2008年05月18日

まずはその場に身を置くことから

たまに見ているホームページがあります。
朝日ドットコムのコラムです。

そのコラムに市川団十郎さんが書かれていました。
「まずはその場に身をおく事から、学びは体験から」
という事を書かれていました。

ふと仕事もそうだよなあと思いました。
多くの人が、「この仕事がしたい」と思って職につく
わけじゃないということが言われているようです。
でも、その仕事の中で、多くの事を学んだり、成長を
したりする事ができる。
そして、その仕事を好きだと思うとどんどん楽しくな
って来ることもある。
逆もまたあるかもしれない。
でも、その場に身を置いたことから、いろんな事が
始まる気がする。

「次こそは!」と思う気持ちが活力になって頑張れる人、
「この仕事好きかも」と思って、楽しくなってくる人、
「成長できてることが楽しい」と思って、成長をする人、
「やり遂げることがたまらない」と、やり遂げるために
  努力をする人・・・・などなど。

自分のしたい仕事を探すのも、職種を探すのも一つの
手段かもしれない。
でも、実際は一旦ついた仕事で、どれだけ自分らしい仕事
の仕事を見つけていくのか、その仕事にやりがいを見つけ
るのかも、大切な事なのかもしれないと思えました。

「会社は人が作っている」のですから、その中の人が
会社を変えていくことだって出来る。
その中の人が、会社を成長させることも、退化させることも
できる。
多くの時間を費やす「仕事の時間」を有意義にするかどうか
も自分が本当は決めていける。

好きかどうかで選んだ会社じゃないとしても、その場に身を
おく事から、あなたは何を得ますか。
これからどんな変化を期待しますか。
その場でできること、学べる事、ちょっと目を向けてみませ
んか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年04月29日

親切とお節介

親切とお節介は、紙一重。
人によっても受け取り方は様々でしょう。

以前の上司が、分かりやすい言葉で教えてくれました。

「人がかゆいところを掻いてあげるのは、親切。
 でも、掻き過ぎたら血が出てしまって、迷惑になる。
 そこで痛いと言ってくれる人はまだいい。
 でも黙って耐えた人は、その後、周りから居なくなる。
 その見極めをできるように、相手の反応にも、普段か
 ら気をつけなさい」

気配りのつもりが、出すぎてしまうとただのお節介になる。
時にお節介だと思われる位、相手のために尽くしてみよう
と思って割り切っている時もあるが、関係性のまだ築けて
ない人との間では、必要な事だと考えさせられたものでした。

あなたはどう思いますか。
周りとの関係をどう構築していますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年04月16日

社員が輝けば会社も輝く

昨夜はテレビ番組でプロフェッショナルを見ました。
再建屋と言われる山田日登志さんが取り上げられて
いました。

製造業の再建屋。
当然、私も製造業出身。見るだけでワクワクしてしまい
ました。
そして、前の会社でやっている事が間違ってなかったん
だということも感じました。

徹底的に無駄をなくしていく事、多工程を一人に任せる
事で社員のモチベーションも上がっていく。
など、そうだなあと思わせる話や内容でしたが、その辺り
は実際にみんなで考えてやってもいた。

けれど、いくつも心に残るフレーズがあった。

・社員が輝けば、会社は自然と輝く
 社員が活き活きしてなかったら会社はいつか駄目になる
・自分に出来る事は何か?
 いつも問いかけている
・自ら考える社員を作りたい
・工夫の余地は無限にある
・社員は、覚悟を持って突き放す

日頃、口にしている事も中にはある。
しかし、言葉の重みが違う。
同じ言葉でも響き方が違う。
まだまだ自分の未熟さを感じさせられた。

そして、そんなに仕事ばかりなのかと思うと、1日に7回は
奥さんにメールを入れるんですよ。なんて、家庭も大切に
されている部分もうかがわせてくれる。

なんだかんだ言っても、「人」が会社を支えているんだな。
その「偉大さ」を醸し出しているんだなと感じさせていた
だきました。

製造業の改善箇所を見つけることの楽しさも思い出した。
そして、それをクリアしたときの喜びも。

ワクワクしながら見た番組でした。

あなたの会社の社員は輝いていますか。
最近ワクワクしたことってどんな事ですか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年04月06日

偽善も形にすれば慈善になる

昨日、元勤務先の社長の話しをしていて、思い出した事が
ありました。

それは、決してそうではなかったと思いますが、元職場の
社長A氏と、息子のB氏。
最初、若かったB氏は、父のやっているボランティアが偽善
だといい続けていた。

「自分がのし上がるためなのではないか。」「心が感じら
れない」など、言いたい放題。
しかし、A氏が返した言葉はこうだった。
「だったらお前は何をしているんだ。
 俺をどうこういう資格はお前にはないだろ」
親子喧嘩の一幕のようだった。
しかし、その時、なぜか私の心に突き刺さるものがあった。

今思えば簡単な事でした。
「行動して形を見せてあげられる事の方が、心で思って
 何も行動してない事よりも、相手にとっては意味がある」

これだけの事なのでした。
でも、その時は「心がどうだこうだ」と言っているB氏の
言い分も何となく共感したくなる部分もあったのも事実です。

しかし、これが不思議です。
最初は「心」を感じなかったのに、ある時、社長が取り組んで
いたフィリピンの孤児院への寄付ですが、その孤児院から、
一通の手紙がきました。そこには嬉しそうに楽器を持つ子供達
の写真が添えられていた。
寄付金で、音を奏でて欲しいとリクエストしたことに応えて、
楽器を購入したら、みんなが明るくなったんだという報告の
手紙だったのでした。

