2006年03月22日

仕事に休みはない

昨日は休日でした。
しかし、日中に得意先からの携帯電話が鳴っていた。
得意先が出勤日なのです。

パート主婦がメインの私の勤務している会社は、こよみに
合わせた年カレンダーに従っているのですが、得意先は、
機械を効率よく稼動するために、飛び石の休みはくっつけ
て連休とし、暦とはずれることがある。

そのため、年に二回か三回、このように得意先と休みが
ずれてしまうことがある。

こんな日は、何事もなく休めたことがない。
営業窓口も担当している私のところには、朝から夜まで
色んな担当者から電話が入るのです。

昨日も例に違わず、電話が入った。
考えてみれば、今日でなくても明日以降でも用件は済む
事だったりするのです。急用という事は滅多になかった
りする。

こういう場合は、得意先であるので嫌な顔や声をしない
で対応をするのです。
昨日も同じでしたが、子供が近くで騒いだ。
やっと得意先にも状況が伝わった瞬間でした。

「なんだあ、子供さんとの時間を邪魔しちゃってごめんな
 さいね。では明日にします。失礼しました。」
と得意先の方の電話。

ああ、得意先だと思っていえなかったNOも、状況を説明
するだけで、相手が判断してくれたりするんだなあ。
かと言って、なかなかいえないのですが、これからは、こち
らが手の離せない状態の時は、その状況を率直に伝えてみ
てもいいかなと思いました。

言わないと伝わらないこともまだまだあるんですね。
当たり前の事に気付いた日でした。

これからの自分の対応に乞うご期待!!

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年03月17日

聞いて話す

勤務先での営業!私は電話でしか営業をできない。
なぜなら、抱えている仕事が多くて外に出られないのです。
なので交渉ごとも全て電話。

このときに私ができること!それは聴くことのみ。。。

えっ?でしたか?
まずは、相手の言い分を聞きます。じっくりと。
その後で、やっと私達の言い分を話します。
ただし、前に聞いてあるので、相手に対する配慮をしながら
話せます。
その事によって、相手が受け入れやすい状態になってくれて
います。
細かい部分がお話しできないのは残念ですが、まずは聴くこと。
これに限ります。

先に「でも」と反論したり、相手の言葉一つ一つに返答をした
りするもだと、「戦い」になったり、相手がこちらの言う事を
聴く耳を持たなくなってしまいます。

しかし、先にしっかり聴くことで、相手もこちらの事を受け
入れてくれやすくなるのです。

昨日は単価の交渉をしましたが、なんとか先方の言い値よりは
高く設定できそうです^^
言いたい事がある時も、まずは先に聞く!
これが大切なんだと昨日も実感できたのでお話しをしてみました。


もし皆さんのお役にたてたとしたら嬉しいです。

今日も温かいクリックをお願いします。
人気blogランキングへ

2006年02月28日

木を見て、森を見ず

会社全体を考えた時、リーダーたるもの「木を見て森を見ず」ではいけない!
これは、I社長に教えていただいた言葉です。

忙しい時は、手元の仕事に追われて、自分の仕事をこなすのでいっぱいになり、
全体を見る事を忘れがちになってしまう。
I社長でも森(全体)がたまに見えなくなってしまう事だったある。

I社長は、自分でも一つの係を受け持って生産活動をして下さいます。
今は忙しいため、その係を見るだけで精一杯になってしまうのです。

しかし、その全体を見る事を忘れないために、毎朝リーダー会議を行って、
現在の全体の進捗状況を把握しています。
このおかげで、少しでも優先順位の高い係へ人をやりくりしたりして、本当に
無駄な人員を減らす事ができていると思います。

森を見る事を忘れなければ、会社は多くの柱を持って、安定して立っていられ
るのだろうなと私は感じています。

以前はこのリーダー会議は行われていませんでした。
そのため社長が信頼して現場を任せていた上司が一番怠けてしまい、森だけで
なく、木さえ見えてない状態でした。
それで会社が傾いたかと言うと、当時は仕事が増えていく時期だったので、そ
んな事すら分からない状態でした。

しかし、データをつけていた私には深刻な状態・・・。
首覚悟で社長に現状を報告させていただいた。
そして、「俺が少しの間様子を見る」と始められたのがリーダー会議でした。

会議をするに従って、現状の森が見えてない事に気付き、上司を責めたい気持ち
も大きくなってきたようだが、「任せきった俺にも責任はある」と黙って上司を
「森が見える上司」に育てようとされました。

結果的に、あまりにも「森を見る見方」さえ分からなくなっていた上司を指導す
る事ができず、とうとう辞めてもらう事になった。

その頃から、I社長はリーダー会議は必ず自分が見る!
どんなに接待で遅くなっても早朝から行われるリーダー会議は参加をされ、自分
で「森」を見られます。
これからというもの、本当に決断の早いやり取りが行われるようになり、仕事の
効率はよくなるばかりです。

全体を把握する事の大切さを目の当たりにしている日々です。
今後、I社長がボランティア活動で「森」を見られなくなってくるため、
私達リーダーが力を合わせて「森」を見ていかなくてはなりません。
「木」だけではなく、「森」を見る力を養っていきたいものです。


とっても抽象的な表現でしたが
今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年02月23日

教えようとするのではないんだな

営業と仕事の効率化のお話です。
この4月から、またまたお仕事が増える事に決まりました。
これは、会社の象徴である社長の人格ありき!

