんな言葉や出来事が影響を与えていますか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月22日

娘の見ていた漫画から学ぶ

一昨日、娘が「ケシカス君」って番組でしょうか、テレビを
見ていたのですが、その中の話は、なんでそうなるかなあ?
って発想の面白さのあるものだったのですが、

主人公の一人である男の子が、あるとき自分の中の悪魔の声
(悪い事をささやく)と、悪魔の中の悪魔の声(悪魔なんだ
けれども、ちょっぴりいい声)と、天使の声を聴く。そして
存在までも見えるようになって、何か事が起こったときに、
その天使や悪魔に「どうしたらいいの?」って聴くんです。
そうすると、自分の心の声だから、聴こえてくるのですが、
いっぱい考え方を聴くものだから、余計に混乱してしまう。

そんな時、これは間違いだろうという判断をしてしまって、
「どうするんだよ〜」とその声の主を責めるんです。

けれども、結局はその間違いは間違いではなく、全く関係の
ない判断だったので、事なきを得たのですが、その時にも
ほっとするどころか、一段のその声たちに頼ろうとしたの
でした。

すると、天使の声の主が応えます。
「私達はあなたの中の声なのですよ。いつまでもそうやって
 人にばかり頼ろうとしても、決めているのはあなたでしょ」
その瞬間、その天使達(悪魔も含めて)が一瞬に消えるのです。

その最後のメッセージが、主人公の心にズンと残って終わり。
という物語だったのですが、「人にばかり頼ってちゃだめよ。
決断してるのは、自分自身なのよ」という言葉は、見ている
大人にも響いてきました。

メチャクチャに見えて、いつも子供がなぜこの番組を見るの
か分からなかったけれど、ちゃんとそこにも大切なメッセージ
がありました。
私も勝手に、「くだらない」って決め付けていたんだなと反省
もしました。

その後には娘とその中の話について、少し話をしました。
すると娘にもメッセージは伝わっていたのだなと感じる事も
でき、思わぬ子供と語る時間になりました。

たかが漫画ではなく、これが世界で日本の漫画がシェアを8割
も誇る理由なのかもと感動をしました。

いろんなことを学んだ時間となりましたが、皆さんなら、何を
感じるのでしょう。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月18日

成功する人は・・

昨日の勉強会で、ある女性経営者が大切にしている一言が
やけに忘れられない。

それは・・・
「成功する人は、成功するまでやったから成功者というんだ」
という事でした。

あったり前だよって思いますか?
なぜか私は、そうだよね、そうだよね〜。と何度も心の中で
言っていたのです。

成功は人それぞれ違うとしても、成功するまでやるから成功者。
途中であきらめたら成功者じゃない。

そんな時、関連した言葉が浮かんできました。

「あきらめる=明らかになる(極める)までやってから止めること
  だから、自分の中できわめてもないのに、あきらめるって
  言葉を使うな!」

言い回しは違いますが、そんな言葉を思い出しました。
きっと、自分なりの言葉に皆さんが置き換えているだけで、
最後までやり遂げる人は、成功できるって事じゃないでしょうか。
最後までやり遂げる事。
これが成功者。

そのためには、何をもって「成功」なのか。
どうなれば「成功」なのか。
何が満たされたら「成功」なのか。
じっくり考えてみてみたいものです。

そして、考えたら実行あるのみ。別に考えるのと並行でもいい。
けれど、「やる(行動する)」しか成功への道はない!
そんな事を思いました。


丸々一日ずっと心にある言葉なので、声にしてみました。


あなたの素敵な言葉、教えてくださいね。

またまたワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月16日

人生の3つの坂

昨日、たまたまテレビをつけた時に和尚さん(?)の説法を
テレビで放映していました。
瞬間しか見なかったのですが、その瞬間の説法が耳に残った。

「人生には3つの坂があります。
 一つは上り坂
  二つ目は下り坂
   そして、3つ目は「まさか」です」
その3つ目をきいた時には語呂はいいけれど、どういう意味
だろう?って思い、もう少しだけきいてみました。

「まさかというのは、偶然起こるということだけでなく、
 自分に起こること!ということです。
 例えば、人は1度は死を迎えるんだと分かっていても、
 近しい人が亡くなって初めて、自分にも関係あること
 なんだと思ったり、「まさか」と思うこともある。
 結局、まさかというのは、自分が何か関係することに
 対し、普段と違うことが起こった時に、自分が使う言
 葉なんです。
 けれど、この坂は人生の坂なので、誰にでも起こりま
 す。その現実を受け入れることが大切。」
というようなことを仰っていました。
娘のためにつけたテレビだったので、その後は見られ
なかったのですが、ずっときいていたい気分ではありま
した。