社長はすごく嬉しそうに、私達にまで手紙と写真を見せてくだ
さいました。
その時の社長の優しそうな表情は今でも忘れません。

その後、社長が寄付をする時は「心」を感じるようになりました。
もしかしたら、本当に今までは「偽善」だったのかもしれない。
でも、それを続ける事で「慈善」の気持ちを知る事ができたの
かもと思うと、行動を続けてきた社長を敬服しました。

その時にB氏はまた私に言いました。
「偽善も形にすれば慈善になるんだね」と。

行動する事。
その行動から心が変わること。

続けられたことからの大きな変化なのかもしれませんし、
最初から慈善だったのかもしれません。
しかし、周りには、行動だけでなく、続ける事で、心も見えて
きた。
そして、行動も心も相手に届けられることを見てきた。

心で思っていて行動しない人よりも、相手には大きく大きく
伝わっている思いではないでしょうか。
それを感じてから、私はコンビニに行くとおつりを募金箱に
入れるようになった。

自分に出来る事なんて小さいかもしれない。
けれど、やってないよりもずっと伝わることを知っているから
続けていられるんだと感じます。

行動って一言で言えてしまう事だけれど、それを形にするか
どうかは自分が決める。
「そう思ってました」はちょっとやめてみたいと思いました。

きっと今この事を思い出したのにも理由があるんだと思います。
だから、あなたにもちょっとおすそ分け。。。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年04月01日

まだまだ足りない愛

勝手に友達だと語ってるかもしれませんが、平本相武さんの
ブログに書かれた事が心にひっかかった。

============
人を、 
 家族を、
  恋人を、
   親を、
    友人を、

     愛するのは、

4つのレベルがある。

@ I love you for my needs.
自分にとって得になるから、自分の思い通りになるから、
だから、愛してる・・・レベル。

A I love you since you love me.
あなたが愛してくれるのなら、愛してくれるから、
だったら、愛してる・・・・レベル。

B I love you because of who you are.
ただ、あなたが存在しているだけで、たとえ、
どんなあなただとしても、そのままのあなたすべて、
愛してる・・・・レベル。

C I love you even if you hurt me.
たとえ、あなたが私を傷つけるとしても、
たとえ、あなたが私を裏切ったとしても、
それでも、愛してる・・・・レベル。


あなたの愛は、どのレベルですか?

============
非常に考えさせられました。

追加でワンクリック、ポチッとな
人気blogランキングへ

2008年03月26日

知らせないのは罪

セールスという言葉に対し、皆さんはどんな事を思いますか。

私は、正直なところ「押し売り」のイメージが強かった。
だからこそ、私は前の会社でも、お客様のお客様を意識する
事で「サービスを提供する」「お客様とはサービスを提供し
て、相手から笑顔を頂く」と思っていました。

昨日のブログでも上記と同じような事は話したと思います。
昨日のAさんと昨夜はお話をできました。

その方に私が言ったのは
「前の会社のように製品やサービスは提供しやすいけれど、
 今の私は、個人事業主ですから、自分自身を売らなければ
 ならない。それが私にはし辛い」
という事でした。

そうするとAさんが透かさず応えてくれました。
「僕はたまたまsmilecoachさんと出会えたから、smilecoach
 さんにお仕事をお願いする事ができた。
 でも、世の中の経営者や中小企業の中には、smilecoachさん
 を必要としている人も多いはず。
 ただその人達や企業が、あなたを知らないだけ。
 だとしたら、smilecoachさんが、その存在を知らせないこと
 自体が罪だと思います。
 セールスと思うから、抵抗があるのであれば、
 『自分の存在を知らせないことが罪なんだ』
 と思ってください。
 私も営業は、そういう思いでやっているから少しでも知って
 いただくだけで充分なんです。
 その上で必要としている人に出会えばいいわけですから、
 断れることも何ともないですよ。」

断れることは別に恐くない。前回の仕事でも体験があるから。
でも、その「知らせないことが罪」という感覚はなかった。

すごくセールスという事が「好意的なもの」へと視点が大きく
変わった瞬間でした。

そして、今日も自分のコーチとの話しの中で、
「私の研修やコーチングを受ける事でその人達なりの心地良さ
 を手に入れてもらえたらいいと思っています。それに対し、
 貢献できる事が私の幸せなんだと思う」
という話しをしたら、
「(相手に)手に入れてもらう」ではなくて「(私が)手に
 入れさせてあげるんだよね」と言われた。

相手に持ち帰ってもらいたいのは当然ですが、そのために最大限
のものを提供するのですから、それを「提供しているんだ」とい
う自信と視点も必要なんだと、昨夜の件に含めて思えました。

「知らせないのは罪」
私のパソコンの壁紙に付け加えられた一言です。

ある研修会社の営業にも関わってみたいと言いながら、なかなか
その勇気が出なかったけれど、「知らせないのは罪」だと思うと
貢献する事が価値の私も、動ける気がしました。
今まで、足に錘がついているのを引きずりながら歩んでいました
が、錘が取れました。

もし「営業」や「セールス」に対し、重さを感じている方がいら
っしゃったら、一緒に「知らせないのは罪」って口にしてみませ
んか。
どうですか?

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年02月24日

いつでも今が最高!