このI社長から盗んだ技を少しご紹介します。
I社長の素晴らしいなと思う部分
1.忙しい時程、雑学を入れてみえる
  この事によって、意外な部分に効率化の突破口を見つけ
  出す事ができたりする
2.忙しい時は現場を応援するため、自ら生産活動をする
  この事によって、得た知識から効率化をする事ができたり、
  従業員に「社長がやるんじゃ、私達もやらなくては!」と
  自然に思わせてくれる

以上の2点は、私がI社長を見ていて学んだ事で、真似をして
いる事です。

子供が出来てからは(2)についてはあまり貢献できていま
せんが、「口」ではなく「態度」で示し、気付いてもらう。

これは色んな会社を見ても、意外にされていないんだなあと
思う部分でした。
いつも入っていたのでは、見えるものも見えなくなる。
忙しい時に入るからこそ改善する部分が見えてくる!

私も自分の仕事は自らどんどん増やしてきました。
その中で「どうしたら効率良くできるようになるか」を考え
改善をしてきました。
おかげで「ずっと勤めてね」と言われるような仕事が出来る
ようになりました。

人は追い詰められるとその力量を発揮する。
それを社長は自ら態度で示してくれています。

教えられるのではなく、学んでもらうという社長の姿勢が
従業員に伝わり始めているのではないでしょうか。

素敵な社長にめぐりあえた事を幸せに思います。
これからも色んな事を学んでいきたいですね。
宜しくお願いします。


今日は遅めの書き込みでしたが、いつものようにポチッと
お願いします。
人気blogランキングへ

2006年02月16日

声を出す

昨日、I社長が面白い事を話してくれた。
上に立つものは、声も大切にしなくてはならない!
声が聞き取りやすいか、声が語尾までしっかり言えるか。
これは訓練でなんとかなっていくものだと。。。

どこで訓練するの?

私の勤める会社では、毎朝係長クラスが何十人もの前で
朝礼をします。
その時に話す事柄ばかりに気をつけるのではなく、自分の
話している様子も変化させていけ!と。。。

言われてみれば、「どう伝えようか」と思って話している
人は少ない。「何を言おうか」を考えてしまう。
伝え方一つで、伝わり方も変わってしまう。

さて、どんな伝え方をしようか。。。
確かに、伝えるには声も必要ですよね。
後ろの人達にまで聞こえているかな?

講師をしている私には意識の向いていた事ではあったけれど、
日々繰り返される朝礼も成長の場に出来るのね。

伝えるには「声」が必要。
その声を今日も意識して鍛えてみよう!

ティーチングが好きなI社長には、いつも大切な事を学ばせて
戴いてます。いつもありがとうございます!

ティーチングとコーチングの融合!
これって結構いいかも^^
社風まで想像して楽しんでしまいました。

これからも「伝える」ことで、皆が共に成長していけますように。


まだまだ成長過程の私に応援のクリックをお願いします
人気blogランキングへ

2006年01月28日

漫画も学べる

今朝、娘が見ていたテレビ漫画を途中まで一緒に見ていました。
いや〜、漫画も学べますね。

何を学んだのか。
それは「これからのリーダーシップ」です。
※これ、本当に漫画なんですよ!しかも2歳の子が見ているの。

魔女のリーダー修行をしているAちゃんとBちゃん
Aちゃんは優しくて気が弱いけど真面目な子
Bちゃんは明るくて天真爛漫な子

AちゃんとBちゃんは、リーダーにふさわしいかどうかの中間
テストを受けることになりました。
課題は?
とある工場の工場長となり、製品をどちらが多く作り出す事ができ
るかでした。

Aちゃんは、頼りないリーダーですが従業員を気遣い、常に声をかけ
仕事をしてもらっていました。

Bちゃんは、指示を出しながらガンガンと怒鳴りながら仕事をして
もらいました。

休憩時間まではダントツでBちゃんが優位!
ところが休憩時間を過ぎるとBちゃんの従業員はBちゃんに反抗し、
仕事をボイコットしてしまいました。

Aちゃんの従業員は、ニコニコと仕事を続けています。

Bちゃんは、Aちゃんの工場の様子を見てふと気付きます。
でも今さら急に優しくはできない。
Bちゃんは考えた末、従業員を休ませたまま一人で仕事を始めました。
とにかくせっせと一人で仕事を始めたのです。

Bちゃんは、従業員の大変さを初めて体感できました。
従業員もその様子を見て、少しずつ手伝うようになりました。
やっと心を合わせられたBちゃんとその従業員は、Aちゃん工場に負け
ない団結力を持てたのです。

おおおおっ
ここまでで私の出勤時間が来てしまったので、その後どうなったかは
分かりませんが、すごく考えさせられた時間でした。

私がすごいなって感じた事
1.部下を思いやることの大切さ
2.コミュニケーションの必要性
3.山本五十六の言葉
  「やってみて、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば
   人は動かじ」

何度もしつこいようですが、漫画です。
こんな漫画を見て育っていく子供がいるという事は、これからのリーダー
に求められるものはこういうものなのだなって事なのでしょうね。

心の引き締まった朝でした。
何気にテレビを見てくれた娘にも感謝。
ありがとう!