けれども、確かに考えてみると「まさか」って坂はある
なあと思います。
 同じことの繰り返しの中に違うことが起こった時、
 自分が想像していた言葉じゃない言葉が返ってきた時
 事故を起こす時・・・など。

人生の3つの坂。
前向きに捉えて、乗り越えていきたいな。誰にでもある
3つの坂。まさかも人生からすれば、当然起こる坂なんだ
と思うと、「まさか」が存在する意味もきっとあるので
しょう。

ふと人生を考えた時、今この瞬間がどの位置だかは自分
にしか分からない。でも位置を知ったところで何かが変
わるのなら良いのですが、何より人生の通過点に過ぎな
い事には変わりないのかなと感じました。

その通過点かもしれない今を大切にすること、起こって
いることを受け入れていく事の大切さを感じました。

あなたは、この3つの坂をどう捉えますか


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月15日

負ける人のおかげで勝てるんだよなあ

相田みつをさんの書 からの言葉です。
しかも、「負ける人」の筆圧が非常に力強い。
勝つ人よりも力強い字で書かれています。

ふとそんな書を見て、人と比較して負けてる負けてるって
焦ったりする自分が居たとしても、人の役には立てている
んだなあと思えたら、勝ち負けなんて気にならなくなりま
した。すっと心が軽くなりました。

そんなことを思えたのは数ヶ月前なのですが、改めてみて
みると、また違うように見えてきた。

人は支えあっているんだなあと。。。

きっと受け止め方は人によっても違うけれど、時によって
もこんなに違うんだなあと思いました。

全てを伝えようと長く書く文章も実は短く絞り込むことで
いろんな形に変化して受け止められるのかもしれませんね。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年06月11日

感動のおすそわけ

仲間からもらったメールに、このYouTubeが紹介されて
いました。
思わず、涙が出ました。

口が発する言葉の重さ
耳で聴く心の大切さ
支えてくれる存在のありがたさ
自分の居る意味
など、深く考えるきっかけにもなりました。

『命の授業 1』

『命の授業 2』


きっと私からの多くの言葉を添えるよりも、ぜひあなたにも
見てもらいたい。感じてもらいたい。
よろしかったら、見てみてくださいね。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ



2009年06月10日

地の利、人の輪、時の運

とある方とお会いした時に、その方と私の共通の言葉。
「たまたま、ご縁があって・・」
「たまたま、機会に恵まれて・・・」
非常にたまたまが多い会話をしていて、思わず笑って
しまいました。

その人も私もいろんなチャンスに恵まれて、苦労もした
けれど、その苦労が結果として、こんなことになりまし
た。というような話が多かったのです。
二人でそういいあったわけではなく、お互いに興味が湧き、
相手の事を知るために質問をすると、答えの中になぜか
「たまたま」という言葉が入っているのでした。

けれども、相手に伝える時はそう伝えるにしても、お互い
に思うのは、「チャンスは二度とめぐってこないかも。
今あるチャンスは今つかむ」という事なんじゃないかと
思いました。

私の前の会社の社長から教わった言葉に、
「地の利(地元を大切にする)
 人の輪(人のご縁を大切にしなさい)
 時の運(チャンスを大切にしなさい)」
と教わりました。実際の意味はもっと深いのかもしれませ
んが、私の手帳にはしっかり大きな文字で刻まれた言葉と
なりました。

チャンスを大切にって言われた当時は、「私にはチャンス
なんかない」って思っていたのですが、どこにチャンスが
あるかなって思うだけで、全ての場面が決断の連続で、
全ての「時」そのものがチャンスなんだということに気付
く事ができました。

「たまたま」って話す相手の方はその言葉をご存知なかっ
たのですが、その話をしたら、「確かに時は大切にして
いますし、人とのご縁も大切にしています」と仰っていま
した。

だから、二人には「たまたま」というチャンスがいっぱい
あるように見えるのかも知れませんね。
但し、これは偶然と思うと次にはないように感じますが、
その方とお話していて、偶然を必然だと思ったときに、
チャンスが見えてくるよね!という話になりました。

あなたに見えない「時」や「人」があるとしたら、ちょっと
意識してみませんか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