一昨日昨日と高山に行って来ました。
魅力心理学士の一部の方々が集いました。
私の同期の方々と同じ部屋に泊まらせていただきまして
とても打ち解けあいながら、楽しいときを過ごすことが
できました。

そして、メインでありました国際魅力学会会長の講演。
地元の方々への配慮、話の巻き込み方、まねできるもの
ではありませんが、非常に勉強になりました。
そして、その話の内容で印象に残った言葉。
それは・・・・

5歳若くなろうとか、10歳若く見せようとか思ったりしても
そんなのは無理。
姿勢だとか表情でなんとかなる部分もあるし、健康を保つ
事で結果的に若く見えることもあるけれど、でも全員がそう
なるわけでもないし、表面だけじゃ結局無理なのよね。
「いくら皺が増えようと、体力的に衰えようと、いつでも
 今が最高!って思えるように今を楽しんでいることが結果
 的に一番いいのよね。
 その精神的な事があると、周りにも影響も与えるし、自分
 も楽しく元気でいられる」
 だから、今が一番最高!って思える生き方をしていきましょ
 うよ」
そのためには、本当にまず健康ですよ。

力強い言葉でした。
そして、みんな今を見た瞬間でした。

確かにこれからに期待したり、これからを思う事もよい。
けれど、まずは今があって、明日がある。その事をしっかり
受け止めて、今も認めながら、明日からを創造する。
そんな事が大切なんだなと思いました。
歳をとる事が一段と楽しくなりました。

あなたは今、最高ですか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年02月18日

限界は超えない

昨日はメジャーリーガーであるイチロー選手の特番を
テレビで見ました。
それを見ていて印象的な言葉はいくつもありました。

「プレッシャーはあります。
 2007年からはプレッシャーをかけられるのは仕方ないん
 だから、自分からプレッシャーをかけてみました。
 170本打ったあたりから、首位打者を狙おうと思って
 いました。」

これだと思ういいと思うものを選ぶ選び方は?と聞かれ
「ないです。直感ですよ。フィーリングっていうか」
と答え、愛用のバットと握っていた。

そして私には一番印象深かった一言が以下のとおり
「限界は超えられないです。
 今まで何度となく限界だって思った事はある。
 でも過ぎてみれば、それは自分の限界ではなかったんです。
 だから、限界は超えられないんです」
最初はネガティブな言葉だと思っていたら、違っていた。
自分で思っている限界はここにあるように思うけれど、
本当は勝手に作り上げた限界であって、本当の限界では
ない。
そういう言葉に聴こえてきました。

かと言って現状に満足はしてもいいと思う。けれどその
満足の先にはまた違う上の目標が勝手に出てくるのだか
ら、その瞬間くらい達成感を味わったり、満足しても
いいと僕は思います。
そう語ったイチロー選手がすごい人に思えた。

「僕は弱い。だからこそ重圧に耐えられなくてバッター
 ボックスにたつ前に吐き気がする時だってある」
同じ人間。超人なわけではない。

きっと私も私の周りの人も、本当は自分で限界を作って
いるにすぎず、自分で自分の能力を決めてしまっている
のかもしれない。
本当はもっともっと伸びる力があるのかもしれないのに。

すごく心に残った言葉だった。

頭で分かっていたつもりでいても、イチロー選手が言う
からこそ響いてくる言葉でもあった。
きっとこの瞬間にこの言葉と出会えたことには意味がある
のだろう。

自分では限界を作ってないつもりではいたけれど、もう一度
自分自身も見直してみようと思います。

あなたの限界は?

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年02月03日

超常現象より日常現象の方が面白い

先日、小林正観さんの話しを伺う機会がありました。
ずっと聴いて見たかった講演をやっと聴けると思い、
講演開始前から、メモスタンバイ。お手洗いも済ませ、
準備万端。

いざ講演会へ。
入場される小林さんは、背が高く、とっても細い方。
咳が出るからと、講演家に対してもっていた声が通る
イメージが思い込みだといわんばかりの小さな通らない
声。
けれど、それがまた人に聞き耳を立てさせる。

そして、内容も多くの冗談やギャグと真面目な話しが
分け目なく繰り返されるので、どれをメモして、どれ
をメモしなくてもよいのか、全くつかめない。

結局、メモはほとんどとらず、笑いと感動のみを心に
刻むこととなりました。

その中で、「超常現象はほどんど起こらないからそう言う
わけだけれど、実際にほとんど起こらないとつまらない。
そんな事より面白い事を発見したんです。それは日常現象」
そう言われて、日常の行為と教えをギャグを交えて話され
ました。

それは本に書かれていることと変わらないのかもしれない
けれど、「この人」から聴くからこそ、言葉にも言霊を
感じ取る事が出来ました。
そして心に染み渡る。

嬉しい・楽しい・幸せを感じて生きることが大切。
それには、気を受け止めるためにも「掃除・笑い・感謝する」
事が大切なんだと。

日常に目を向けたことで、これらを感じる事ができている
のだとか。
超常現象の研究よりもうんと面白いと仰った。
人生を個人だけでなく、周りと共に生きているんだと感じ、
感謝を伝え、感謝を形にし、笑っていることで体も健康に
保っていく。

今まで受けた事のない講演ではありましたが、終わってみ
るといつも以上に笑っている私が居ることに気づいた。

以前、これも感動した説法を聞いた事がある。
「日本人は太陽を神とする。しかし他の宗教は人であったり、
 神という人に似た存在だったりを敬う。日本人だけが、
 国(日本というのも日(太陽)が源という意味だそうな)
 をあげて、実際に存在する物を敬うのです。」
小林さんの話しを伺っていて、ふとその説法を思い出した。
日常にあるものを大切にし、感じられる人種なのかもしれ
ないなと。