今日も出来ればポチッとワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by smilecoach at 08:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 役員奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

仕事の効率化

最近、仕事が忙しくありがたい事です。
しかし、私は母でもありますので、帰社する時間が決められてしまって
います。
いかに決められた時間の枠の中で、仕事を効率的にこなすか!
これは会社に勤める以上、永遠のテーマかもしれませんね。

私のしている事は
1.お昼時間の利用
  私の会社ではお昼に1時間の休憩があります。この1時間を仕事の
  時間に当ててしまっています。食事を頬張りながらの仕事です。
  この時間は得意先も休憩時間なので電話が入りません。
  なのでとっても集中してやらなければならない仕事をするのにあり
  がたい時間なのです。

  当然、仕事のない時は、同僚との会話を思いっきり楽しむ時間に
  なりますが、今の忙しい時期は「集中の時間」と化していますね。

2.ながら仕事
  得意先の電話を受けながら、必要部署への連絡メールとして、メモ
  ではなくPC入力をついでにしてしまいます。
  こうする事でメモを無くす心配と再度社内用メール文書に入力しな
  おす手間を排除しています。

以上、2点だけを実行することによって、かなり時間の短縮と連絡漏れ
をしないという利点が発生しています。

すごく固い話ですが、結構日々の仕事を効率化することって小さな所で
大きな効果があらわれてくるものですよね。

これらの事は、私のコーチとのコーチングセッションの効果として生ま
れたものです。
コーチ!ありがとう!

人それぞれに効率化の仕方は違うと思いますが、あなたはどんな事され
ていますか。


子育てのブログを分けてみようかと考えています。
宜しければ、こちらにも遊びに来て下さいね。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2005年09月21日

リーダーの牽引力

リーダーの一言が、メンバーのモチベーションを上げたり下げたりする事
を痛感した。
リーダーが常にポジティブな発言をし続けなければならないかと言うと
そうでもないと思うが、基本的にはポジティブで居て欲しいと思いました。

リーダーが常に明るく、まとめ役をやっていく事になっていたのだが、
選択肢としてネガティブ発言をされました。
それも一つの選択肢であることは間違いないけれど、結果としてそうなる
のか、最初から選択肢に加えてしまうのかで、周りに与える影響は大きい
と思います。

もちろん、それで安心された方も見えるのでしょうが、そのあとのメンバー
の発言を見て、やはり良い影響ではなかったのかなと感じてしまいました。

さて、私がこのメンバーとして今何ができるかが問題である。
この「無理だろう」のイメージを払拭したい!「絶対できる!」にしたい!

その結果が良く出ればラッキー、悪く出れば仕方がないでいいじゃない!
今やれる精一杯をやってみたい!
だって、今まで「やるぞ!」と思ってきた事がここまでやれてきたんです。
自分達を信じたいです。

やるのは、まず締め切りの確認です!
それから、不足メンバーの募集!

忙しいリーダーがやれないなら、私がやればいいものね^^
やれるだけの事はやってみたいと思います。

別の話しになりますが、私自慢のI社長は、いつもポジティブである。
ネガティブ発言をされる時も、それはあくまでI社長の愚痴のひとつ。
さて、それをどうしていけば良いのかと、いつも考えてみえる。
疲れないのかな?っていつも思ってしまいますが、「達成した時の喜びが
あるから、生みの苦しみってのがある方がいい!」と言われるI社長が素敵
に見えます。
たぶん、私のリーダー像がI社長になってしまっているのかもしれません。

話を戻しますが、私は悪い事をしているのかもしれません。
I社長と、今のリーダーを比べてしまったのですよね。

人には個性があります。
I社長へのバックアップの仕方(ひたすら聞く)と、今話してきたリーダー
へのバックアップの仕方(やれない部分を周りが手伝う)とに分けていか
ないといけないのでしょうね。

リーダーのネガティブ発言は、リーダー自身の「もう目いっぱいだよ」と
言う悲鳴なのかもしれません。
悲鳴を発することが出来ないグループであるとしたら、それもすごく悲しい
ことだけれど、今まで仲間集めからずっと頑張ってきた私にとっては、大切
な仲間、大切な時期、大切な乗り越えるべき壁なのです。
リーダーの悲鳴をしっかり受け止めて、支えていこうと思います。

私もそれどころではないのかもしれないけれど、一緒に一緒に頑張りたい!!
私はそう思っています。
posted by smilecoach at 05:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 役員奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。