苦手意識は練習してリベンジ

苦手意識をあなたはどのように克服していますか。

・得意だと思ってやってみる
・まずは楽しんでみる
・成功イメージをしっかり浮かべてみる
・練習あるのみ

など、いろいろ方法はあるのだと思いますが、面白い
言葉だなと思ったのが、「リベンジ」です。

私は今、ラジオのパーソナリティもしておりますが、
先週の放送の際に、1時間毎に5分前後のニュース
読みがあるのですが、そのニュース読みが苦手になって
しまいました。

練習はしても噛んでしまったり、ただ読んでしまって
内容把握にいたらなかったり。。。
自分で情けないと思うと「うまくやろう」としてしまい
更に読めなくなる。
そんなことを1時間に1回続けている間に元気までなくな
ってしまう声になりました。

そして、終わってから、今日の原稿を持ち帰って練習
して、自分で自分にリベンジしてみてください。といわ
れました。
確かに、自分で「OK」といえるようになれば、変わる
事はできるでしょう。

それをしっかりすることで、次回、練習量ややれたこと
が、苦手意識を和らげてくれるように感じました。

全て自分が思っていることなのだから、自分の思いを少し
違う部分に向けられるようになることも一つではあります。

練習しているとやっとそれを感じることができました。
「自分が上手くやる」ことから「相手にどう伝わるか」と
言う部分に戻ることができました。
(通常は考えられるのに、ニュースのときだけ自分を意識
 してしまった事に気付けました)

練習はただただやっていても、自分に何かを教えてくれる
んですね。練習してよかったです。

次回、仮に噛んだとしても、もう視点はリスナーに向いて
いるので大丈夫です。
きっと自分へのリベンジを終えたから、考えられたことな
のでしょうね。

自分の中では新しい言葉「練習してリベンジ」は、既に
苦手意識を持ってしまったときにやってみたいと思います。

あなたはどう思いましたか。
人気blogランキングへ

2009年06月06日

憧れからの卒業

カリスママーケッターでもある神田昌典さんのメルマガを
毎日いただいているのですが、その中の言葉で、
============
キーワード:
尊敬は卒業する必要はないが、憧れは卒業せよ。

解説:
憧れは必ず裏切られ、憧れは憎しみに変わってしまう。
他人のコピーを目指すのではなく、自分の独自性はなにかについて、
きちんと向かい合おう。
============
という言葉がありました。

尊敬と憧れ?

調べてみました。
尊敬は、その人の行為や性格人格など具体的な部分を含んでおり、
憧れは、思いをよせて、全てを○としているような違いを感じ
ました。

ということは、憧れが必ず裏切られるのは、自分の中で憧れて
いる人であれば、全てを自分の理想像としてしまい、その人が
裏切るのではなく、勝手に裏切られたと思ってしまうような、
理想と違う状態が見えてしまうことと解釈しました。
尊敬は、その人の中で、この部分はすごい!など、きっと具体的
であるから、他の部分が自分のイメージと違っていても裏切られ
たとは思わないで、居られるのだろうと感じました。

だから、憧れて全てを真似をしていくよりも、自分にできるもの
として自分の個性を生かした、具体的な部分を尊敬していくのが
良いとおっしゃっているのではないかと。

それにしても、こんな言葉が配信されなかったら、「憧れ」と
「尊敬」の違いって何?なんて思いもしなかったと思います。

また、知らなければ済んでいくのかもしれませんが、知った事で
意識できるようになれば、更に尊敬できる人も増えたり、裏切ら
れたりするということが今後あるはずだったことを未然に防止で
きるということだったのかもしれない。

非常に考えさせられました。

コーチもまたこうした使い分けをしている人のこだわりやニュア
ンスの違いをしっかり聞き取ることも要求されています。

今回は、神田さんの言葉の関わりに触れさせてもらった気になり
辞書を引くときも楽しかったです。

「憧れ」からの卒業!

確かに私もあったなあ。
全てにおいてすごい!と思って、依頼していたコーチは憧れで
した。そうなると知らないうちにその人のコピーになろうとして
いる自分や、その人の考え方までコピーしようとします。
けれども、「smilecoachさんはいつも○○だよね」と言われた
時に、あれ?違う。と思ったことが数回ありました。
でも、いつの間にかコピーしようとしているから自分を見失って
しまっていたんです。

それに気付いたのは、少しだけ離れる期間があったからでした。
今は、そのコーチではなく違うコーチをお願いしているのです
が、今は以前のコーチは「尊敬」に変わっています。
そうなると、本当に私自身を見失わず、冷静で私らしく居られて
いることを感じます。