そういう言い方には実際はとても思い込みや固定観念が
入っているのかもしれないけれど、いづれにしても日常を
意識し、日常からうれし・たのし・幸せを感じていける事
が自然にしていける事を幸せだと感じようと思いました。

すごく自然を含め、人や物に敏感になっていこうと思います。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2008年01月29日

行動のないものに成果はない

今日、ある方から耳にした言葉。
「行動のないものには成果はない」

最近、行動しても、それがその場面での失敗だという事がある。
そんな時、凹んでしまうのですが、切り替えさえ出来れば、
それは成功のための経験に変わる。

その積み重ねで、今私は形を少しは作れるようになってきた。
悩む前に行動。
そんな事も言われたり、自分でそうしてきたりしたけれど、
それを総括する言葉のように感じました。

「行動をすれば成果はある」
という事だものね。
成果は成功とは違うかもしれないけれど、ゆくゆくはその人に
とっての成功に繋がっていくのだろうな。

今日も失敗をした。
めげた。今までの自分ならあり得ない状態と、その状態に動揺
してのミス。取り返しのつかないミス。
報告したくなくても、ミスは素直に報告し、謝罪をすべきこと。
これは義務だと思って、そのままを伝えました。
そして、当然お叱りも受けました。

しかし、次は絶対しない!
既に一回でも許されないミスなのかもしれませんが、終わった
事を悔やんでばかりでは進歩しない。
切り替えて、明日から同じミスはしないと決めた。

行動しなかったらそんなミスもなかったのでは?と思う人も
居るかもしれない。けれど、人はミスから学ぶ事の方が同じ
ミスは繰り返しにくいらしい。
また、私自身もミスから学んだ事の方が次の成功に繋がるよう
意識も持続する気もしている。
だから、行動しないより、して良かったんだと思うようにして
いる。(全部が全部良かったと思えることではないのは、まだ
私が未熟なせいなのかしら)

行動して良かったと思えることもたくさんある。
それは行動してみないと分からない。
だったら、まだ見ぬことに不安を感じて行動しないよりも、
やって治していったらよいように思います。

きっとその事には成功にも失敗にも意味があるのでしょうから。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年12月31日

人生生きてきたことに意味がある

別に誰かの言葉ではない。
けれど、最近良く思う言葉です。

不思議と全ての瞬間に対して「これが必然だとしたら?」
と思うとどの瞬間にも多くの意味があり、多くの事を学び、
成長を繰り返していくように感じます。

そう思うと、今まで生きてきた事にも大きな意味があるん
だろうなと感じます。
私は、生まれた時に仮死状態で生れました。1時間半以上も
逆さに吊るされ(?)お尻や背中を叩かれて、やっと息を
吹き返した。(喉に詰まっているものがあったのと、単純に
呼吸をしなかったことからだと聞いている)
その間、看護師さんたちが代わる代わる私にそういったこと
をしてくれたのだそうです。
そこで1人があきらめてしまっていたら。
そこで息を吹き返さなかったら。
今、私はここにいない。それが居る。

これが必然だとしたら、生きてきたことだけでも意味がある
んだと感じます。
きっと何も不自由なく生れた人にも、命を与えられたときから
意味はあるのだと。。。

そんな中、今年も大晦日を迎えた。
明日の朝目覚めたら、また新たな年におめでとう!と言える
んだなあと。

今年は本当に激動の年だった。これにも意味があるとしたら、
変化を自分から大きく出来なかった私に、何か変化を与えて
くれた年だったんだと今は思います。
来年は、多くの方々に今年のこのいろんな思いや学びを伝え
ていける年にしたいと思います。

まだまだ未熟者ですが、今年も読者のあなたにもお世話になり
ました。ここで見えないあなたと繋がっていることもまた
意味があるのでしょうね。
いつか読者の方々とお会いできることも期待しながら、来年も
また宜しくお願い致します。。。。。

あなたの生きてきた事にも意味があるとしたら、あなたのあの
瞬間、この瞬間、そして今年はどんな年でしたか。
どんな意味を持っていたと思いますか。

あなたにとって、来年が更に素敵な年となりますように・・・。

今年最後のワンクリックお願い致します。
人気blogランキングへ

2007年12月16日

変われるチャンスを奪わない

講師としても、上司としても、同じ事は言えるなと思わされる
言葉です。
「変われるチャンスを奪わない」

最近、部下を持つ元同僚から言われました。
「私達の会社ももうおしまいだな。
 居眠りする上司も居れば、部下を注意しない上司も居る」
?????
私には大きな疑問が残りました。ストレートに聞いてみました。
「で?その時、あなたは何をしたの?」
えっ?という顔をされました。

「部下を注意しない上司も居る」と言いながら、その人自身、
その上司に対して何も言ってない。上司といえど、役職として
の上司というだけであり、実はその人とは同じ立場の人なので
言えないわけではないのに、同じように見ているだけ。。。

これってどうなの?

また聞いてみた。「なぜ言ってあげないの?」
その元同僚Aさんは
A「後からちゃんと言ったよ」
私「なぜ、その場ではなくて『後』なの?」
A「別に理由はないけれど、あの時ああだったって言っただけ」
私「そうなんだあ。その場で言われれば治せるけれど、
  後からでは、ピンと来ないこともあるんじゃないかなあ。
  子供を注意するときって、その場で注意しないと自分が
  やっている事すら分からないから、後から言っても効果
  なし。しかも治すチャンスを奪ってしまっているんじゃ
  ないかなあ。」
A「治すチャンス?」
私「そう。治すチャンス。
  その場で今の現象や事実を伝えてあげるだけでも気づいて
  治すこともできるんじゃないかなあ。」
A「あっ、そうか。後からじゃ、寝てたよとかだけじゃ駄目だ
 けど、その場なら起こせるよね。
  みんなうるさいよねって言えば、注意してねって言わなく
  てもそうするかどうか確認した上で、何か改善できる事が
  あるかもしれないものね。」
私「そうだね。私はそう思うけど・・・・。」
A「納得」
私「変われるチャンスを奪わないことも大切な事だよね」
A「ほんとだね。私も見てるだけで後から言うんじゃ、注意し
  なかった人と変わらないね」
私「子育てで学んだ事なんだけれどね。
  でも実際には私も講師の立場の時に出来てない時もある。
  自分への戒めでもあるかなあ」
A「そっかあ。お互いに気をつけてその場その場でね」
私「そうだね。お互いにね」

そんな会話を取り交わした。
私が最近、心に刻んだばかりの言葉だったので、Aさんにも
伝える事ができた。
そして、このタイミングで伝えられた事で、Aさんは変える
チャンスを掴んだ。
もっと言われてイタタタという顔になってしまうかと思って
心配しながら伝えたんだけれど、意外にもその顔は晴れやか
だった。

その時に思いました。
言いにくいこともしっかり伝えられる事で「変われるチャンス
を奪わない」のであれば、思ったその時に伝えてあげることが
一番なんだなと。
そして、伝えられた方も、その機会を生かせたら悪い気分には
なりにくい事を体験できました。

子育てをする上で使っていることは、部下の育成や他人の成長
にも使えるんだなという事を改めて実感しました。
部下が居るとき、自然としていたことが、改めて自分の目の前
に「大切な事」としてぶら下がってきたとき、また効果もふり
変える事ができました。

伝え方も大切だったなと。
子供と大人の違いは「事細かに伝えなくても分かること」でした。
事細かに伝えすぎて、不快な思いをさせてしまった部下もいま
した。しかし、現象や事実を伝えただけで、大人は考え変える
事ができました。
ひじをついて仕事をしている人に「ひじ」と伝えるだけでも、
伝わることも多かった。

上司であったり、講師である私達が大切にしなければならない
事は「変われるチャンスを奪わないこと」なんだなあと改めて
感じた日でした。

あなたはどうしていますか?

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年11月21日

不幸の三定義

不幸の三定義というものがある事を聞いた。
 1.決して素直に「ありがとう」といわない人
 1.「ありがとう」と言ってもお礼をしない人
 1.「ありがとう」と言っただけで恩返しができたと思っている人
逆に取り組めば、運命をひらく道があるとも聞いた。

「ありがとう」と伝える事はしている。
けれど、恩返しをしているかというとどうだろう?
そう思ったら、私の感謝はまだまだ未完成なんだと気づかされた。

これを知ったことで、もっと幸せになれるのかも・・・。
と単純な私は、今足りないことより、既にやると決めて、前を
向いている自分がいることに気が付きました。

未完成だからこそ面白い。
けれど、今の未完成を悔いたり、仕方ないと思ったのでは勿体無い。
だって今でさえ幸せなのに、この先の幸せってなんだろう?
自分で見たくなった。

けれど、私は思う。
「幸せ」って「周りの人とのご縁」があることなのじゃないかと。
いじめられた経験から、人が周りに居てくれることの有難さを
痛感している。
それだけに、周りを大切にしようと思っている。
けれど、思っているだけでは駄目。言葉だけでも駄目。
何か形にしてこそ、本当の言動一致なんだなと感じました。

あなたは何を形にしていますか。
これから何を形にしていきますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年11月06日

チャンスは必ずある

興味はあっても英語を覚えるところから始めなければならない
私には、なかなか遠い日に参加したいセミナーに、ある方が
参加され、それを惜しげもなく、とあるメーリングリスト上に
一番感じられた事、学ばれた事を流してくださいました。

そのままシェアしたくなり、シェアいたします。
******
アンソニーロビンスのセミナー
4日間の3000人規模のセミナーは、「本当にすごかった!」です。
ロンドンでは、10,000 -18,000人規模でやったそうです。

このセミナーでは、「人生を一瞬にして変える」ことを
実行できました。
つまり、「自分の思い込み」を「自分の真実」に完全に置き
換えることができました!