またいつか自分で「尊敬」に変化したから大丈夫と思った時に
再度コーチを依頼したら、どんな自分の変化があるのか、今から
楽しみでもあります。

ちなみに、コーチは常にコーチをつけて自分自身も磨く存在で
あるものだと今感じています。
自分のコーチングの研鑽でもあり、自分磨きでもあると感じて
います。だから、私はコーチをつけ続けます。

今のコーチも尊敬できる方なので、これからまた磨きをかけて
いきたいと思います。
「憧れ」からの卒業。

あなたには、憧れている人はいますか。尊敬している人は居ますか。
それはどんな人ですか。

またもやワンクリックお願いします
人気blogランキングへ

2009年05月30日

伝えるのは言葉ではなく「気」

あっという間に渡辺美樹さんの講演会から10日が経ちました。
渡辺社長が、「請け切れなかった質問はブログで質問して
下されば、必ずお返事します」と仰って、次の日すぐにブログ
で質問を受け付けてくださいました。

そして、多くの質問が寄せられていたのですが、そのことに
対し、一つずつ丁寧にお返事を下さっていることに感動をせ
ざるを得ませんでした。
私のメンターだと思っている方々には、この点が非常に共通
していることに改めて気付くことができました。
年間の日数以上の年間講演回数(1日に2回以上することがあ
るため)朝倉千恵子先生。メディア等にもご出演されていて
ブログの書き込みなどにも毎朝返事を下さるマダム路子先生。
経営者達の味方武沢信行さん。そして今回お世話になりまし
た渡辺美樹さん。
どの方も、わけ隔てなく、関わった方々を大切にされ、しっか
り答えてくださる方々です。

その中で、今回はやはり渡辺美樹さんの皆さんへのコメント
一つ一つを読んで、本当に多くのことを考えさせられました。

自分との対話をしてみること。
自分の身の丈を知り、身の丈以上のことは、周りの人に使うこと。
定期的に自分の心や体をリセットするための方法を見つけること。
書くことの大切さ
企業のあり方
自分の生まれた意味をしる(たまたま昨日のテーマに似ている
             のでびっくり)
・・・など多くのことがありました。

そして、更に心に残った講演でも語られなかったことが書かれて
いました。
・人に伝えるのは、言葉ではなく「気」である。
 これは企業であれば、時に優しさであったり、熱意であったり
 様々なのでしょうが、言葉そのものではないんだということ。

・人を受け入れるときに「頭で考える」のではなく「感じる」
 ということ。
 これは、頭で考える瞬間に損得なども考えてしまうからこそ、
 人の持っている第六感で、「この人と居ると安心する」とか
 「楽しい」とか感じ取ることが大切ということでした。

・時間は、限られた時間を決めて過ごすことが大切。
 これはきっと私も以前からお伝えしているかと思いますが、
 渡辺社長が仰るとやっぱり言霊が違います!
 仮に休むと決めて休むのと、ただなんとなく休むことの違い
 などもあると書かれています。
 同じような言葉なのに、やはり大きな存在の方にお会いした
 んだなあと痛感もしました。

皆さんが質問を投げかけたことによって、渡辺社長の考え方や、
生き方を少し感じることができました。
あなたも興味があれば、「渡辺美樹.com」で検索してブログを
拝見してみると更に講演で、伺えなかったことも書かれていて
勉強になりますよ。

ちなみに、4回に分けて書いてくださっています。
ここにも誠意を感じます。
渡辺社長、ありがとうございました。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月25日

またまた渡辺美樹さんの講演より。

「孔子の教えでジョというものもあります。」と仰った場面が
ありました。

ジョ????

前の職場で論語の解説本を頂き、読んだことはあるけれど、そんな
言葉出て来たっけ?

すると、その講演会の場で聴いていた、前の職場の同僚も同じこと
を感じたようです。
字も分からない。文脈からは想像できても分からない。

ジョ・・・・。

頭にひっかかる言葉だけれど、分からない。
とうとう見つけたのは、前の職場の同僚でした。
携帯メールが入りました。

「ジョ」が気になっていたんだけれど、やっと分かった。
「恕」だったよ。

さて、この意味は?
実は、論語に詳しい人達の中でも、孔子のみぞ知る言葉らしい。
けれども、一般的な解釈としては、

「恕(思いやり)」です。

 ・子貢(しこう)問うて曰く、一言にして以って終身これを行なうべき者ありや。子曰く、其れ  恕(じょ)か。己の欲せざる所ところ、人に施こすこと勿れ。(衛霊公第十五)