ファイアー・ウオーク(燃えている炭のうえをはだしで歩く)
のセッションは、マイン・コントロールがすべてであることを、
体感するものでした。

私は前から2列目の席を購入していたので、トニーのエネルギーを
間近に感じることができました。姿、表情、声のトーン、すべてが
とてもエネルギッシュで、"Incredible" (信じられない)な感じ
でした。

自分の人生のいろいろな側面(健康・体、キャリア、パートナー
シップ、財産、時間、などなど)が、

Good よい
Great 大変よい

ではなく、

Outstanding とびぬけてすばらしい、ずばぬけている

になるための方法を、教えてくれました。

競馬をたとえにして教えてくれましたが、このGood, Great,Outstandingは
「鼻ひとつの差、2cmの差」で決まる、と。
つまり、「鼻ひとつ」で、「優勝、最高の栄誉」になるか
「2位、賞賛されない敗北」になるか、の差が出ると。

(私は、「他人との比較・競争」でなく、「自分との約束、
 戦いの問題」と思いますが)

この「鼻ひとつの差、2cmの差」を身につける、つまり、
「あることをマスターし、Outstanding になる」ためには、

1.世界のベストの人材からモデルを探し、そのモデルをまねる
2.そのモデルに、完全にどっぷりつかる
3.時間間隔をかけて、何度も繰り返す

おまけで、最適な仲間のそばにいる

ことが最短コースだそうです。

実際、トニーも、Polo というスポーツを、3週間でものに
したそうです。
世界のベストの人材が20年以上かけて実につけた技術を、
弟子入りしてまねたそうです。

また、彼が本の中でも強調しているのが、
"Motion is Emotion." (体の状態、うごきが、感情をつくる)

最高のアウトカムを生み出すには、「最高の体の状態」
「健康」であることが必須です。
いかに、体をベストに保ち、常に、最高のemtionでいて、
「最高の感情=人生の質」を生み出すかが、すべてであることも、
教えてくれました。

米国人が大半でしたが、イギリス、シンガポール、オランダ、
インドからも数名参加者がいました。
私の人生は変わりました。
年令、お金、時間、受けた教育、育った環境など
(すべてexcuse;言い訳です!)にかかわらず、
だれにでも、どんな状況にあっても、チャンスは必ずあります!
************

その人の言葉を通じてでも、この熱い思いは伝わってきましたし、
充分すぎるほど、何か心に響くものがありました。
きっとこの方の感じ方自体が、素晴らしい方なんだなあと私は
感じました。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年11月05日

成功している経営者の言葉だから響くのかな

昨日、たまたまテレビをつけて休憩をしていたら、
カンブリア宮殿の金言集をやってました。既に後半に差し掛かって
いたので、後半だけですが、すごくインパクトがありました。

花王会長 ●革新より改良
      改良を続ける事によって、結果として革新になる。
      ホームランばかりを狙ってもヒットは生まれにくい。

小林製薬社長? ●アイデアには考え続ける事が大切

樹研工業創業者(世界一小さいネジを作る会社)
     ●お金持ちになること
      有名になること
      偉くなることを人生の目的にしてはならない。
      この3つは結果でしかない。

堀場製作所●嫌ならやめろ!
       でも、本気で嫌と思うほどやってみてからにしろ
      仕事はおもしろおかしく!

どの言葉も納得であり、非常に重い言葉に聞こえた。
言っている方々が成果を出しているからでしょうか?

その番組曰く、共通点があるという。
・皆、年齢より若い
・皆、ポジティブである
・皆、女心を掴むのが上手い
以上の3つだそうです。
特に3つ目は、誠実さが大切らしい。

そう思うと、ビッグネームでなくても、心に沁みる言葉を発して
くれる人はいる。
そういう中から、いづれビッグネームになる人が出てくるのかも
しれない。
私は、樹研工業の創業者や、堀場製作所の会長?にお会いして
みたくなった。仕事を楽しむ事、嫌な事もまずはとことんやって
みて嫌だと思えば捨てればいい!言い方は違えど、同じ心を感じ
た。そして、そのマインドに触れてみたいと思った。
質問したいこともいっぱいある。
いつか会ってみたい!
そんな風に思える人が出来た事が嬉しかった。

仕事の結果より過程を楽しむ様子もすごく伝わってきて、私が
求めるものがそこにある気がした。私がまだモヤモヤしている
何かが・・・。

私はまだまだだなあ。この伸び代を感じる事も私は好き。
けれど、こうしたモデルとなる人達の言葉から学ぶ事を自分の
もの(性質)にできるように、日々進化していきたいと思いま
す。

そのためにも、続けていくこと、その中から変化していく事、
楽しむ事、人の役に立つ事をコツコツとやっていくことから
始めていきたいと思います。

ううううん、最初から見たかったなあ。
どなたか観た方がいらっしゃいましたら、聞かせてくださいね。

あなたは何を続けていますか。
あなたは楽しんでお仕事されていますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年11月01日

最大の恐怖は?

先日、少しお話をしました海外版「スクールウォーズ」とも
言うべき「コーチ・カーター」のDVDを昨日観ました。

すさんだ学校で、バスケットボールだけでなく人生そのもの
について考えさせるというもの。
実話なだけに、非常に説得力があった。

その中でカーター氏が何度も生徒に聴く。
「君の最大の恐怖は何だ?」
生徒達も答えられない。
しかしある時に気づく。

「最大の恐怖は暗闇ではない。光だ!
 最大の恐怖は暗闇に身をすくめることではなく、光の中に
 飛び込もうとする事だ」
光の中に自分を信じ、自分自身を輝かせる事に不安や恐怖を
感じる。しかし、自分がその恐怖を乗り越え、輝くことが出来
た時、周りの人も輝かせる事ができる。

というようなことを言うのです。
私の好きな元教師の原田隆史さんが「一寸先は光」という言葉
を仰った事がある。
その言葉が非常に気に入っている私には、このDVDの中の言葉が
より深く心に刺さった。

確かに「光」を誰もが願う。
けれど、手にしている人は少ないのかもしれない。
それは、「光」を手に入れるために自分を前に進ませることに
恐怖を感じるからなのだなと・・・。
しかし、その恐怖(不安)を乗り越えて、前に進んだ人だけが
光を手にすることが出来るんだなと思いました。

そんな言葉のずっと後、最後の方のシーンはこれから見られる
方のために言ってはいけないのかもしれませんが、コーチは
みんなに向けて、こう言います。
「私は君たちを誇りに思う」

すたれた学校で、半数近くが刑務所に行ってしまう学校で、
彼らバスケットボール部の部員の多くが大学へ進学をしたので
した。
ボーナストラックでは、実際のカーター氏、生徒が当時の事を
話しています。改めて実話なんだという事を感じさせられ、
コーチの強い意志も目の当たりにした思いでした。

「最大の恐怖は何?」

私は「闇」だと思っていた。けれど、きっと闇も光も恐怖なん
だろうなと改めて思う。
そこで闇を選ぶのか、光を選ぶのか。

あなたならどちらの恐怖(不安)を打ち破り、進みますか。
そして、あなたにとってのそれ(闇・光)とは何ですか?

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年10月22日

完璧は目指すけど、完璧じゃない

私が常日頃、心でつぶやく言葉です。

私は小さい頃、厳しい父に育てられ満点じゃなかったら、0点と
同じと良く怒られました。
そのため、完璧主義に育てられました。
が、完璧だと思った事がなく、自分に自信を持つことができません
でした。自己肯定感の全くない人間・・・・。

それが何故変わったのか。
高校へ行った時でした。

高校は巷では有名な進学校。中学までは優等生と呼ばれていた
のに、急に普通か、それ以下からのスタートだった。
だからこそ、頑張れて上位とは行かないまでも入学当時とは雲泥
の差で伸びました。

その時、完璧というのは自分の思ってる範囲で完璧なだけで、
実は完璧なんて存在しないんじゃないか?って思いました。
でも、自己肯定することはまだ出来ず、自分の中の完璧をまずは
めざし、クリアすることにしていった。
徐々に「今のできるようになった事」を認める事もできるように
なってきた。すると、不思議な事に、この小さな成功体験が、
自分の完璧だと思う限界のレベルを自然に上げていた。
私も上のレベルに何があるのかを見たくて、いろんな所に顔を
出したり、話しを聴いたりすることが楽しくなってきていた。

福沢諭吉さんの言葉が腑に落ちた。
「天は人の上に人は作らず、人の下に人は作らず」

実は完璧だと思う時は、自分がリストアップした事がクリアさ
れたり、満点を取るような時。これは自分で自分を評価してい
るに過ぎず、誰が「上にします」「下にします」って言うわけ
ではない。
ただ、高い完璧を求める人は自然に周りが上だとみるだけの
レベルを手に入れているんだなんだろうなと。

本田宗一郎さんが、部下に話したこと。
「私達にとってたった1%に満たない不良でも、不良品を買った
 お客様にとっては、100%の不良品である。
 だから、私達は120%の力を出さないと完全ではない。」
これも、完璧を100%の基準ではなく、120%におけ!完璧はない!
と伝えているように私は解釈した。

「完璧だと思った瞬間に人は成長するのを止める。」と私は
考えている。
だからこそ、完璧は、その時々での完璧であったとしても、
実はまだまだ完璧ではない。
その証拠に、その後も人は成長し続けるんだもの。

一時の「完璧」という思いに浸らず、ワンランク上の完璧を
常に求めていきたいなと私は思っています。

あなたは今自分に完璧だと思っている事はありますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ



2007年10月19日

優しさゆえの厳しさ

昨日はテレビで感動をしました。
何を見て?

カリフォルニア州リッチモンド高校バスケットボール部の実話です。
コーチとして就任したケニー・カーターさんのお話。

***(あらすじ)***
1人のコーチが就任した。この学校の卒業生でもあるカーターは、
在学中はバスケット部のスター選手。しかし、その学校は卒業後
刑務所に入る人が3分の1以上もいる学校。
当時のバスケ部は、貧しい家庭の子供が多く、生活は荒んでおり、
皆授業にもまともに出ていなかった。
カーターは、部員たちに3つの約束をさせる。
常に一定以上の成績をとること、授業には全て出席すること、試
合の日には上着とネクタイを着用すること。反発の声も上がった
が、カーターは自分の主張を曲げなかった。
かくして、カーターの地獄のような厳しいトレーニングが始まった。
そして、強いチームへと成長していった。
**********

優秀な指導者により、落ちこぼれチームが優勝チームへと成長す
るのは、『スクール・ウォーズ』と似ています。
けれど違うのは、勝利の先に大学進学や彼ら自身の将来があること
です。現実に、チームの数名がバスケットで奨学金をもらい、有名
大学に進学している。プロのバスケ選手になった人も居る。

これってすごいなあと感じます。
バスケがうまくなって輝くだけでなく、人生自体を輝かせてほしい。
その思いで、本当に厳しいトレーニングをするのです。

優しさなんて微塵もなく感じる事もあったのかもしれない。
けれど、最後にはしっかりその思いが伝わっていた。

真っ直ぐな思い、相手に対する本当の優しさは、厳しくしていても
伝わるんだなと感じました。
また、カーターコーチの「ゆるぎない信念」を感じました。

彼は今、学校を設立しようとしている。
週6日、一日12時間の学校、ただし土日はしっかり親にも参加して
もらう。そんな学校なんだそうです。
そんな彼が作った学校をいつか見てみたいと思いました。