   訳:子貢がお尋ねしていった、「ひとことだけで一生行なっていけるとういうことがありま
     しょうか。」先生はいわれた、「まあ恕(じょ);思いやり)だね。」自分の望まない
     ことは人にもしむけないことだ。」

なんだそうです。
話の流れの中でも、こうした言葉として引用されていたようです。


元々、前の職場の同僚が見つけてくれたから簡単に探すことができ
ました。仲間と同じ話を聴くことは、それだけでもいろんな視点で
の学びがあることでもあるんだなと感じました。

以前の会社のその同僚には、一度、自分が聴いた講演の書き起こし
を見せたことがありました。
なんとなくですが、当時は「話したまま思い出して、書き留める」
ということをしていました。
なぜなら、人によって学びのポイントが違うので、一緒に行った
人と話すときに、いろんな視点で学びなおすことが出来るからでし
た。

その同僚はそのことを続けていたようなのです。
ですから、今回も書き起こしをするときに、「ジョ」が気になった
のでしょう。
私も同じように書き起こしをし始めていたので、すごく気になる
言葉になっていました。

この「恕」は、言い換えると「自分のして欲しいことを人にもして
あげること」になるのではないでしょうか。

同僚は、私のしていた書き起こしを思い出し、私がまたやるだろう
と思い、「恕」を教えてあげなくちゃと思ったのではないでしょう
か。「恕」を実践されているんだなあと感じました。
やっていることや、欲することが似ている人には特に有効なのかも
しれませんね。

相手が欲することを聞き取るような興味の示し方も素敵だけれど、
「恕」が小さい時から持っている精神なのかもしれません。
ふとそんなことを思った私でした。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月24日

コップの大きさを変えない

渡辺美樹さんの講演後、ふと自分に力がみなぎる感じがあった。
そして、今もあるように思っています。今日はラジオのパーソナ
リティの日なので、その感動を声として伝えられたらと思います。

その中で、前回の書き込みで忘れていた大切な部分があることに
気付きました。
「コップの話」です。

私の解釈の話ですが、
人は私欲に対して、どんどん貪欲にもなれる。お金が入ってきて
そのお金を使おうとすると、生活レベルを上げることも容易です。
けれども、自分の私欲の大きさを変えなければ、あふれたものは
周りの人に還元できる。

もっと分かりやすく伝えるならば、コップが自分の欲だとすると、
自分のコップを大きくすれば、そこにはどんどん水が入る。
けれども、コップの大きさを多くするのではなく、一定にすれば、
入ってくる水の量が多ければ、その水は社員などの周りの人に、
そして、もっと入れば、遠くでまだ見ぬ世界の人のために使う事
ができる。
だから、僕はコップの大きさを変えないことに決めたんだ。

すごく分かりやすかった。
実際に、先日の講演料は、全てカンボジアの学校設立基金として
扱われます。

前の職場の社長にも「身の丈にあった寄付をしたり、地域のため
の活動をすると、周りの人のために働けた幸せを感じないか?」
と聴かれたことがあります。
きっと似たようなことを仰っていたのでしょう。
「身の丈にあった」という言葉が、そのことを象徴していたように
思います。

私はいまでもコンビニに行った時のおつりを募金箱に入れるくらい
しか出来てないですが、コップの大きさを変えずに今より少し
でも生活を変えたくなったら、この話を思い出したいので、ここ
につづっておきます。

あなたのコップはどんな風に変化していますか。
水は満たされていますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月21日

誰を愛し、誰に愛され、何をしたことで感謝れた人なのか

昨日は、3年越しの念願叶って渡辺美樹社長の講演会を開催でき
ました。自分で行くだけならばきっと探せばできる。けれども、
出来れば地域の人たちと一緒に、感動を味わいたい。ぜひ、お招
きして、一緒に聴きたい。

そんな思いから3年でやっと話がまとまりました。
「夢に日付を」という渡辺社長の仰っていることを実践しただけ
ではあるけれど、そこにいたるには周囲の人の協力なくしては
ありえなかった。
そして、帰るときの参加者の満足気な表情があったからこそ、
その後も眠れないほど興奮をしているのです。


お会いできたこと、お招きできたこと、みんなと感動を共有でき
たこと、準備を仲間と楽しみながらできたこと。
本当に多くの嬉しさが重なっています。
そして、感動の講演内容も、多少運営が気にながらもしっかりと
メモはさせていただきました。