きっとカーターコーチが彼らからもらったものも大きかったんだ
と感じます。

優しいからこそ厳しくなれる。
信念があるからこそ揺るがない。

私などまだまだ表面的な優しさなのかもしれないと感じました。
厳しい事ばかりが良いわけではないのだろうけれど、自分の関わ
りが人を動かす。
そう思うと、まだまだ信念がないなと感じました。
信念があってこそ、そうした中でも信頼関係が生まれてくるのだ
と私は感じました。

元職で厳しかった私。
会社が良くなるためなら嫌われても良い!とまで思っていた時期
もあった。けれどそれだけでは信頼関係はできない。
コミュニケーションは必要だと感じています。
彼はどのようにそれをしていたのだろう?
昨日のテレビ自体は30分だった。
どうやらドキュメンタリーとして映像になっているらしい。
「コーチ・カーター」(130分強)

人生にしたら、ほんの一時かもしれない。
けれど、バスケに燃えた時期があったなあと言うのではなく、
その後の人生そのものに影響を与える関わりなんて素晴らしい
と感じました。

そんな関わり方をこれから私もしていけるような人になりたい
と思いました。

あなたは、どう思いますか

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年10月10日

明日を生きている事は奇跡

一昨日になりますが、「余命一ヶ月の花嫁」という番組が
TBS系で再放送されました。
乳がんになり、24歳の若さで亡くなった千恵さんの最後の
一ヶ月をドキュメントで放送された2時間の番組でした。

私は最初から見ていたわけではないけれど、明るく友達と
鼻にチューブを差しながら笑う千恵さんの笑顔に釘付けに
なり、途中から見始めた。

彼女は骨と肺に転移をしてしまい、呼吸が苦しかったり、
ひどい痛みがあるにも関わらず、最後まで明るかったし、
周りの人を明るくさせていた。

彼女の一言一言が心に響いた。
「周りの人には感謝です。ありがとうです。でも、この
 言葉じゃ軽すぎる。いい言葉が見つからない。」

「明日を生きていることは奇跡です。
 そう思うと、すべてのことが幸せって感じる」

彼女を支えた父と彼。
彼は毎晩仕事から帰るのは病院だった。
「あと一日でいいから、千恵と話していたかった」

一つ一つの言葉よりもっと大きなものが伝わってくるのを
感じた。

詳細はこの方のブログに詳しく書かれていたので、詳しく
はこの方のブログを拝見してみてください。
こちらです。

この放送を見てから、すごく一瞬一瞬がより幸せな事に感じる
ようになった。
過ごしている繰り返しの毎日でも、すごく貴重な時間に感じら
れるようになった。
「明日、生きていることは奇跡」
今日、目覚めたことにも感謝できるようになった。
隣に寝ている子供の寝息が、すごく大きく聞こえたりしてくる。

たった少し見方が変わっただけなのに、こんなに大きく周りが
違ってみえるんだな。
たった少しの事なのに・・・。

普段、いろんな所で見方を変えれば、違うように見えるだろう
なという事があっても、気づかないフリをしている事もある。
そんな時間さえ勿体無く思えた。

あなたが今日しか生きられなかったとしたら、今日をどう生き
ますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年09月24日

あなたが恐れなくてはならないのは・・・

ユナイテッド・テクノロジー社の社訓の一部を拝見した。

「人生は失敗の連続である。
 ヨチヨチ歩きの幼児はすぐに転ぶ。
 生まれて初めて泳ぎに挑戦する者はたっぷり水を飲む
 覚悟が必要だ。
 初めてバットを握って構えても、球はバットを避けて
 いく。
 強打者はホームランを打つが、三振もよくする。
 ・・・・(中略)・・・
 あなたが恐れなければならないのは、
 失敗ではなく、チャレンジしないでチャンスを逃して
 しまうことだ
。」

心に響きました。
発明家エジソンの有名な言葉にもあった。
1万回以上の失敗を重ねたと聞くが良くそれだけ失敗を
続けられますね。とレポーターに聞かれたときに、彼は
「いや、失敗などしていない。私は1万回もの駄目な
 方法を発見しただけだ」
という言葉。
失敗を次に生かすと考えたからこそ続けられたんだなあ。

そう思うと確かに、チャレンジしないでチャンスを逃して
しまう事っていっぱいあったのかもしれない。
また、失敗を生かさずに次の失敗を重ねたこともあるかも
しれない。
私はそう感じました。

かなり前の事になりますが、私の父はゴルフが好きで、
ある時私を連れて、練習場に行きました。
好奇心旺盛な私は、父の隣で見様見真似で300球だったか
200球だったかの球を打ちました。

父に「お前は打つペースが早い。前の失敗した球をどう打つと
良くなるかなあ?とか、こう打ってみたらどうかなあ?とか
考えて打っているのか?考えてないなら、いくら練習しても
上手くならんぞ!」と言われました。
私は「ボールを打つのが楽しいだけだから、上手にならなく
たっていいんだもん」と言って、また次の球を購入して打った
のでした。

ふとその時を思い出しました。
「上手くなりたい」父と、「ボールを打つのを楽しむ」私では
価値観の差があるからその時は仕方なかったけれど、確かに
私が上手くなりたいのに、次に生かすものもなく打ち続けて
いたとしたら、意味はなかったかもしれない。

チャレンジしてみるのも大事。
それを次に生かすのも大事。

私はそう感じました。
私の中に今自分でチャレンジしてない事がある。
けれど、この言葉に勇気をもらった。
明日からやってみようと思います。(今日は準備の日)

あなたはどんなチャレンジをしていますか。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。