今日は間違いなく聞き取れたことの一部をご紹介したいと思います。


後から調べたらこんな本の題名だった。「悼む人」天童荒太著の
一説の話を渡辺社長が取り上げられました。

「この人は誰を愛したか。この人は誰に愛されたか。この人は
 何をしたことで感謝された人なのか」この3つを問えば、その人
の生き様が見えてくる。
これは、人の本質が見えるということでもあるのだが、企業も
また同じである。
100年先の経営を考えるというのは、時間軸を先にずっと延ばして
みようということ。
目先のことにとらわれず、ずっと先を見ることによって見えてく
るのは本質、つまり価値観です。

この話は最初に強いインパクトを与えてくれました。
その後の話も、すごく体験に基づいた話で、感動でした。
机上の話ではないだけに、やはり心に響くものが違う気がしました。

講演の最後に3名だけだったのですが質問時間がありました。
その際の渡辺社長の言葉もまたすごく刻み込まれました。
「物事はイメージすることから始まる。君はすでにイメージができて
 いるのだから、既に夢の実現に向けてスタートしているんだよ。」

質問した人も会場中も深い感動が流れた余韻を感じられる時間で
した。その後、感動しました!と思いを抑えきれない人が声を
かけてくれたのですが、目にはうっすら涙をためていらっしゃい
ました。

感動していただけて、私は逆にその人に感謝をしたくなりました。
やってよかったと思わせてくれてありがとう。

そうそう、このありがとうで納得できたこともありました。

人は誰でも自分が一番可愛いんです。だから、神様も自分がして
欲しいことをしてあげなさいというんです。
私の会社はお客様第一主義といいながら、実はそうではない。
結果としてお客様の笑顔が欲しいとか、自分がありがとうといわ
れたいとか、自分の幸せのためにやっている。
利他なんてきれいごとで、利己でいいんだ。
その利己が人を巻き込んでいくんです。
私のグループではこうしたことを世界規模でやっていこうと常に
社員と共有しているんです。

利己とは何か。価値観です。
価値観とは何か。起業で言えば、経営者の生き様です。
だからこそ、自分と向き合うことは一番重要なのです。
自分の欲などではなく、価値観を大切にすることが大切。


これらの言葉は、企業にも個人にも言えることなので、すごく
心に残りましたし、自然にメモを取っておきたいと思う言葉と
なりました。

私も周りの人の笑顔が見たい!
企業様が元気になるようなかかわりが持ちたい。

これらも全部私の利己。
この思いを大切に、形にしていけることは何なのかを何度も
何度も考え、実行し、迷いながらも見つけていきたいと思い
ます。(きっともう迷いは消えた気がしますが・・・)

かいつまんでいるので、伝わりにくいかもしれませんが、
ニュアンスだけでも伝われば嬉しいです。

私があなたのためにできること。こうして話すこと、かな。
何かあなたの元気に少しでも関われますように。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年05月18日

その瞬間にアウト!

昨日、夕方一日遊んだ疲れか、家族でのんびりとくつろぐ時間が
あったのですが、その時にテレビを娘がつけました。

紀里谷和明さん(熊本県出身。ミュージッククリップ監督、映画
監督。宇多田ヒカルさんの元ご主人)がテレビに出ていらっしゃ
いました。

その方の作品へのこだわり方を拝見していて、いったいこの人の
エネルギーはどこから来るんだ?なんて思ってみていました。

すると、とある大学に呼ばれて講演(?)をされている様子が
あったのですが、その時に学生さんが「僕は絵が下手なんですけ
れど、どうしたら・・・・」という事を聞かれました。

するとまだ最後まで言い尽くさないうちに紀里谷さんは話を重ね
ました。
「君は、自分が絵が下手って言った時点で終わりだよ。この世の
 中、シマウマさえ食べられてしまうほど厳しい。そんな中で、
 自分がこれが下手なんて言っている暇はない。下手だと思えば
 上手くなるように練習すればいいでしょ。自分でこれはだめっ
 て思った時点でアウト。下手だって誰が決めたの?自分で自分
 の限界を作っているだけ。限界など作らないで、それに対して
 努力することしかない。世の中、そんなに甘くないんだよ。」

話の順序は多少違いますが、こんなことをおっしゃいました。

すごく心に響きました。
だめといった瞬間にアウト!
なるほどね。口にするよりも、よくなりたいと思い練習したり、
取り組むことに力を注ぎましょう、ということなのでしょうね。

この人のエネルギーは、限界を自分で作らないところにもある
のだなと感じました。

時にこんな言葉も、ココロに突き刺さる言葉になるんですね。

あなたはどんなことを感じましたか。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。